members

members

コロナ禍でDXが加速、あのイベントがVRで開催!

Tweet

コロナ禍でDXが加速!意外な分野でもDX化が進んでいるのをご存知でしょうか?
今回はあの春闘イベントがVR上で行われたことについてご紹介します。


(画像:https://www.jtuc-rengo.or.jp/news/news_detail.php?id=1706

そもそも春闘とは

正式名称を「春季生活闘争」と言います。
新年度に向けて労働組合が賃金やボーナス、ワークライフバランス実現に向けた労働時間短縮や労働環境改善などの労働条件について経営者(使用者)と交渉し決定するものです。
大手企業を中心に労働組合が企業に要求を提出するのが2月、企業が回答するのが3月なので春闘と言われています。
(参考:https://www.jtuc-rengo.or.jp/column/column013.html

 

VR、AR、XR、違いは何?

今回はVRについて触れていますが、似たような言葉にARやXRがあります。
それぞれの違いについてご説明します。

・VR・・・仮想現実(Virtual Reality)。
コンピューターで作られた現実とは異なる人工的な空間をVRゴーグルを通して体感させる技術。
VRゴーグルを用いて強い没入感が得られる。
(参考:
https://www.symunity.co.jp/v-solution/xr.html

・AR・・・拡張現実(Augmented Reality)。
コンピューターで作られた現実には存在しない情報をARデバイスを通じて現実世界に反映させる技術。
VRとは違い現実世界がベースとなり、主にスマホやタブレットを用いて現実世界に情報を重ね合わせる。
(参考:
https://www.symunity.co.jp/v-solution/xr.html

・XR・・・XReality。VR・AR・MR(複合現実)の総称。「X」は未知数を表す。
(参考:
https://time-space.kddi.com/ict-keywords/20180816/2406

 

注目ポイント!

保守的だと言われていたあの春闘がVR上でイベントを開催!
使用されたプラットフォームはバーチャルSNS「Cluster」。
クラスター株式会社が運営するVRを用いたバーチャルイベントプラットフォームです。
「Cluster」に会場を設置し、参加者はアバターとして入場。
バーチャル空間上に設置されているスクリーンには登壇者が演説しているところが映し出されます。

↓詳しい様子はこちらの動画を見てください。↓
https://www.youtube.com/watch?v=3Sil8yvq8VU

<活用事例>
クラスター株式会社が「丸の内 City DX パートナーズ」に参画。三菱地所株式会社と「バーチャル丸の内」をバーチャルSNS「cluster」上に構築
「clusterバーチャル卒業式・入学式パッケージ」をクラスター株式会社が販売開始
渋谷ハロウィン

 

ビジネスで使うなら?

・社員総会や株主総会などでも使ったら面白いじゃないでしょうか。
→経済産業相などの事前の確認を得られれば完全オンラインで株主総会実施が可能となる改正産業強化法成立
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060900136&g=pol
・バーチャル野球場やライブハウスなども出てきているので、バーチャル野外フェスが開催される日もそう遠くはないかも。
・絵画の展覧会もVR上で開催されているので、そのうち美術館がなくなっちゃうかも?

 

まとめ

2021デジタルトレンドレポート内で新型コロナウイルスの影響で人との接触や移動が制限される中、体験ニーズは増えVR導入は増えていくとありました。まさに、VR導入が進んでいる注目すべきイベントではないでしょうか。
今後も人との接触をバーチャル上でやりたいというニーズは増え続けると予想しています。
皆さんの会社でもVR導入してみてはいかがでしょうか?

デジタルトレンドラボロゴマーク

 

デジタルトレンドラボ

社内の有志が集まり、デジタル業界のトレンド調査を行い、社内外に情報発信しています。
【視聴無料】デジタルトレンドラボがまとめた動画で学ぶ/デジタルトレンドセミナー2021

 

小林 萌 

2020年2月にメンバーズに入社。バナー制作を行っています。特技は散財、趣味はヨガ。

カテゴリ: DX
2021年07月30日