members

members

SNS運用者・デザイン初心者必見!
使えるとちょっぴり仕事の幅が増える!?Photo Scapeの4つの基本的な機能

Tweet

みなさんは動画や画像を編集するときどんなソフトを使ってますか?
多くの人はPhotoshopを使用しているかと思いますが、PhotoScapeも簡単な画像編集やGIFアニメの作成ができるアプリです。
どなたでも無料で使えるので、「Photoshopほど本格的な機能は使わないけど、画像編集がしたい…」といった方に特におすすめのソフトかと思います!

今回はそんなPhotoScapeを初めて使う方に向けて、4つの基本的な機能を紹介します!

サムネイル(【編集中】SNS運用者・デザイン初心者必見!使えるとちょっぴり仕事の幅が増える!?Photo Scapeの4つの基本的な機能)

目次
1.サイズ変更
2.余白(背景)追加
3.トリミング
4.文字入れ
5.まとめ

1.サイズ変更

①左上のファイルアイコンから対象の素材を選択。

PhotoScapeで左上のファイルアイコンから対象の素材を選択している画像

②ホームタブにあるリサイズをタップして、数値を入力し完成。

PhotoScapeでホームタブにあるリサイズボタンを選択している画像
PhotoScapeでリサイズしたいサイズの数値を入力している画像

<参考サイズ>
・YouTubeサムネイル 1280px × 720px
・Instagram Feed(1:1) 1080px × 1080px
・Instagram Feed(4:5) 1080px × 1080px
・Instagram Stories(9:16) 1080px × 1920px

2.余白(背景)追加

①ホームタブにある余白をタップ。

PhotoScapeでホームタブにある余白ボタンを選択している画像

②上下左右に余白をつけたい分数値を入力し、背景色を選択して完成。

※すべて均等に余白をつけたい場合には、「同じ余白を割り当てる」にチェック

PhotoScapeで背景色設定・上下左右に余白をつけたい分数値を入力している画像

3.トリミング

①トリミングタブにある自由トリミングをタップ。

PhotoScapeでトリミングタブにある自由にトリミングを選択している画像

②一覧から適用したい比率を選択。

トリミングしたい比率を選択しているしている画像

③右クリックまたはスペースキーを押しながらドラッグで範囲を選択し、完成。

トリミングしたい範囲をドラッグで選択している画像

※フリーハンドで調整したい場合には自由にトリミング
比率ではなく実際のサイズ入力したい場合には比率/サイズの割り当てを使用するのがおすすめです

▼自由にトリミング

右クリックまたはスペースキーを押しながらドラッグで範囲を選択。

トリミングしたい範囲をドラッグで自由に選択している画像

▼比率/サイズの割り当て

実際の数値(単位:px)を入力。

トリミングしたいサイズを実際の数値を入力して選択している画像

4.文字入れ

①オブジェクトタブをタップし、Tのアイコンを押します。

PhotoScapeでオブジェクトタブにあるTのアイコンを選択している画像

②以下のようなボックスが表示されるので、挿入したい文言・フォント・色等を選択。

表示されたボックスに挿入したい文言・フォント・色等を入力している画像

③完了したらOKを押し、好きな位置に配置して完成。

※修正したい場合は、対象のテキストをダブルクリックすると上記ボックスが表示されます

▼アウトライン:文字を縁取る際に使用

アウトライン(文字を縁取る)イメージ画像

▼シャドウ:文字の後ろに影をつける際に使用

シャドウ(文字の後ろに影をつける)イメージ画像

5.おわりに

デザイナーでなくても、PhotoScapeを使って画像の簡単な加工や編集に対応できれば、ちょっぴり仕事の幅が増えるかもしれません…!
私は実際に業務にて、緊急で画像のサイズ修正を行う際に、このソフトを使用することで自身で簡単に対応することができ、デザイナーさんの工数を削減することもできました。

イレギュラーな対応であると、社内のリソースを確保することや、作業内容を連携することにも時間がかかってしまうため、少しでもその負担を減らせるようこのソフトを使用するのがおすすめです。

本格的な作業にはPhotoshopでデザイナーさん対応
簡易的な作業はPhotoScapeでディレクターが対応と分けることで、作業の効率化にも!

みなさんもぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

ソーシャルメディア

コラム執筆

村澤 舞(むらさわ まい)

2021年4月入社。主にSNSの企画・運用やキャンペーン対応等を行っています。
デザイン業務もできるディレクターを目指して、少しずつデザインの勉強中。