members

members

【初心者必見】Adobe Analyticsとは?できることとデータ取得の仕組み~0から学ぶ!ワークススペースの使い方講座~第1回

Tweet

ウェブサイトのアクセス解析ツールとして、多くの企業がAdobe Analytics(アドビ アナリティクス、AA)を導入しています。

ところが、Google Analytics(グーグル アナリティクス、GA)などの他のアクセス解析ツールよりも、AAはネットに情報が少ない、勉強本がない、ヘルプを見てもよく分からない、、という方、多いのではないでしょうか。

そこで本コラムは、初心者でもよく分かるように、AAの主要なブラウザツールである「Analysis Workspace(ワークスペース)」の基本的な使い方をご紹介していきます!

今回は第1回ということで、ワークスペースでできることと、簡単なデータ取得の仕組みについてお伝えします。

目次
1.ワークスペースでできること
2.データ取得の仕組み~レポートスイート、イメージリクエストとは
3.まとめ

1.ワークスペースでできること

「そもそもワークスペースって何?何ができるの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

ずばり、ワークスペースとは、ブラウザ上でデータをビジュアル化し、共有するためのウェブブラウザアプリケーションです。

例えば、従来のアクセス解析ツールは、データを取得したあと、エクセルなどのツールに再度落とし込み、整形する必要がありました。

ところが、ワークスペースを使えば、ドラッグ&ドロップなどの直感的な操作で、ブラウザ上でデータを表やグラフなどの形でビジュアライズ(視覚化)することができるのです。

ちなみに、AAには共有機能がついているため、作成したレポートをチームメンバーやクライアントと共有することもできます。

もちろん外部共有のためのPDF変換機能もついています。

つまり、ワークスペースを使えば、データの取得、分析、視覚化、共有までをブラウザ上で完結させることができるわけです。

2.データ取得の仕組み~レポートスイート、イメージリクエストとは

次に、具体的な使い方をお伝えするまえに、AAのデータ取得の仕組みについて、少しだけお話したいと思います。

どのような流れでデータが取得されているかをイメージできることは、少なからずデータ分析の助けとなるはずです。

ではAAのデータ取得の流れについて、簡単に見ていきましょう。

データ取得の流れをざっくり図で示すと、以下のようになります。

  • ブラウザがHTML上でAAのjsコードを読み込む

AAの実体は、Google Analyticsなどと同様に、HTMLソースに記述されたです。

ユーザーがウェブサイトを閲覧するとき、ブラウザ(Internet ExplorerやGoogle Chrome)は、URL(アドレス)で指定されたHTMLを読み込みます。

  • Adobeのサーバーにイメージリクエストが送られる

ブラウザがHTMLを読み込む際に、AAのコードが実行されることにより、AAのサーバーに「イメージリクエスト」が送られます。

(「このイメージリクエストをAAのサーバーに送信せよ」という内容の命令が記述されており、ブラウザがコードを読み込むことによって実行されるとイメージしてください。)

「イメージリクエスト」とは、1×1ピクセル以下の大きさの透過的なグラフィックイメージ(画像)です。

その画像のソースにデータ収集パラメーターが付加され、データ収集サーバーがそのパラメーターを読み取ります。

データ収集パラメーターには、アクセス(AAでは「ヒット」(※)と呼びます)ごとの関連情報―たとえば、いつ、だれが、どのページにアクセスしたかなどが含まれており、それを読み込むことによって、膨大なアクセス情報が蓄積されていきます。

※AAについて勉強していると、よく「ヒット」という単語に出くわすと思いますが、ヒットとは、まさに上記のJSコードが実行されることを指しています。次回以降、AAの専門用語などについても詳しくご説明していきます。

  • レポートスイートにデータが蓄積される

イメージリクエストから取得したデータは、「レポートスイート」に蓄積されます。

このようにして、AAのコードが記述されたページがブラウザによって読み込まれるたびに、そのアクセスに関する情報が、「イメージリクエスト」としてAdobeのサーバーに送信され、データは「レポートスイート」と呼ばれるデータタンクに蓄積されていきます。

3.まとめ

いかがでしょうか?

ワークスペースで何ができるのか? また、どのようにしてデータを取得しているのか? について、ご理解いただけましたでしょうか。

データ取得に流れについては、少し難しい印象があるかもしれませんが、AAは非常に優れたUIで直感的な操作ができるようになっていますので、ざっくりと流れを理解しておけば、まったく問題ありません。

●第1回のまとめ

  • ワークスペースでできること

データの取得、分析、視覚化、共有までをブラウザ上で完結させることができる

  • データ取得の仕組み~レポートスイート、イメージリクエストとは

AAのコードが記述されたページがブラウザによって読み込まれるたびに、そのアクセスに関する情報が、「イメージリクエスト」としてAdobeのサーバーに送信され、データは「レポートスイート」と呼ばれるデータタンクに蓄積される。

次回からは、「ワークスペースの基本構造」や、単語の定義など、具体的な使い方についてご説明していきます!

過去の記事

【決定版】ASO(アプリストア最適化)をゼロから始める—対策の手順と理解しておくべきこと<入門編>

【決定版】ASO(アプリストア最適化)の適切なKPI設定—ツール別詳細な算出方法<準備編>

【決定版】ASO(アプリストア最適化)でKPI達成のためにやるべきASO対策・ASO施策9選<実践編>

コラム執筆

清水 聡朱(しみず そうじゅ)

2018年入社。WMC1-1所属。大型サイト運用を担当。趣味は囲碁。