members

members

Facebook利用者数:Facebook、日本のユーザー数1,900万人突破を発表!!  一方、ユーザー数減少の記事も。その真相は?

Tweet

先日、Facebook Japan運営のページ・「Facebookマーケティング新規ウィンドウが開きます」上で日本国内の月間アクティブユーザー数が1,900万人突破の旨を発表しました。

その一方で、「Facebook人口は減少しているのでは?」と言及しているブログ記事もあります。

  • Facebook人口推移、日本を含む13カ国で減少、アウンコンサルティング調査新規ウィンドウが開きます
  • [データ] 日本のFacebook人口1割減、米英など13カ国で減少、アウン調べ新規ウィンドウが開きます

  • そこで今回は、メンバーズとしての国内の「Facebook人口」についての見解をまとめました。

    アクティブユーザー数、5ヵ月で400万人の増加と公表

    上述の通り、1,900万人を突破の公表は2013年2月20日(日本時間)のことです。前回は、2012年9月時点で1,500万人突破を公表していますので、公表値上は5ヵ月間で約400万人増加をしています。

    広告管理画面上の「広告の対象数」と「Facebook人口」は異なる!?

    一方、Facebook広告の管理画面上で表示され、日本国内の「広告の対象」数は同期間では減少が確認されました。実際、2013年2月21日時点(日本時間)では、アクティブユーザーの公表値とは異なり
    「13,819,340」人と表示されています。

    先に紹介のブログ記事はこちらの数値を参考にされています。

    メンバーズとしての見解ではありますが、こちらはあくまで、広告を届けること(リーチ)ができる想定数ということなのでしょう。実際のアクティブユーザー数とは異なるのではと考えています。メンバーズが想定する要因としては

    • ・一部のフューチャーフォンでは広告を閲覧できないため、対象数に含めていない
    • ・広告の想定リーチであるため月間よりも短期間でのリーチを想定している
    • ・そもそも、全アクティブユーザーへのリーチを想定していないため、少なめに公表している

    等が考えられます。

    観るべき数値はアクティブユーザー数の公表値!

    今回、減少した数値は、あくまで「広告の想定リーチ数」であり、これはFacebookの「想定リーチ」の定義次第で変ってしまいます。「Facebookのユーザー数」としては、Facebookの公式発表を参照した方がよいです。

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    ◆【エンゲージメント率を下げずにファンを獲得する】Facebook広告出稿サービス

    https://www.members.co.jp/services/smm/facebookads/

    ◆メンバーズの公式Facebookページです。「いいね!」をお願いします。

    https://www.facebook.com/Memberscorp

    ◆スマートフォン/タブレットサイト構築、html5の最新情報はこちら。

    http://sddmem.jp/

    ◆メンバーズ関連書籍、好評発売中です。

    /article/2903

    ーーーーーーーーーーーーーーー

カテゴリ: Facebook
2013年02月22日