members

members

事例から分かる!マーケティングオートメーション(MA)で出来ること

Tweet

本コラムは、マーケティングオートメーションを導入したいとお考えのご担当者さまにむけて、MA活用により実現できることを3つの事例からご紹介します。

目次

1.マーケティングオートメーション(MA)とは
2.マーケティングオートメーション活用で期待できる効果
3.マーケティングオートメーションの成功事例

 

1.マーケティングオートメーション(MA)とは

メンバーズ社員が執筆した「マーケティングオートメーション スペシャリストになるための教科書」より、一部抜粋してご説明します。

 

(以下、書籍引用)

マーケティングオートメーション(MA)とは何か理解するために、言葉を「マーケティング」と「オートメーション」に分けて考えてみましょう。

「マーケティング」とは

事業会社が顧客の心理プロセスに即したマーケティング施策を考え、商品の認知や購買に繋げるための取り組みのすべてがマーケティングにあたります。このため売上増加目的のみではなく、店舗やコールセンターでの接客・応対において顧客目線に立ち最適な情報を提供することもマーケティングの領域と言えます。

 

「オートメーション」とは

次にオートメーションについてですが、「業務を自動化すること」です。マーケティング施策の実施においては、売上増加と業務効率化の2つの視点を考える必要があります。

売上増加を目的とした施策を考え、実行するにはコストがかかるため、いかにそのコストを圧縮するか、そしてその圧縮したコストに紐づく時間を有効活用するかという業務効率化も合わせて考える必要があります。

 

このように「マーケティング」と「オートメーション」それぞれの意味することを踏まえると、マーケティングオートメーションとは、「事業会社が会社の資本や利益の追求、また売上に貢献するような施策を顧客行動に合わせて自動的に実行する仕組み」となります。

引用元:マーケティングオートメーション スペシャリストになるための教科書

 

 

2.マーケティングオートメーション活用で期待できる効果

(以下、書籍引用)

部署ごとに行っていたマーケティング施策や業務を整理し、事業会社全体として1つの施策として設計することで、顧客属性・顧客行動に即した最適なタイミングで最適なメッセージを自動的に訴求できます。

部署ごとにそれぞれ施策を行うことは、事業会社、顧客双方にとっても不利益が生じます。事業会社にとっては、類似した業務が重複し業務効率が下がること、顧客にとっては必要としていない情報を必要としていないタイミングで何度も受け取ってしまうことにより、事業会社に対して悪い印象を持たれてしまうかもしれません。

これに対しマーケティングオートメーションを用いれば、顧客に最適なタイミングで商品・サービスを訴求し、かつ事業会社における業務効率化も併せて行うことができ、事業会社、顧客双方にとってメリットがあります。

引用元:マーケティングオートメーション スペシャリストになるための教科書

 

 

3.マーケティングオートメーションの成功事例

MAを導入する前に考えておきたいのが、「何を実現したいのか」ということです。既にMAを導入・運用している企業事例からMAで実現したいことをイメージしてみましょう。

 

①メール等のオンラインのみではなく、多くのチャネルを連携してアプローチしたい!

さまざまなチャネルを連携することで、オフラインチャネルで得たお客さまの行動データをMAに流し、オンラインチャネルでのフォローができます。逆に、オンラインチャネルでフォローしたお客さまに対して、実店舗にてフォローするといったことも実現可能です。

 新生銀行さまの例>MAをオムニチャネルで使うことを前提とし、オフラインチャネルを含めた多くのチャネルを連携しています。

 また、MA単体ではなく、その裏側にあるお客さまのデータ基盤としてCRMを主軸としています。さらに、BIツールも連携させることで数字を見える化しているそうです。

業種:金融
導入までの時間:約2年
運用期間:半年
ツール:MarketingCloud
体制:9名(ベンダー含む)

※内容はセミナーへ登壇いただいた2019年8月時点のものです。

 

②顧客行動に合わせたタイムリーなアプローチがしたい!

ジェーシービーさまの例>お客さまの行動に合わせて親和性の高いコンテンツを提供するため、オンプレミスでMAを構築されています。

MA導入前は、行動を検知したアプローチに約2ヶ月かかっていたのに対して、MA導入後はシナリオをセットしておけば、リアルタイムにお客さまの行動を検知して、様々なツールでアプローチが出来るようになっているそうです。

業種:金融
導入までの時間:約4年(構想約2年・開発約2年)
運用期間:約1年
ツール:オンプレミス
体制:10名

※内容はセミナーへ登壇いただいた2019年8月時点のものです。

 

③既存業務の効率化をはかりたい!

SMBC信託銀行さまの例>メール配信を行っていた既存のツールからの切り替えで、下記のようなチャネル対応・機能やスペックのあるMAツールを導入しています。

かつては数時間かかっていたメール配信作業が即時にできるようになり、業務の効率化につながったそうです。

業種:金融
導入までの時間:ー
運用期間:約1年
ツール:MarketingCloud
体制:1.8名(ベンダー含む)

※内容はセミナーへ登壇いただいた2019年8月時点のものです。

 

新生銀行さま・ジェーシービーさま・SMBC信託銀行さま登壇セミナー「MAの黒字化を考える」のレポートでは、上記事例の詳細を紹介しております。


セミナーレポートはこちら

 

 

メンバーズでは、マーケティングオートメーション活用支援を行っています。ご興味のある方はお問い合わせください。

マーケティングオートメーション(MA)に関するサービス詳細はこちら

・サービスに関するお問い合わせはこちら

 

 

当社社員が執筆した書籍「マーケティングオートメーション スペシャリストになるための教科書」が発売されました!

この度、企業のマーケティングオートメーション導入・運用支援を行う当社社員による書籍が2020年8月13日に発売されました。

マーケティングオートメーションを学ぶ人に向けて、基本事項から丁寧に、図版も多用して解説した「教科書」となっております!

 

こちらのコラムより、書籍の中身を一部公開していますので、ぜひご覧ください。

マーケティングオートメーション スペシャリストになるための教科書

 

他にもマーケティングオートメーションに関するコンテンツを用意しております。

いずれも無料でご覧いただけますので、ぜひご活用ください。

 

<動画セミナー>

【視聴無料】マーケティングオートメーション初級講座

導入や運用時に抑えておくべきポイントをまとめた下記の4点セットをご覧いただける初級講座です。

・動画セミナー:「データ連携によるMAシナリオ活用」(視聴時間:15分)

・資料①:大企業のMA活用講座

・資料②:なぜ、マーケティングオートメーションは、運用フェーズでつまずくのか。

・資料③:MAの黒字化を考える~新生銀行・SMBC信託銀行・JCBパネルディスカッション~

 

<資料ダウンロード>個別の資料ダウンロードもいただけます。

大企業のMA活用講座

MAツールを導入しただけではビジネス成果につながるマーケティング活用までの道のりは遠く、あるべきツール活用に関してお悩みの声も耳にします。なぜ大企業のMAツール活用は上手くいかないのか、具体的な事例と活用のポイントをご紹介します。

 

なぜ、マーケティングオートメーションは、運用フェーズでつまずくのか。

他社とは一線を画す、マーケティングオートメーションの運用を最適化する「運用のメンバーズ」ならではのMA運用を成功に導く確かな方法論と運用業務メソッドについて、某大手金融機関での実践事例に基づき、導入時に抑えておくべきポイントや運用業務の秘密に迫ります。

 

<セミナーレポート>

【セミナーレポート】MAの黒字化を考える ~新生銀行・SMBC信託銀行・JCBパネルディスカッション~ #01

既にMAを導入する3社が、実際にどのようにMAを活用しているかを語り合うパネルディスカッションのセミナーレポートです。

▼セミナー資料もダウンロードいただけます

MAの黒字化を考える~新生銀行・SMBC信託銀行・JCBパネルディスカッション~

 

【セミナーレポート】MA(マーケティングオートメーション)の落とし穴から見えるMAの正しい使い方、考え方

メンバーズのマーケティング・コンサルタントが、MA導入~運用で陥りやすい落とし穴と、それらを理解した上でどのようにMAを使っていくべきか、リアルな現場体験談を交えながら解説したセミナーのレポートです。

 

■コラム執筆■
鈴木 萌果
2015年入社。ソーシャルメディア運用・広告ディレクション業務を経験し、現在はEMC推進室 広報・マーケティンググループに所属。メンバーズのサービス・取り組みを伝えるべく、ライティングスキルを磨き中!

カテゴリ: MA
2020年09月04日