members

members

DXプランナーの呼吸法:“限界費用ゼロ社会” byジェレミーリフキン 

Tweet

実は・・・私、年末頃から無性に焦燥感に囚われていました。
デジタル革命の表層的なことしか理解できていない自分がいること。
デジタルやマーケティングという視点・視野・視座では事足らないであろうことを。

ラニーニャ/エルニーニョを知らずして、気候を語るなかれ。
プレート・テクトニクスを知らずして、地質を語るなかれ。
産業革命を知らずして、近代資本経済を語るなかれ。
例えるならば、そんな感じです。

一度立ち止まり、デジタル革命を経済パラダイムの大転換という高い視座で捉えてみようと経済書籍を読み漁ってみました。経済学の世界も大激震が起きているようで、野心的な論説もでていて驚愕!

その中で注目の書籍と、その論説に対する私なりの解釈を紹介してみたいと思います。

 

目次

紹介書籍:限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭
●ポイント1:限界費用とは
●ポイント2:限界費用がデジタル化によりゼロに近づく
●ポイント3:限界費用ゼロは「所有から共有」を意味する
●ポイント4:「所有から共有」への変化は精神意識の変化へ
●最後に
●海外有力メディアのデジタルトレンド情報をかき集めた「デジタルトレンド2021」刊行!

 

紹介書籍:限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭

画像1

限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭(NHK出版/ジェレミー・リフキン (著), 柴田裕之 (翻訳))

こちらの本は2015年に発売された経済書籍です。一読された方もいらっしゃるでしょうか?

何故このタイミングで2015年の本!?という方も多いことでしょう。
ところが、これが今読み返すととても面白いのです。
書籍内で指摘されている潮流が現実化・加速化してきており、再読の価値大です。要所と私なりの解釈を書いてみます。

 

●ポイント1:限界費用とは

書籍のタイトルにもなっている「限界費用」。

限界費用とは、生産量を最小の1単位だけ増加させる時の総費用の増加分です。例えばパン工場でパンを一個追加生産する際には、その分の素材代+光熱量がかかります。これが限界費用です。

 

●ポイント2:限界費用がデジタル化によりゼロに近づく

デジタル化は、商品・サービスの限界費用をゼロに近づけていきます。ASPやクラウドサービスなども、従来のシステム開発構築に比べて極めて廉価に使えていますよね。
Webサービスやスマホのアプリケーションに至っては、ただダウンロードするだけ。これらの限界費用は、ぼほぼゼロといえます。自社保有からカーシェアへ、CDからSpotifyへ・・・どれも生産量(≒使用)を最小の1単位だけ増加させる時の総費用の増加分はゼロに近づいています。

 

●ポイント3:限界費用ゼロは「所有から共有」を意味する

限界費用がゼロに近づいた社会では所有の概念が希薄化すると、リフキンは提唱しています。
所有は近代を成立させた重要な概念のひとつです。17世紀にジョンロックが所有権を定義したことで私有財産が自然権に由来する権利として保障され、後の資本主義社会の理論的な礎が築かれました。
所有の概念が資本主義社会を根底で支えていることは、共産主義のマルクスや無政府主義のプルードンも指摘しており、故に資本主義と社会主義の対立の根拠ともなっていました。
所有に支えられた資本主義は、大量生産大量消費を招き、製造増=付加価値増はGDPを増やすことにつながってきました。

 

●ポイント4:「所有から共有」への変化は精神意識の変化へ

所有を前提とした資本主義が後退し、共有型経済が主流になるにしたがって、人々は共有をスムーズに推進するための精神性を獲得します。資本主義の消費と所有の欲望に駆動された精神から、他者との共有すること≒つまりの共感が重視されるようになります。
共感はさらに精神的発展をもたらし、人間だけでなく動物や自然環境に対する共有へと広がります。それにより動物や自然環境に対する責任意識を育み、地球全体の生物圏へと意識が昇華します。

 

●最後に

平成の30年間で、一番大きく変わったことといえば、「若者がモノを買わなくなった」ことともいわれています。経済的理由もありますが、それだけでは近年の若い世代の間でエコロジー意識が高い理由に結びつきません。

所有から共有さらに共感へと広がった精神性が、エコロジー意識の向上につながり、SDGsやESGの考えに合流していっているといえるかもしれません。

そう考えると、デジタル業界の我々は、人間精神に影響を与え時代の潮流を変えている立役者ともいえますね。

IoT、AI/ML、ブロックチェーン、Fintechを始めとするX-Tech・・・・
デジタイゼーション(Digitization)とデジタライゼーション(Digitalization)・・・

DX時代の今、さまざまな言葉が飛び交って、みな日々のタスクに追われていますが、この限界費用ゼロ社会においては、自社利己主義に走らず、共有・共感、エコロジー意識が大切であることに気づかされる一冊です。

 

 


 

●海外有力メディアのデジタルトレンド情報をかき集めた「デジタルトレンド2021」刊行!

デジタル領域は日々進化変貌を遂げ、コロナショックでその実現速度は一気に加速してきました。
また、技術的なトレンドだけではなく、コロナショックやDXやSDGsなどは経営者の考え方にも変化を与えています。

その潮流を見据え、今回のデジタルトレンド2021では、
「経営視点編」と「技術視点編」「個別業種編」の三部構成にしました。ぜひご覧あれ!

レポートを解説した動画セミナーを視聴したい方はこちら(レポートデータも一緒にお送りします)>

レポートのみ欲しいという方はこちら>

※恐れ入りますが、Web制作会社、広告代理店、システムインテグレーション等のパートナー企業とフリーランスなどの同業他社の方のお申し込みはご遠慮いただいております。

 

 


 

デジタル領域でお悩みあれば一度ブレスト(無料)してみませんか?
担当:数藤雅紀/ご連絡はこちらから

以下の対象領域に関する情報収集やコンセプト作り、事業設計などご相談いただけます。ぜひご連絡ください。

メンバーズのDX推進支援推進支援

関連記事

”DX視点で読む” シリーズ と ”DXプランナーの呼吸法” シリーズ

【視聴無料】渋沢栄一翁の名言から学ぶアフターコロナ戦略

デジタル改革・IT大臣に就任、平井卓也氏のデジタル政策方針をインサイト!

 

 

コラム執筆

デジタルトレンドラボロゴマーク

デジタルトレンドラボ

社内の有志が集まり、デジタル業界のトレンド調査を行い、社内外に情報発信しています。
【視聴無料】デジタルトレンドラボがまとめた動画で学ぶ/デジタルトレンドセミナー2021

数藤 雅紀

数藤 雅紀(すとうまさのり)

シニアプロデューサー兼戦略プランナー、デジタルトレンドラボ所長

大手證券、世界大手調査会社を経てメンバーズ入社。戦略プランナーとして、上場企業・グローバル外資企業などの大手企業のデジタル戦略・施策を支援。ネット選挙や新規事業系支援などの先鋭的案件も得意。阿波踊りとフルマラソンを愛する左利きB型。