members

members

【Facebook運用】2012年10月:ついに日本国内1,600万人を突破!Facebookのユーザー数推移

Tweet

株式会社メンバーズ エンゲージメントラボ
植木耕太

Facebeookでは、Facebook広告の管理画面上で男女や年齢ごとの広告のターゲットとなる見込みのユーザー数を算出することができます。メンバーズのエンゲージメントラボではこの数値を月に一度チェックしています。
今回は2012年10月分の数値をレポートします。
※前回のレポートはこちらです
【2012年6月】Facebookユーザー数の推移と属性データ ~ついに1000万人突破、一番伸びたのは20代女性!~
[数値の前提]
・数値は、各月末(28日~31日の間)に取得しています。10月は31日時点の数値です。
・広告の管理画面で出てくる数値はユーザー数の推定値であり、正確なユーザー数とは異なります。
・管理画面の不調のため、2012年2月、7月は正確な数値が取得できていません。推定値として、前後の月の中間値を当月の数値としています。


ユーザー数の推移

2012年10月時点でユーザー数は1,600万人を超えています。
2011年11月と比較すると、約1年で1,000万人以上のユーザーが増加したことになります。
(注:この数字はあくまでFacebook広告の管理画面から取得している数値です。9月時点のFacebookの発表では1,500万ユーザーを突破しているとのことでした。)
日本国内のFacebookユーザー数推移

年齢構成比

最も多い年齢は20代となります。
日本国内のFacebookユーザーの年齢構成比

男女比

引き続き男性ユーザーが多いですが、年代が若くなるほど女性ユーザーの比率が多くなり、20代、10代では比率が逆転します。

年齢×男女のユーザー数

相変わらず20代女性が最も多くなっています。

年齢×男女のユーザー数(年齢別)

年齢、男女別で1歳ごとに見ていくと、25歳の女性が最も多くなっています。
20代前半のユーザーが多くなる背景には、大学の卒業や企業への就職を機にFacebookを始める人が増えていることがあるのかもしれません。おじさんから始まったイメージのある日本ユーザーのFacebook利用ですが、若い世代への普及が加速しています。


ただ、mixiやTwitterなどのユーザー数を見ても、日本のソーシャルメディアのユーザー数には、2,000万人~3,000万人の壁がありそうです。この壁を突破するには、人口が多い40代やそれ以上の世代への普及の再加速できるかがポイントになります。


皆さんのまわりではどうでしょうか?
—————————————————————
◆【エンゲージメント率を下げずにファンを獲得する】Facebook広告出稿サービス
https://www.members.co.jp/services/smm/facebookads/index.html
◆Facebookアプリ開発やFacebookページ運用に関するお問い合わせはこちら
https://www.members.co.jp/contact/app/input.php?ct=service新規ウィンドウが開きます
◆メンバーズの公式Facebookページです。「いいね!」をお願いします
https://www.facebook.com/Memberscorp新規ウィンドウが開きます
◆メンバーズ関連書籍、好評発売中です
/article/2903

植木 耕太  (うえき こうた)
uekikota

植木耕太@Facebook

株式会社メンバーズ エンゲージメント・ラボ所長
2007年にメンバーズ入社。WEBプロモーション部門にてリスティング広告のサービス責任者及びWEB広告プランナーを担い、大手企業のアカウント運用から新サービス開発などに従事。
現在のエンゲージメントラボでは、効果測定方法、投稿のコツ、Facebook最新動向など、企業がソーシャルメディアを活用して顧客とエンゲージメントを築くためのノウハウを蓄積し、企業がマーケティングにおいてFacebookを最大限活用できるように支援している。
著書に『エンゲージメント・マーケティング ~Facebookが生み出す企業と生活者の絆~』(マイナビ、共著)、『即実践!検索連動型広告』(技術評論社、共著)がある。

カテゴリ: SNS, Facebook
2012年11月21日