members

members

行政の最新DXを調査!~愛媛県の取り組み~

Tweet

国や企業でのDXが進んでいく中、各都道府県の行政ではどのようになっているのでしょうか。
以前鈴木さんが執筆された、「調べれば調べるほど進んでいる!DX先進県・広島の取り組み」に関連し、私の地元である愛媛県では、どのような取り組みがあるのか気になり、調査を行いました。その調査結果を紹介します。

行政の最新DXを調査 愛媛県の取り組み

愛媛県のDX推進の取り組み

1.プロモーション戦略としてのデジタル活用

2018年にプロモーション戦略の一環として、デジタルの活用を開始しています。また同年4月、全都道府県で初の取り組みとして、県庁内にプロモーション戦略室デジタルマーケティンググループを設置しています。当初県庁内では、デジタルに懐疑的な方もいたため、具体的な事例を作り、理解を広げていくことを目標に、2019年度からは全庁的なセミナーや推進会議を定期的に開催していたそうです。
将来的には県庁全体で皆が当たり前にデジタルを使えるようになることが理想だそうで、今も取り組みが続けられています。

県庁内でも変革の時期に進行された、行政が関連したデジタルプロモーションの例としては以下となります。

愛媛百科選

出典:「愛媛百科選」より引用

・愛媛百科選
ECとデジタルマーケティングによる県産品の販売促進を目的に、県産品をアピール・販売するサイトとして作られ、個人に加えBtoB取引の活性化も目標としています。サイト内には、地域産品のブランディング施策の一環として動画が公開されており、2020年2月までに約691万回視聴されています。

その時は、愛媛で。

出典:「その時は、愛媛で。」より引用

・その時は、愛媛で。
平成30年7月豪雨災害からの復興支援のため、災害に負けずに頑張る愛媛県民の「今」を伝え、全国に広く発信することを目的として復興支援動画、その動画をまとめた特設サイトとしてつくられました。

Visit Ehime Japan

出典:「Visit Ehime Japan」より引用

・Visit Ehime Japan
インバウンド誘客のために作られたサイトで、初年度には「サイクリング」や「お遍路」の動画、次年度には「フィッシング」や「祭り」の動画の新規配信などを行い、ターゲット7カ国・地域で1年間で、4,000万回視聴されています。

CYCLING EHIME

出典:「CYCLING EHIME」より引用

・CYCLING EHIME
外国人の趣味・関心に訴求するサイクリスト誘客のためのサイト。サイクリストの聖地「しまなみ海道」を中心にコンテンツを揃え、日本を含む8カ国・地域への動画配信では、1,400万回を超えて視聴されています。

2.愛媛県デジタル総合戦略策定プロジェクト

愛媛県では、昭和37年12月より、「愛媛県長期経済計画」を策定しており、これまで、第五次まで長期計画を据えて、高速交通系の重点的整備、水資源プロジェクト、産業開発プロジェクト、生活・文化関連プロジェクト等の取り組みを積極的に行っています。
そして、第六次愛媛県長期計画として、『「愛のくに愛顔(えがお)あふれる愛媛県」を基本理念に掲げ、前向きな気持ちと思いやりの心が結集した「愛顔(えがお)」の輪を、県内一円に大きく広げることにより、県民一人ひとりが愛媛ならではの幸せのかたちを見つけ、それを創ることができる愛媛を目指し』、「愛媛の未来づくりプラン」が作成されています。
この愛媛の未来づくりプランには、DXにまつわる目標が具体的に掲げられており、実際に「愛媛県デジタル総合戦略策定プロジェクト」として、企画・実行が推進されています。

●戦略の目的
社会全体でデジタル化の推進が求められている中、全国に先駆けてデジタル化を推進し、デジタル技術を地域課題の解決に効果的に活用すること。

●戦略の方針
戦略的なデジタル化により、愛媛県が目指すミッション・ビジョンを実現するため、以下の3つの視点で策定すること。

戦略の方針
出典:愛媛県公式ホームページ「愛媛県デジタル総合戦略策定プロジェクトについて」より引用

●戦略の目指す姿
戦略策定にあたり、以下の3つのシフトを目指し、新たな社会Society5.0に即応した総合戦略を策定すること。

戦略の目指す姿
出典:愛媛県公式ホームページ「愛媛県デジタル総合戦略策定プロジェクトについて」より引用

上記の目的・方針・目指す姿を基に、愛媛県デジタル総合戦略が作成され、愛媛県庁公式ホームページに全文版・概要版の文書が掲載されています。
以下では、愛媛県庁公式ホームページ内の文書より内容を抜粋し、簡易的にまとめてみました。

愛媛県デジタル戦略まとめ
出典:愛媛県公式ホームページ「愛媛県デジタル総合戦略策定プロジェクトについて」文書内より情報を抜粋、編集

また、この策定を基に、2021年3月25日には2つの施策のリリースがされています。
1.愛媛県官民共創デジタルプラットフォーム「エールラボえひめ」を公開
県民生活の質の向上や地域経済の活性化等のプロジェクトを具体化させるオンライン上の基盤として作られました。具体的には、サイト上から愛媛県の「なんとかしたい課題」を同じ課題意識や関心を持つ会員が集まる場(=コミュニティ)を中心に、実際にアクションを起こす活動(=プロジェクト)に取り組み、それに対し行政がPRや公的組織との連携を支援するプラットフォームです。

エールラボえひめ
出典:「官民共創デジタルプラットフォームエールラボえひめ」より引用

2.愛媛県・市町DX協働宣言
自治体が一体となって取り組むことを県内外にアピールするため、県や市町が、県内事業者などのDXを積極的に支援する姿勢を明らかにするために、県と20市町が協働してDXを推進していくという宣言を行っています。

また、2021年5月には、官民それぞれの所属機関におけるDX推進リーダーとして、デジタル技術を効果的に活用し、課題解決や価値創造に資する企画立案等を実行できるデジタル人材を育成する事を目的に、DX推進リーダー育成研修を開催しています。


さいごに・・・

いかがでしたでしょうか。
2021年9月、国政にデジタル庁が発足し、国をあげて体系的なDXを推進が始まりましたが、それ以前より、愛媛県の魅力を伝えるため、愛媛県民にとって良い未来をつくっていくために様々な挑戦取り組まれていることを知ることができ、自身の出身として誇らしくもあり、さらに他の都道府県ではどのような取り組みがなされているのか気になり、調べていきたいと思いました。
また、企業と行政が足並みをそろえ、互いに足りない部分を補い、取り組みを続けることで、大きな課題も乗り越えていくことができると強く感じました。

この記事を読んでくださった方に愛媛県の取り組み・魅力が少しでも伝わっていると嬉しいです。
引き続き、故郷のDX推進に注目していくとともに、デジタルマーケティングに関わる者として、今後、活動を何かしらの形で、応援・支援できればと思っております。
最後までお読みくださりありがとうございました。


 

コラム執筆者

村上 紗莉奈(むらかみ さりな)

第4ビジネスユニットアカウントサービス第13ユニット所属 | ディレクター
2019年4月入社し、主にWebサイト構築・Webサイト構築/リニューアルご提案の業務に携わっています。
目指すは、0からつくって最適なクリエイティブをお客さま・ユーザーに届けられるプランナー!

カテゴリ: DX, マーケティング
2021年09月15日