members

members

実際に使ってマーケティングについて本気出して考えてみた 〜音声コンテンツ:Radiotalk編〜

Tweet

コロナ禍によっておうち時間が増え、音声コンテンツの需要は高まる一方です。皆さんも、作業やドライブ、家事のおともに、ラジオやYouTubeを聞き流す機会が増えたのではないでしょうか?
ラジオのように聞くだけでなく、自分も配信者になれる、さらには音声で気軽につながれる など、音声コンテンツの種類はどんどん豊富になってきています。
今回はデジタルトレンドラボの3名で3種のアプリを実際に使ってみて、マーケティングの面でどんな風に活用できそうか考えてみました!

▼コラム公開しています!こちらもどうぞ!▼
実際に使ってマーケティングについて本気出して考えてみた~音声コンテンツ:Clubhouse編〜
実際に使ってマーケティングについて本気出して考えてみた 〜音声コンテンツ:stand.fm編〜
実際に使ってマーケティングについて本気出して考えてみた 〜音声コンテンツ:Radiotalk編〜

 

1. サービス紹介・感想

Radiotalkは2017年8月に誕生した日本の音声SNSアプリです。番組を聴くだけでなく、アプリ内で音声を録音〜編集〜投稿、またライブ配信をすることができます。

筆者もコロナ以前の2019年12月からこのアプリを使っており、好きなライターさんの番組を聴いていましたが、この機会に投稿を始めてみました。
驚いたのは、「いいね」の要領で誰からかも意図もわからないネギが送られてきたことです。自分の投稿に反応があるというのはうれしいものです。

https://techable.jp/archives/83365 深谷ねぎのゆるキャラとコラボしているそうです。
文字どおり・・・ネギらわれたということですね・・・

匿名性の高い雰囲気も相まって、まるで音声版Twitterのようだと感じました。Clubhouseがグローバルだとすれば、Radiotalkはいい意味でローカル、身近な印象です。

ライブ配信は「おえかきしながら」「家事しながら」といったものが多く、おうち時間のちょっとしたさみしさに、なんとなくつながっている、という感じが心地よいなと感じました。

 

2. Radiotalkの強み

乱立する音声コンテンツ市場で、Radiotalkの強みとなっているのは「ユーザーのニーズを拾い上げている」ことと「他媒体とシームレスに連携できる」ことです。

Radiotalk運営の方々はSNSで積極的にユーザーとつながっており、トレンドを即座に取り入れています。
例えばレコメンド機能のアルゴリズムに力を入れたり、リモート収録の機能を取り入れたり、投稿した番組のアナリティクスを充実させるなどの機能強化で、聴くだけにとどまらず配信する人を増やすことに成功したそうです。
https://markelabo.com/n/n77966d9d6ed5

また、Radiotalkでの投稿はRSSを用いたPodcastとして他媒体に配信することができます。手軽に複数媒体へ投稿できるため、視聴数を増やすことも可能です。

 

3. マーケティング活用事例

・音声配信プラットフォーム「Radiotalk」で、複数人がリモートで配信できる新機能を全体公開
著名人がファンとリモートで会話したり、著名人同士がリモートでインタビューやおしゃべりをする事例が紹介されています。
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000043103.html

・日本で初めて導入したリスナーと広告主が音声のみのやり取りで双方向にコミュニケーションできる広告システム「インタラクティブ(双方向)音声広告」の配信を開始
音声広告で興味があるかどうかをユーザーに問いかけ、ユーザーの「はい」「いいえ」といった回答に応じて広告を配信する試みが行われています。
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000043103.html

 

4. マーケティングに活用するとしたら

Radiotalkをマーケティングに活用するとしたら、というアイデアをいくつか考えてみました。

・「気軽な」「凝りすぎない」「身近な」ブランディングに効果的
・Twitterよろしく「中の人」が映えそう
・「仕事しながら」「休憩しながら」公式LIVE配信
・採用活動の一環として社員の人柄や風土を紹介
・企業の歴史をシリーズで回数を決めて配信
・有名人やインフルエンサーとコラボして、リモートでインタビューや商品紹介
・シズル感のある心地よい音で商品の魅力を伝える
・「音だけ」工場見学
・PodcastとしてSpotifyなどにも配信、認知拡大を狙う

作業のおともに聞き流していたラジオやテレビから、無意識に情報を拾っていた・・・という経験をお持ちの方も多いと思います。
1人でも多くの潜在的な顧客に対して、身近なイメージ、良い印象を持ってもらうために、耳からファンを増やしてみませんか?

音声コンテンツを活用して、先回りした戦略を打っていきましょう!

 

コラム執筆

デジタルトレンドラボロゴマーク

デジタルトレンドラボ

社内の有志が集まり、デジタル業界のトレンド調査を行い、社内外に情報発信しています。
【視聴無料】デジタルトレンドラボがまとめた動画で学ぶ/デジタルトレンドセミナー2021

木戸 希望

2019年10月にメンバーズに入社。制作からディレクション・提案まで幅広く奮闘中です。

カテゴリ: DX
2021年02月26日