members

members

DXプランナーの呼吸法:”適応的市場仮説” by アンドリュー・W・ロー

Tweet

経済書と見做し毛嫌いするのは、あまりにもったいない良書をご紹介します。

効率的市場仮説 vs 適応的市場仮説

この仮説を知ると、なぜいまSDGs・ESGが注目されるのか、なぜその潮流が生まれ沸き立っているのか、そしてどこに向かうのかが、イメージできる1冊です。

ESG投資を検討している金融機関や投資家の方、SDGsに携わる方、そしてFintechやブロックチェーンなどデジタル革命(DX)に携わる方は、ぜひご覧ください。

 

目次

紹介書籍:Adaptive Markets 適応的市場仮説: 危機の時代の金融常識
●効率的市場仮説 vs 適応的市場仮説
●一般投資家にも刷り込まれてきた効率的市場主義
●適応的市場仮説に従い、今の時流を読み解く
●海外有力メディアのデジタルトレンド情報をかき集めた「デジタルトレンド2021」刊行!

 

紹介書籍:Adaptive Markets 適応的市場仮説: 危機の時代の金融常識

画像2Adaptive Markets 適応的市場仮説: 危機の時代の金融常識 (東洋経済新報社/アンドリュー・W. ロー (著), 望月 衛 (翻訳), 千葉 敏生 (翻訳)

 

●効率的市場仮説 vs 適応的市場仮説

金融市場や人間の行動を考えるうえにおいて、現在主流である考え方を効率的市場仮説と定義。この考え方は、物体の集まりが不変の運動法則によって動いているという物理学的視点や解釈の上になりたっていると指摘。(書籍一部抜粋)

一方の適応的市場仮説は、合理性に基づく経済分析の物理学のような原則ではなくむしろ、生物学的視点でみるべきだという考え方。生きてる組織の個体群が生存を賭けて競い合っているのであり、進化の原則・競争・革新・繁殖の方が金融業界の内部構造を理解するにはずっと役に立つという。(書籍一部抜粋)

確かに、“アクティブファンド運用成果は、インデックスファンドに及ばない”と学界では長く知られていて、1975年にバンガードバンガード・グループによって、初のインデックスファンドが設定され大ヒットしました。それ以降、金融工学という名の下で統計学や金融工学のような物理学的視点、投資効率の最大化が主役となっています。企業の評価指標でROEを最重視し、また配当金による投資家へのリターンを重視してきた、まさに効率的市場主義といえます。

 

●一般投資家にも刷り込まれてきた効率的市場主義

また書籍では、物理学的視点や効率的市場主義は一般投資家にも刷り込まれてきたと指摘しています。確かにそのとおりです。

●原則1 : リスクとリターンのトレードオフ
あらゆる金融投資にはリスクとリターンの間に正の関係がある。 ハイリスクはハイリターンであり、その逆もしかり。

●原則2 : 資本資産価格モデル(CAPM)
縦軸にリスク、横軸にリターンを取ってグラフ化すれば必ず直線になる。

●原則3 : ポートフォリオの最適化とパッシブ投資
CAPMから得られる統計的推定を使えば、分散投資、買い建てがベスト。

●原則4 : 資産配分
幅広い資産クラスにいくらずつ投資するかを決める方が個々の銘柄選びよりも重要。

●原則5 : 株式の長期保有
投資家は株式の長期保有をメインにすべきである。(書籍一部抜粋)

アンドリュー・W・ロー教授はいいます。

そんなに頭が良いのに、そんなに金持ちじゃないのはどうしてだ?
そんなに金持ちなのに、そんなに頭が悪いのはどうしてだ? と。

市場価格は必ずしも入手可能な情報を全て反映しているわけではない。時としてパニック売りを引き起こす一方で、思惑のもと、合理的な価格から乖離もする。それは欲といった感情に基づく生物学的反応。つまり物理的(効率的市場仮説)ではなく生物的(適応的市場仮説)だというわけです。

 

●適応的市場仮説に従い、今の時流を読み解く

この考えは、As-Is(現在)の特定金融商品や金融市場でも単発的におきているのは事実ですね。でもこれはToBe(未来)へと大きな変化をもたらし始めていると私は感じるのです。金融市場や経済を生物学として捉えると、地球温暖化やコロナショックなどの大きな社会問題に立ち向かう姿も、生物の適応性にのっとった行動といえないでしょうか。

SDGsやESGはまさに適応的市場主義的な行動だといえますね。

既に、いくつかの機関投資家は、
・企業に配当金を求めず、事業継続・従業員保護に資金を回すよう意見表明
・ネガティブスクリーニングでブラウンエネルギー企業を排除
をはじめています。

また、環境問題先進国では、
・金融機関・政府・慈善団体・一般投資家が資金を分担し拠出、リスクもリターンも分散化されたブレンディッドファイナンスが伸びている
・(効率的市場主義では論外な)ハイリスク・ローリターン、時としてノーリターンな投資も活況化
・特に、ESG貢献のクラウドレンディング・ファンディングが(ハイリスク・ローリターンであれ)販売と同時に瞬間蒸発
という事態となっています。

大気中の CO2を液体化し地中深くに埋めることや、炭素税や排出量取引といった市場活用が検討されていますが、どの策を採用しようとも莫大な資金とハイリスクの許容が必要になります。革新的な技術による解決策を、金融は資金面で支えることができ、デジタルはその実現に向けた有効なツールのひとつとなります。

適応的市場仮説に従うならば、SDGsやESGは、一過性のトレンドで収まるものではなく、人類が生存をかけ適応している姿だといえますね。

そして適応的市場仮説はまだ始まったばかり。第十二章で可能性としてあげるキャンサー・ケア・ファンド(癌根治ファンド)の考えは、まさに金融未踏の地。適応的市場仮説に金融の新しい可能性を感じます。

効率的市場主義から、適応的市場主義へ。

大きな社会問題に立ち向かうにはかつてない水準の協同と集合知が必要です。集合知の形成を後押しするものとしてはAI化などのデジタル化であり、集合知の形成を資金に変える金融はこれまで以上に重要な手段といえるのではないでしょうか。

そんなことを感じた良書です。

 


 

●海外有力メディアのデジタルトレンド情報をかき集めた「デジタルトレンド2021」刊行!

デジタル領域は日々進化変貌を遂げ、コロナショックでその実現速度は一気に加速してきました。
また、技術的なトレンドだけではなく、コロナショックやDXやSDGsなどは経営者の考え方にも変化を与えています。

その潮流を見据え、今回のデジタルトレンド2021では、
「経営視点編」と「技術視点編」「個別業種編」の三部構成にしました。ぜひご覧あれ!

レポートを解説した動画セミナーを視聴したい方はこちら(レポートデータも一緒にお送りします)>

レポートのみ欲しいという方はこちら>

※恐れ入りますが、Web制作会社、広告代理店、システムインテグレーション等のパートナー企業とフリーランスなどの同業他社の方のお申し込みはご遠慮いただいております。

 

 


 

デジタル領域でお悩みあれば一度ブレスト(無料)してみませんか?
担当:数藤雅紀/ご連絡はこちらから

以下の対象領域に関する情報収集やコンセプト作り、事業設計などご相談いただけます。ぜひご連絡ください。

メンバーズのDX推進支援推進支援

関連記事

DX視点で読む”シリーズ と DXプランナーの呼吸法”シリーズ ”

【視聴無料】渋沢栄一翁の名言から学ぶアフターコロナ戦略

デジタル改革・IT大臣に就任、平井卓也氏のデジタル政策方針をインサイト!

 

 

コラム執筆

デジタルトレンドラボロゴマーク

デジタルトレンドラボ

社内の有志が集まり、デジタル業界のトレンド調査を行い、社内外に情報発信しています。
【視聴無料】デジタルトレンドラボがまとめた動画で学ぶ/デジタルトレンドセミナー2021

数藤 雅紀

数藤 雅紀(すとうまさのり)

シニアプロデューサー兼戦略プランナー、デジタルトレンドラボ所長

大手證券、世界大手調査会社を経てメンバーズ入社。戦略プランナーとして、上場企業・グローバル外資企業などの大手企業のデジタル戦略・施策を支援。ネット選挙や新規事業系支援などの先鋭的案件も得意。阿波踊りとフルマラソンを愛する左利きB型。