1. ホーム
  2. コラム
  3. LINE広告:LINEスポンサードスタンプ、2013年の友だち増加に貢献したスタンプランキング!

LINE広告:LINEスポンサードスタンプ、2013年の友だち増加に貢献したスタンプランキング!

株式会社メンバーズ エンゲージメント・ラボ
小野寺翼

全世界・利用ユーザー数、2億3,000万人。国内・4,700万人。SNSプラットフォームLINEが話題となっています。若年層を中心にスマートフォン・ユーザーのコミュニケーションインフラとしても活用。その中で、画像を使い、感情で会話ができるコミュニケーションツール・「スタンプ」が注目されています。

実際にユーザー同士の会話で利用されるスタンプ

企業が無料スタンプを配信! 「LINEスポンサードスタンプ」とは

「LINEスポンサードスタンプ(以下スポンサードスタンプ)」は企業が自社アカウントの友だちに、無料でオリジナルのスタンプを提供できる広告メニューです。ユーザーが企業のスタンプ配信をきっかけにアカウントを知り、さらに、ダウンロードをしたスタンプが、ユーザー同士の会話で使われれば、大きな宣伝効果を期待できるでしょう。ユーザー間のコミュニケーションが結果として企業プロモーションにつながる。新しいプロモーションのカタチではと考えています。

「スポンサードスタンプ」の友だち増への影響の実態は!?

「スポンサードスタンプ」は自社アカウントの友だちに配信、言い換えれば同メニューを活用し友だち数増加を期待することができます。実際に同目的で活用している企業も多いでしょう。では、その実態はどうなのか? 今回は2013年の友だち増加に貢献したスタンプランキング(上位20)ならびに人気アカウント(友だち数上位30)のスタンプ活用状況をご紹介します

調査対象

今回、2013年(2012年12月26日~2013年8月1日)の各アカウントの1週間毎(水曜日~翌水曜日)の増加数を調査(データ提供:line.main.jp新規ウィンドウが開きます)、週間増加数の多かった企業アカウントを選出。対象アカウントの「スポンサードスタンプ」の配信状況(参照:LINE公式ブログ新規ウィンドウが開きます)を調査しまとめています。

2013年の友だち増加に貢献したスタンプランキング

2013年のスタンプ配信期間増加数(上位20)は以下の通りです。
※複数回配信を行ったアカウントについては、最も獲得につながったスタンプを紹介していいます。

1位:au

  • スタンプ名:となりのトトロ新規ウィンドウが開きます(LINE 公式ブログへ)
  • 配信期間:6月11日~7月8日
  • 配信期間増加数:6,812,486

2位:楽天市場

  • スタンプ名:お買いものパンダ新規ウィンドウが開きます(LINE 公式ブログへ)
  • 配信期間:5月7日~6月3日
  • 配信期間増加数:4,951,020

3位:コアラのマーチ

  • スタンプ名:コアラのマーチ 2新規ウィンドウが開きます(LINE 公式ブログへ)
  • 配信期間:6月4日~7月1日
  • 配信期間増加数:4,947,942

4位:サントリー

  • スタンプ名:グリーン ダ・カ・ラ新規ウィンドウが開きます(LINE 公式ブログへ)
  • 配信期間:7月23日~8月19日
  • 配信期間増加数:4,529,708

5位:DHC

  • スタンプ名:タマ川 ヨシ子(猫)新規ウィンドウが開きます(LINE 公式ブログへ)
  • 配信期間:4月16日~5月13日
  • 配信期間増加数:4,378,044

6位以下は下表よりご確認ください

上記20アカウントのうち全アカウントが配信初日を含む「第0週」に最も増加をしていることが分かります。こちらは「スタンプショップ」でのお知らせや、「LINE公式ブログ」での紹介等によるものと考えられ、配信直後の初速の強さがうかがえます。また、「第0週」の増加数は「2013年最高増加週」であることからも「友だち数」増加への大きさがうかがえます。あくまで参考値となりますが、上位20アカウントの配信期間増加数の平均値(3,335,904人)から友だち一人当たりの獲得単価を換算すると約6円程度となります。

スタンプ配信期間の増加率は?

実際、スタンプ配信期間の増加率はどの程度なのか。上記20アカウントの2013年の「友だち増加数」における「配信期間」の増加数の割合を調査してみました。

20アカウントのうち17アカウントが80%を超えていることからも「友だち数」獲得に大きく影響していることが分かります。言い換えるのであれば、スタンプを活用しているアカウントの年間の増加数の多くがスタンプ配信によって獲得しているともいえます。

人気アカウントの利用状況は?

実際に友だち数の多い企業アカウントは「スポンサードスタンプ」をどの程度利用しているのか? 上位30アカウント(2013年8月1日時点)(参照元:line.main.jp新規ウィンドウが開きます)の「スポンサードスタンプ」の利用状況を調査しました。

上位30アカウントのスタンプ配信状況

上位30アカウント中20アカウントが「スポンサードスタンプ」を配信。LINE関連・著名人・テレビ番組等を除いた、企業アカウントだけでみると20/26(約76.92%)アカウントが利用をしています。この結果から、人気企業アカウントの多くが、スポンサードスタンプを活用していたことがわかります。

人気アカウントの大半が利用、友だち数増加へ大きく影響!

今回の調査で分かったことは、「スポンサードスタンプ」の企業のLINEアカウントの友だち数増加への影響を数値としてみることができました。また、現時点で多くの友だち数を抱ているアカウントは「スポンサードスタンプ」を活用しているケースが大半という実態もみることができました。企業がLINEの公式アカウント開設、プロモーションにつなげる場合、有効なツールといえるでしょう。

LINEアカウント・広告運用のご相談は以下よりお願いいたします。

—————————————————————
◆【ソーシャルメディア運用支援サービス】
Facebook、Twitter、mixi、Google+、YouTube、LINEなど
企業が開設しているソーシャルメディアのアカウント運用を
“まるごと”ご支援しています
ソーシャルメディア運用支援サービス

◆【メンバーズの公式Facebookページ】
「いいね!」をお願いします
https://www.facebook.com/Memberscorp新規ウィンドウが開きます

◆メンバーズ関連書籍、好評発売中です
/article/2903

======
小野寺翼 (おのでらつばさ)

制作会社数社を経て2006年1月株式会社メンバーズに入社。企業サイトの運用ディレクションおよび品質管理を担当。現在は、自社が注力をしている「ソーシャルメディア」を中心とした各種提案やディレクションを担当。2013年2月よりエンゲージメント・ラボ担当に。著書に「Facebookページ プロフェッショナルガイド 新規ウィンドウが開きます」「エンゲージメント・マーケティング ~Facebookが生み出す企業と生活者の絆~新規ウィンドウが開きます」、「Facebook プロフェッショナルガイド(マーケティング編新規ウィンドウが開きますデザイン編新規ウィンドウが開きます)」(いずれも共著、マイナビ)があります。趣味はトライアスロン。
Facebook:http://www.facebook.com/tsubasa.onodera新規ウィンドウが開きます


カテゴリ: LINE
2013年08月30日

RSS