members

members

【YouTube担当者必見!】すぐ実践できて動画視聴回数の向上を狙える「YouTube SEO対策」

Tweet

こんにちは。SNS運用を担当している2021年新卒入社の田頭です。
これまで動画をYouTubeにアップロードしたものの、なかなか見てもらえず、続けていきたい気持ちはあるけれど
「このまま続けていくべきなのか?」「しかし、どこからテコ入れをすべきなのか分からない」と悩んだ経験はありませんか?
そんな方向けに、すぐ実践できる対策を3つご紹介しています。
ぜひ最後までご覧ください。

目次
1.「タイトル」のSEO対策
2.「タグ」のSEO対策
3.「ハッシュタグ」のSEO対策
4.最後に

1.「タイトル」のSEO対策

・ユーザーが「悩んでいること」「知りたいこと」を踏まえてタイトルに反映する

※コンテンツの内容と合っているのが前提となります
例)肌に悩む10代男子に向けたスキンケア動画のタイトル
例えば、彼らの「悩んでいること」「知りたいこと」を考えた場合、多くは「肌のテカリやニキビなど」に悩み、
「美肌になるには?」どうスキンケアをすべきかを知りたいと想定できるかと思います。
また、サジェストキーワードも活用します。
サジェストキーワードとは、下図のように検索窓にて調べたいキーワードを入力したとき、自動的に候補として表示されるキーワードのことです。

それらを踏まえて、タイトルに反映してみます。
例)タイトル:【プチプラ編】美肌になりたいメンズのスキンケア(脂性肌/ニキビ/10代)
動画タイトルには、「プチプラ」「美肌」「脂性肌」「ニキビ」「10代」などのキーワードを含めており、
彼らが検索をした際に表示されやすくなり、視聴回数の向上を狙えると考えられます。

2.「タグ」のSEO対策

・3種類のタグ「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」「スモールキーワード」を設定する

タグとは、検索でヒットしやすくなるよう、動画に追加するキーワードのことです。
設定すると関連動画や検索されたとき表示されやすくなり、視聴回数の向上を狙えると考えられます。
関連動画は、PC画面では動画右側、スマホ画面では動画下に表示されます。
だが、注意点としては、以下2つが挙げられます。
1つめは、「ビッグワード」のタグだけを設定してしまうと、登録者数の多いチャンネル動画が優先的に表示されるため、
「ミドルワード」「スモールワード」も設定することで表示されやすくします。
検索ボリュームを調べるツールとして、Googleトレンドがあります。

Googleトレンド

下図のように過去7日間で「美白」と「美肌」をYouTubeで検索したボリュームを調べています。
キーワードは5つまで比較可能であります。

その他、「ウェブ検索」「画像検索」「ニュース検索」「Googleショッピング」のボリュームも大まかに把握することができます。
2つめは、関連性がないタグだと有益でないチャンネルと評価される可能性があり、数が多すぎるとスパム扱いされる可能性があるため、
コンテンツと関連性の高いものを10~15個までを設定するようにしましょう。
ポイントとして、すでに検索順位の高い動画や似た内容の動画に設定されているタグを参考にします。
確認する方法は、Google Chromeの拡張機能「YouTube Tags」があります。

3.「ハッシュタグ」のSEO対策

・コンテンツの関連性の高いものを設定する

タグと同様、「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」「スモールキーワード」を分け、5個以内で設定しましょう。
また、概要欄に記載したハッシュタグのうち先に記載した3個がタイトル上にも表示される仕組みになっており、
クリックすると、そのハッシュタグが使われている動画の一覧が表示されます。
それにより、他動画の視聴回数が増えるだけでなく動画の滞在時間も増え、YouTubeからの評価が向上することも期待できます。

4.最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。
今回お伝えした「タイトル」「タグ」「ハッシュタグ」3つのSEO対策を実践していただき、動画を見てもらえる機会を増やしていきましょう。


コラム執筆者

田頭 直哉(たがしら なおや)
2021年4月に入社した新入社員。
所属する部署では主にSNS運用を担当。