members

members

検索クエリの種類と検索意図|ユーザーニーズを踏まえたコンテンツ制作を

Tweet

検索クエリの種類と検索意図
SEOを行う上で、ユーザーニーズの把握に欠かせない指標「クエリ(検索クエリ)」。

クエリとは、ユーザーが検索エンジンの検索窓に実際に入力した語句を指す言葉です。Googleなどの検索エンジンは、入力されたクエリに応じて、ユーザーが求めているであろう情報について記載されたページを検索結果(SERPs)として返しています。

SEO施策の最大の目的は、この検索結果の上位に自社のページを表示させ、検索ユーザーの流入を増やすこと。そのため、ユーザーがどのような情報を求めて、どのような語句で検索しているかを知ること(すなわち各クエリの検索意図を把握すること)が極めて重要です。

目次
1.クエリは4タイプの検索意図に分類できる
2.タイプごとの検索意図を把握して効果的なキーワード選定を
3.おまけ:クエリとキーワードの違い

クエリは4タイプの検索意図に分類できる

クエリの4タイプ

出典:4 new moments every marketer should know

検索行動は日常のあらゆる場面で行われますが、ユーザーが検索によって解決しようとしている課題は大きく「知りたい(know)」「行きたい(go)」「したい(do)」「買いたい(buy)」の4つに分類できるとされています。

knowクエリ

「クエリ とは」のように、特定の事柄についての知識を得たい場合に使用されるクエリです。

ユーザーは疑問に対する答えを求めているため、検索エンジンはその事柄について正しい情報が網羅的に記載されているコンテンツを検索結果に表示します。企業にとってはコンバージョン(購入・資料請求・申込みなど)からは遠いクエリですが、もっとも多く存在する検索ニーズであるため、流入数の底上げやブランディングに有効であると考えられます。

goクエリ

「渋谷 アクセス」「渋谷 ランチ」のように、出かけるための情報を探す際に使用されます。Googleでは検索結果上にGoogleマップが表示されることが多いクエリです。

コラム記事では上位を狙いにくく、企業にとっては指名クエリ(固有名詞が入ったクエリ/「メンバーズ 本社 アクセス」など)で上位を取れていれば特別に対策する必要はないと考えられます。

doクエリ

「SEO 外注」のように、特定の事柄を実行したい場合に使用されるクエリです。

ユーザーには実行したいことがあるため、具体的な手順について詳細に記載されているコンテンツや申し込みページなどが検索結果として返されます。実行に対する意欲が高い状態のユーザーが検索するので、コンバージョンに近いクエリであると言えます。

buyクエリ

「時計 レディース」のように、特定の物を買いたいユーザーが使用するクエリ。Amazonや楽天のようなオンラインモールやECサイトなどが検索結果に表示されやすいのが特徴です。

「買いたい」というニーズをもったユーザーが使用するのでコンバージョンにかなり近いクエリですが、企業がコラム記事で上位を狙う難易度はかなり高いと言えます。

タイプごとの検索意図を把握して効果的なキーワード選定を

キワードを選ぶ様子

出典:写真AC

ここまで見てきたとおり、検索によってユーザーが求める情報はクエリタイプによって大きく異なります。

SEOではページごとに流入を見込みたいキーワード(クエリとキーワードの違いは後述)を設定して対策しますが、そのクエリでユーザーが求める情報とページ内容がマッチしているかを必ず確認するようにしましょう。

例えば「収納ボックス おしゃれ」というクエリは、実際に調べてみるとオンラインモールやECサイトが上位に表示され、「おしゃれな収納ボックスを買いたい」ユーザーが検索するbuyクエリであることがわかります。

これを「収納ボックスを使ったおしゃれな収納アイデアを知りたい」knowクエリだと誤解してコンテンツを作成してしまうと、検索意図とずれるため上位に表示される可能性は大きく下がります。また、仮に上位表示されたとしてもユーザーを満足させられないかもしれません。

SEOの基本は、ユーザーの検索ニーズに応えるに足るコンテンツを制作することです。実際の検索結果から「知りたい(know)」「したい(do)」「行きたい(go)」「買いたい(buy)」のうちのどの意図を持って検索されているクエリなのかを把握し、ユーザーのニーズに応えられそうなキーワードでコンテンツ制作を進めてください。

おまけ:検索クエリとキーワードの違い

検索クエリとは、前述のとおり「ユーザーが実際に検索した語句」です。Google AnalyticsやSearch Consoleで自社コンテンツへの流入クエリを確認できます。

一方、「キーワード」はコンテンツ発信側が用いる言葉で、「この記事のキーワードは○○だ」という場合は、その記事で流入を見込んでいる単語や単語の組み合わせを指します。

つまり、SEO担当者が選定し対策するのが「キーワード」、それに対してユーザーが実際に検索するのが「クエリ」です。PDCAをまわすうえでは、想定キーワードとクエリに乖離はないか、掲載順位はどうかが重要なチェックポイントになります。

ユーザーのニーズに的確に応えるコンテンツを作るために欠かせない検索意図の把握。より良いコンテンツづくりに、4つのクエリタイプについての考え方をぜひ参考にしてみてください。

関連記事

コアウェブバイタルの基礎知識!SEOへの影響と考え方

Webサイト運用・運営

コラム執筆

川本楓

川本 楓(かわもと ふう)

2018年メンバーズ入社。ユーザーに届くコンテンツづくりとSNS・オウンドメディア運用に従事。経験した案件は大手エネルギー企業のFacebookアカウント立ち上げおよび運用、食品メーカーのFacebook, Twitter, Instagram運用、スポーツ用品メーカーのSNS広告運用、ハウスメーカー/カード会社/食品メーカーのオウンドメディア運用など。

カテゴリ: SEO
2021年10月29日