1. ホーム
  2. コラム
  3. 【ソーシャルメディアマーケティング】業界勢力図を塗り替える「基礎からソーシャルなサービス」とは

【ソーシャルメディアマーケティング】業界勢力図を塗り替える「基礎からソーシャルなサービス」とは

TechWave 湯川鶴章氏(@tsuruaki

FacebookのCEO、Mark Zuckerberg氏はソーシャル化によって今後5年以内にあらゆる業界の勢力図が塗り替えられると主張する。ソーシャル化といっても、既存のサービスにTwitter投稿用のボタンを付けるだけではだめ。友人と情報や行動を共にするということを前提に、サービスを一から作り直す必要があるという。

具体的にはどういうことなのだろう。Zuckerberg氏は、Facebookの写真アルバム機能を例に挙げている。

Facebookの写真アルバムは、写真を友人と一緒に見ることを基本コンセプトに作られてある。自分の写真のコーナーなのに、友人たちが最近アップロードした写真が一覧で表示される。友人の活動内容を視覚的に把握できるようになっている。日記を書くことが苦手な人も、自分の情報を発信できるようになっているわけだ。

写真の中に写っている人物の顔のところをクリックすれば、その人の名前を入力できる。名前が入力されれば、そのことが友人のニュースフィードに掲載されるようになっている。またメールアドレスを入力すると、その人に写真のリンクが送付され、友達リストに追加されることになる。

Facebook以前の写真共有サービスといえば、解像度や印刷機能などの改良に力を入れるところがほとんどだった。Facebookのように友人とのコミュニケーションの道具として写真をとらえたサービスはなかった。

Facebookの写真アルバムは、Facebookのサービスの中でも最も人気のあるサービスの1つで、初期のFacebookの起爆剤となったサービスだ。Zuckerberg氏によると、他社の写真サービスをすべて合わせてものよりも数倍以上も利用されているという。

Facebook上で人気が出たソーシャルゲームと呼ばれるようなゲームも、友人と一緒にプレーすることを前提に作られたサービスだ。ソーシャルゲーム最大手のZyngaの人気農園ゲームFarmVilleもそうだ。一人で土地を耕し、苗を植え、収穫していても、何も楽しいことはない。友人と苗をプレゼントし合ったりしてこそ楽しいゲームだ。写真アルバム同様に、ゲームが友人とのコミュニケーションの道具になっているわけだ。何も話すことがなくてもプレゼントし合うことなどで、「気にかけていますよ」というメッセージを相手に送ることができるわけだ。

ソーシャルゲームでZyngaは急成長を続けており、時価総額では老舗の大手ゲーム会社Electronic Artsを上回ったと報じられている。

ゲーム業界は、常に時代の変化を先取りしてきた業界。ゲーム業界で起こっている業界勢力図の大きな変化が、今後あらゆる業界でも起るだろう、というのがZuckerberg氏の予測だ。

シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタルのKleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)のJohn Doerr氏も、Zyngaの成功を見て同様の思いを抱いたという。Doerr氏は「新しい時代、IT業界の第3の時代が幕を開けようとしている」と指摘する。第1の時代は、半導体やパソコンが登場した1980年代から90年代半ばまで。第2の時代は、インターネットの商業利用が広がった1990年代の半ばから2010年まで。そしてソーシャルという第3の時代の幕開けで、既存の業界の秩序を崩すようなソーシャルベンチャーが登場し、急成長を遂げることになるだろうと考えている。そこでKPCBでは、そうしたソーシャルベンチャー企業に出資するため、総額2億5000万ドルのsFundを創設した。

KPCBはどのようなソーシャルベンチャーにこれまで出資し、今後出資しようというのだろうか。業界を激変させる可能性があるとZuckerberg氏やKPCBが考えるサービスとは、どのようなものなのだろうか。

明らかにしているところでは、FlipBoard、Cafebot、Jive、Lockerzの4社がある。

FlipBoardは、日本でも人気のiPadアプリだ。FlipBoardは、TwitterやFacebook上の友人の短いメッセージの中に含まれるニュースなどのウェブページのアドレスを集めて、雑誌のような見た目でウェブページを表示してくれるソーシャル雑誌アプリだ。友人がある情報のフィルター役を果たしてくれるわけで、経済に詳しい友人を多く持っていればFlipBoardは経済誌になるし、スポーツ好きの友人を多く持っていればスポーツ誌になる。

Cafebotは、まだ詳細がほとんど明らかになっていない。どうやらスタンフォード大学の博士号を持つメンバーが開発したエージェント技術らしい。ソーシャルメディア上の人間関係を管理する技術のようだ。製品化は年末ごろになるという。

jiveは、企業向けのソーシャルアプリケーションのベンダーだ。同社によると、企業の多くは、社内のコラボレーションツール、顧客コミュニティー、それとソーシャルメディアをそれぞれ別々のシステムで運営しているが、jiveではその3つの仕組みを統合して考え、1つの解析ツールでモニターできるようにしているという。

Lockerzは、若者向けのコミュニティーサイトだ。このコミュニティーサイト上で情報交換したり商品を買ったりできる。なんらかのアクティビティに参加するたびにポイントがもらえる仕組みになっており、ポイントを集めて商品などに交換できる仕組みのようだ。

この4社が果たして、それぞれの業界を激変させるようになるのだろうか。まだ分からないが、今後の動きには注目しておきたいと思う。


カテゴリ: ソーシャルメディアマーケティング
2010年11月15日

RSS