members

members

DX視点で読み解く: 経済産業省「循環経済ビジョン2020」

Tweet

2020年5月22日、経済産業省が「循環経済ビジョン2020」を取りまとめたものを発表しました。

この「循環経済ビジョン2020」は、さまざまな視点でとても多くの示唆に富んだ内容です。本コラムでは、私なりの解説や意見をまぜてご紹介します。
DX※プランナー・デジタルマーケティングの皆さんには必読必至です!

※DXとは、デジタルトランスフォーメーションを指します。DXを推進する役割の人物をここでは「DXプランナー」としています。DXプランナーはIoT、マーケティング、デジタルの経験と知見を備えかつ経営的・社会的な視点も必要とされる職種です。

 

目次
 ●循環経済とは
 ●循環経済への転換の必要性
 ●循環経済への転換に向けた対応の方向性
 ●この「循環経済ビジョン2020」で得られる示唆
 ●海外有力メディアのデジタルトレンド情報をかき集めた「デジタルトレンド2021」刊行!

 

●循環経済とは

    • 線形経済:大量生産・大量消費・大量廃棄の一方通行
    • 循環経済:あらゆる段階で資源の効率的・循環的な利用を図りつつ、付加価値の最大化を図る経済

経済産業省「循環経済ビジョン2020」より抜粋

モノをつくって売るまで、廃棄するまでの動きを線形経済と呼び、循環経済はその名のとおり循環をさします。言葉でいうと、リサイクルなど少々聞き慣れた言葉かもしれませんが、その本質的価値は今もいやこれからもっと重要になっていくでしょうね。

 

●循環経済への転換の必要性

  • 世界的な人口増加・経済成長に伴い、資源・エネルギー・食料需要の増大、廃棄物量の増加、温暖化・海洋プラスチックをはじめとする環境問題の深刻化はティッピングポイントを迎えつつあり、大量生産・大量消費・大量廃棄型の線形経済モデルは、世界経済全体として早晩立ち行かなくなる畏れ。
  • 短期的利益と物質的な豊かさの拡大を追求する成長モデルから脱却し、あらゆる経済活動において資源投入量・消費量を抑えつつ、ストックを有効活用しながら、サービス化等を通じ付加価値の最大化を図る循環型の経済社会活動(循環経済)により、中長期的に筋肉質な成長を目指す必要。
  • 循環経済への移行の鍵は、デジタル技術の発展と市場・社会からの環境配慮要請の高まり。これを新たなドライバーに、循環型の経済活動へと転換を図ることで、地球環境の保全に貢献しつつ、我が国産業の中長期的な競争力の強化につなげることを目指す(環境と成長の好循環) 。

経済産業省「循環経済ビジョン2020」より抜粋

SDGsやESG投資、フィデューシャリー・デューティー、インパクト投資などに代表されるように社会は、利益追求型資本主義な考え方から共存共生的資本主義へ変化しはじめています。国や政府が法的な強制力を整備(ハードロー)し企業がその抜け道を探すことが影を潜め、法的な強制力がないものの企業が経営戦略・事業戦略に盛り込み自主的に取り組みを促進する動き(ソフトロー)が主役となりはじめています。
企業はマーケティングの手法も、モノ訴求のバラマキ広告から、コト軸訴求の共感を得ることが企業ブランドにとっても重要に気づき、情報発信の方向性を大きく変える必要がありますね。

 

●循環経済への転換に向けた対応の方向性

  • 循環性の高いビジネスモデルへの転換は、事業活動の持続可能性を高め、中長期的な競争力の確保にもつながるもの。あらゆる産業が、廃棄物・環境対策としての3Rの延長ではなく、「環境と成長の好循環」につなげる新たなビジネスチャンスと捉え、経営戦略・事業戦略として、ビジネスモデルの転換を図ることが重要。
  • 動脈産業のビジネスモデル転換を促す上で、関係主体(静脈産業、投資家、消費者)の役割が重要。

経済産業省「循環経済ビジョン2020」より抜粋

製品のサプライチェーンを「動脈経済」にたとえるのに対して、産業廃棄物や使い終わった製品などをリサイクルしたり、負荷が少ない形で自然に戻したりする産業を「静脈経済」にたとえます。循環経済では動脈と静脈をバランスよく整えること。循環性の高いビジネスモデルへの転換は、事業活動の持続可能性を高め、中長期的な競争力の確保にもつながるもの。あらゆる産業が、廃棄物・環境対策としての3Rの延長ではなく、「環境と成長の好循環」につなげる新たなビジネスチャンスと捉え、経営戦略・事業戦略として、ビジネスモデルの転換を図ることが重要としています。

DXを考えるにおいて、どうしても動脈に焦点が行きがちではないでしょうか。このコロナショックでグローバリズムが逆回転を始めているようですが、それもサプライチェーンという動脈のレジリエンスにばかり注目しがちですね。
企業の未来像・社会の未来像をDX視点で考えるならば、静脈をも俯瞰して検討する必要があります。
この着眼点は、IoTに強いIT部門・動脈に強いマーケティング部門で、抜けもれる可能性が高い領域です。経営企画部門はこの領域をも意識し、DXを検討することが求められますね。

この循環経済を「環境と成長の好循環」につなげる新たなビジネスチャンスと捉え、経営戦略・事業戦略として考える・・・・事業戦略を、戦術におとす場合は、AI/機械学習と、ブロックチェーンの要素が必須事項になります。

AI/機械学習は、新たな頭脳。人的作業効率を超える強力な武器になります。一方、ブロックチェーンは業務フローを効率的に実現していきます。ブロックチェーンのビジネスでの活用シーンを大別すると次の6つに収斂します。
・本人確認活用  複数企業横断利用を促す本人確認(KYC)
・電子契約活用  契約・決済を署名ベースで電子化
・トレーサビリティ活用  原材料・製造過程等の証明
・知財管理活用  知的財産権の権利関係を証明・透明化
・オープンデータ活用  ビッグデータ収集・活用プラットフォーム
・仮想通貨活用  コイン・ポイントの発行・送金・決済
この6つの活用シーンは業務遂行の上で作業負荷が高い業務、これをシステム化することで循環経済は回転しやすくなるでしょうね。

 

●この「循環経済ビジョン2020」で得られる示唆

この「循環経済ビジョン2020」は、さまざまな視点でとても多くの示唆に富んだ内容となっています。DXプランナー、デジタルマーケティングの皆さんにとって得られる示唆は次の5つです。

1、貴社の目指すDX全体像のヒント
DXは未来像。点(課題)ではなく面(ビジネス未来像)を捉える必要がある。この循環経済は社会全体のみならず、業種・一企業でも当てはめることができる。

2、コロナショックでサプライチェーン見直しをする好材料
コロナショックによりサプライチェーンの再構築・柔軟力強化が求められている。調達-製造―販売までの動脈サプライチェーンに注目しがちだが、静脈サプライチェーンの再構築・柔軟力強化も忘れてはならない。

3、SDGs/ESGへの貢献性
特に動脈産業(製造・小売など)は、廃棄段階まで含めたライフサイクル全体を考慮した循環性の高い製品・ビジネスモデルをデザインしていく必要がある =SDGs⑫「作る責任、使う責任」
投資家もそれを評価する時代=ESG

4、企業ブランド向上とデータ活用
ビジョンと現状の取り組みを日本国内に留まらず国際的にも積極的にコンテンツ発信を行う。コンテンツ閲覧者(投資家・ビジネス候補)を分析し、ときには連携していく企業姿勢は環境と成長の好循環を実現する企業として高評価を得る。人口減少からくる労働力不足解消や、海外労働者確保にもつながる。

5、AI/機械学習、ブロックチェーンなどの活用領域へのヒント
循環経済の実現に向けて単独企業活動からコンソーシアム活動にシフトしていく。ブロックチェーンが得意とするトレーサビリティや証明確認など利用範囲は広い。経済効率の面でAI・機械学習の活躍の場も多い。

 

「循環経済ビジョン2020」本誌の末尾はこのような言葉で締めています。
「循環なき経済は罪悪であり、経済なき循環は夢物語である。」

まさにそのとおりですね。各企業でDXを検討している皆さまにとって、ぜひこの言葉・本コラムが参考になれば幸いです。

 


 

●海外有力メディアのデジタルトレンド情報をかき集めた「デジタルトレンド2021」刊行!

デジタル領域は日々進化変貌を遂げ、コロナショックでその実現速度は一気に加速してきました。
また、技術的なトレンドだけではなく、コロナショックやDXやSDGsなどは経営者の考え方にも変化を与えています。

その潮流を見据え、今回のデジタルトレンド2021では、
「経営視点編」と「技術視点編」「個別業種編」の三部構成にしました。ぜひご覧あれ!

レポートを解説した動画セミナーを視聴したい方はこちら(レポートデータも一緒にお送りします)>

レポートのみ欲しいという方はこちら>

※恐れ入りますが、Web制作会社、広告代理店、システムインテグレーション等のパートナー企業とフリーランスなどの同業他社の方のお申し込みはご遠慮いただいております。

 

 


 

デジタル領域でお悩みあれば一度ブレスト(無料)してみませんか?
担当:数藤雅紀/ご連絡はこちらから

以下の対象領域に関する情報収集やコンセプト作り、事業設計などご相談いただけます。ぜひご連絡ください。

関連記事

DX視点で読む”シリーズ と DXプランナーの呼吸法”シリーズ ”

【視聴無料】渋沢栄一翁の名言から学ぶアフターコロナ戦略

デジタル改革・IT大臣に就任、平井卓也氏のデジタル政策方針をインサイト!

 

 

コラム執筆

デジタルトレンドラボロゴマーク

デジタルトレンドラボ

社内の有志が集まり、デジタル業界のトレンド調査を行い、社内外に情報発信しています。
【視聴無料】デジタルトレンドラボがまとめた動画で学ぶ/デジタルトレンドセミナー2021

数藤 雅紀

数藤 雅紀(すとうまさのり)

シニアプロデューサー兼戦略プランナー、デジタルトレンドラボ所長

大手證券、世界大手調査会社を経てメンバーズ入社。戦略プランナーとして、上場企業・グローバル外資企業などの大手企業のデジタル戦略・施策を支援。ネット選挙や新規事業系支援などの先鋭的案件も得意。阿波踊りとフルマラソンを愛する左利きB型。