members

members

DX視点で読み解く:東証システム障害

Tweet

10月2日の新聞、株式欄が真っ白です。初めて見ました・・・・
ご存知のとおり、2020年10月1日に東証にトラブル発生。終日売買停止になりましたね。

これを他山の石として、DX視点で捉えるとなにが学べるか考えてみましょう。

目次
東証システム障害全体像
DX視点で捉える:よくある意見への考察
DX視点で捉える:他山の石と捉える
●視点1:ボトルネックを捕らえよ
●視点2:サプライチェーンを再検討せよ
●視点3:スピードを重視せよ!
●視点4:エンゲージメントこそすべて!
まとめ
ご提案:ちょいと早めの来期予算検討

 

東証システム障害全体像

●東証トラブル経緯

07:04 システム障害検知
08:01 証券各社に障害連絡
08:39 全銘柄売買停止を発表
08:54 東証と証券会社の接続遮断
16:30 東証社長謝罪会見
19:25 翌10月2日は通常通りに売買を行うと発表

●東証トラブル原因

DISKエラー&バックアップ切替不調。
・08:00-08:30で各証券会社から注文データが東証に届く(=注文受付済)
・この状態で、ハード取替後システムをリブートすると注文消失。(=データ回復不可)

●影響範囲

・株式注文受付済の取消&連絡
・投信基準価格の決定(※投信買い付けは月初多い)
・IPO3社 実質延期
・約定後の受け渡し処理 T+3
・貸株料、プレミアム料などの取扱検討

・企業は、資金繰り再検討


・日本金融界への不信

 

現場での張り詰めた空気、経営層の苦渋の選択、証券会社の個別応対、投資家の後処理・・・
昔証券会社のシステムに携わり、東証システム接続も経験しただけに・・・想像するだけで身の毛もよだちます。
あー、胃がキリキリしてきます・・・

いや、そうじゃない。
他山の石として捉え、この東証障害からDX視点でなにが学べるかでしたよね、失礼。

 

DX視点で捉える:よくある意見への考察

ではまず、よくある意見に対して考察してみます。
意見1: クラウドにすればいい!
意見2: ブロックチェーンつかえばいい!

こういう話になると、クラウドにすりゃいいだろ!とか、ブロックチェーンにすりゃあいい!とか、思う方が必ずいらっしゃいます。

クラウドもオンプレミスもサーバーを並べて、あらゆるものを冗長化するのは一緒です。クラウドはコスト面で優れていますが、ハイスペックな仕様を求めることはできません。

東証の株式売買の基幹システム「アローヘッド」は富士通が設計・開発、2010年に稼働を開始し、2019年11月に新システムに刷新しています。その取引システムのスペックは、世界最高性能と謳われており、注文応答は0.2ミリ秒、情報配信(気配値等)0.5ミリ秒です。
https://www.jpx.co.jp/systems/equities-trading/01.html

これは、注文が何千件、何万件あっても、必ずその性能は担保するという意味で、とくに注文系については東証専用に富士通が独自開発した超高速処理サーバーが使われてます。

こんなにもハイスペックなものを、クラウドでは提供できませんし、ブロックチェーンでは更新速度の面で問題があります。そのため、オンプレミスが大前提となるのです。

 

DX視点で捉える:他山の石と捉える

「障害が起きないことを前提としたシステム設計が根本的に時代遅れだ」
この意見、間違ってはいません。けれどそれはシステム担当者の視点です。

「障害は必ず起きる。起きたとしても最小限の影響と速やかな回復を目指す」
これが、DX視点ではないでしょうか。一言でいえば、レジリエンス(粘り強く立ち直る力)の最大化を目指すという視点です。

この“レジリエンス”は、コロナ禍でも注目されているワードですね。企業はもちろん国もその重要性に着目し、Society5.0 (*1)でも取り上げれています。

*1 Society 5.0(ソサエティ5.0)とは、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)のことです。内閣府の「第5期科学技術基本計画」にて定義されています。

 

●視点1:ボトルネックを捕らえよ

今回の東証トラブルでは、①バックアップが機能しなかったこと、②注文受付データを消失せざるを得なかったことがポイントです。注文受付システムを独立させておけば回避できた可能性があります。

想定の障害範囲を広げ、想定外の問題を最小限にする・・・日々拡張するビジネスにおいて定期的な見直しをルーチン化する必要があります。

DXは、デジタル革命。従来のビジネスモデルとは異なる事象なので、発生するであろう障害の種類・範囲も大きく増えるはずです。あらゆる事象におけるボトルネックの把握と対策が必要となります。

 

●視点2:サプライチェーンを再検討せよ

東証の視座ではなく金融機関・投資家・国の視座で捉えると、東証の代用がない点が問題視されます。

日本では1998年に株式売買の取引所集中義務が撤廃され、PTS(私設取引システム)が解禁、一時期には7つのPTSが運営されていました。しかしその後撤退が相次ぎ、今や2つのPTSでのシェアは4.8%。東証のシェアは85%ですので、PTSでの流動性が乏しいこともあり代替機能になり得ませんでした。今後日本政府は、金融大国を目指す上で今回の東証リスクを“レジリエンス”するためにも、PTS育成にカジを切るかもしれません。

コロナ禍での企業も全く同じ。海外との貿易停止により、グローバル・サプライチェーンが大きく麻痺しています。これを反省材料とし、いま国内回帰による新たなサプライチェーンを検討している企業が増えています。

サプライチェーンの再構築と、有事の際にスムーズな切替ができる仕組みを構築する、そこにブロックチェーンやAI/MLなどのDX的要素を加える・・・やるべきことは山積みですね。

 

●視点3:スピードを重視せよ!

07:04 システム障害検知を捉え、08:39 全銘柄売買停止を発表。

これだけ早いタイミングで現場から経営層まで連絡が届き、経営層は意思決定し、国を含む関係者へ了承を得て、世間へ広報出来る・・・素晴らしいスピード感ではないでしょうか。

有事の際のプロセスが整っており、かつ、マネジメントチームが機能している証拠でしょうね。

さて・・・貴社で、果たして同じことができますか?

 

●視点4:エンゲージメントこそすべて!

信頼やブランドは、簡単にそして、一瞬で崩壊します。東証のスピード感も素晴らしいものでしたが、もうひとつ特筆できることは、その胆力。

「責任はベンダーである富士通ではなく、我々にある」という発言に、潔さと清々しさを感じたのは私だけでしょうか?

SNSの世界でも、非常に明快な会見で素晴らしいと、称賛の声があがっています。経営陣がこれほどシステムについて説明できる会見がかつてあったでしょうか。まさしく技術がわかる経営陣という感じで、世の経営者は模範にすべき会見だったと思います。

投資家も政府も世界の金融界もこの会見で、日本は大丈夫だと感じたでしょう。なによりも・・・富士通のエンジニア達は魂震えたはず。

気骨あるリーダーたる経営者がいる・・これだけで皆が安心しますね。

 

まとめ

「障害を恨んで人を憎まず。」

これはDXも全く同じ。デジタル革命を推進する上でいろいろな波乱はおきるでしょう。それを責任転嫁せず、胆力で進める・・・そんなリーダーがいて、ステークホルダーとのエンゲージメントが成立してないと・・・DXなんて夢のまた夢。

今回の東証障害で教えられたことは多かったですね。

最後に、ささやかですが・・・感謝の気持ちとともに。
東証の関係者の方へ、お疲れ様でした! みごとな対応でした!

 

ご提案:ちょいと早めの来期予算検討

そうそう、もうひとつ重要なことをお伝えします。
コロナ禍の影響を踏まえ、来年度(以降)の予算編成を抜本的に見直そうという企業が増えています。今年度は予算がなく応急処置的対処しかできなかったこと、または、ウィズコロナ・アフターコロナを見据え中長期的な計画とそれに必要な予算計画をしようという動きです。従来より数カ月早くからこの来年度予算に向けた事前調査・検討を開始しはじめている企業が散見されます。

今回のこの菅義偉官房長官の政策プランも、予算獲得に向けた状況証拠として使ってみるのもいいかもしれませんね。

DX視点で読み解く:次期首相最有力候補、菅義偉官房長官の政策プラン「自助・共助・公助、そして絆 〜地方から活力あふれる日本に!〜」

 

懸念事項あれば、いつでもご連絡ください、お待ちしています。

 

 


 

デジタル領域でお悩みあれば一度ブレスト(無料)してみませんか?
担当:数藤雅紀/ご連絡はこちらから

以下の対象領域に関する情報収集やコンセプト作り、事業設計などご相談いただけます。ぜひご連絡ください。

メンバーズのDX推進支援推進支援

関連記事

”DX視点で読む” シリーズ

【視聴無料】渋沢栄一翁の名言から学ぶアフターコロナ戦略

デジタル改革・IT大臣に就任、平井卓也氏のデジタル政策方針をインサイト!

 

 

コラム執筆

デジタルトレンドラボロゴマーク

デジタルトレンドラボ

社内の有志が集まり、デジタル業界のトレンド調査を行い、社内外に情報発信しています。
【視聴無料】デジタルトレンドラボがまとめた動画で学ぶ/デジタルトレンドセミナー2020

数藤 雅紀

数藤 雅紀(すとうまさのり)

シニアプロデューサー兼戦略プランナー、デジタルトレンドラボ所長

大手證券、世界大手調査会社を経てメンバーズ入社。戦略プランナーとして、上場企業・グローバル外資企業などの大手企業のデジタル戦略・施策を支援。ネット選挙や新規事業系支援などの先鋭的案件も得意。阿波踊りとフルマラソンを愛する左利きB型。