members

members

「脱炭素社会への移行をビジネス視点で進める」 日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP):Social Good な企業とその取り組み(団体編) #45

Tweet

脱炭素社会への転換をビジネスの視点から取り組む、日本独自の企業グループ 日本気候リーダーズ・パートナーシップ(以下、JCLP)今回は、事務局の方々に、RE100や再エネ100宣言 RE Actionの取り組みを中心にインタビューの機会を頂きました。

  • JCLPは、ビジネスの立場から、2050年ネットゼロ達成に向け、脱炭素社会への実現を目指す。
  • 需要家、供給家双方が集まり、脱炭素化に向けた企業にとっての重要動向を把握のうえ、実践に向けた協働、民間では対応できない課題を政府に伝える活動を行う。
  • 電力需要家が企業グループとして集結し、そのニーズや意思を発電事業者や日本政府に伝える。
  • 脱炭素社会に向け、備え行動することは、市場での競争優位性の確保につながる。

テキスト

<インタビューにご協力頂いた方々> 

公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)  日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)

小野 麻夕子 様、奥谷 泉 様

<日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)とは>

脱炭素社会の実現には産業界が健全な危機感を持ち、積極的な行動を開始すべきであるという認識の下、2009 年に日本独自の企業グループとして設立。幅広い業界から日本を代表する企業を含む 143 社が加盟(2020 年 7月現在)。加盟企業の売上合計は約117.8兆円、総電力消費量は約 48.2Twh(海外を含む参考値・概算値)。脱炭素社会の実現に向け、横浜市との包括連携協定の締結や、国際非営利組織 The Climate Group のローカルパートナーとして RE100、EV100、EP100 の普及窓口を務めるなど、自治体や海外機関との連携も進める。

URL: http://www.japan-clp.jp/

 

●はじめに、JCLPの概要や設立の経緯をご紹介下さい。

JCLPは、ビジネスを通して、脱炭素社会の実現を目指す企業グループです。理念だけではなく、気候変動対策を通して、企業様の事業活動にも活かして頂くことを支援しています。具体的なゴールは、パリ協定の目標(産業革命以降の気温上昇を2度(1.5度)未満に抑える)であり、それを達成する上で、企業の立場から後押ししています。また、そのような環境の変化に企業が備えるうえで、企業自身そして自社事業の脱炭素化を支援しています。

設立の経緯は、イギリスの気候変動に関する企業リーダーグループ(以下、CLG:The Prince of Wales’s Corporate Leaders Group)の支援をしているチャールズ皇太子が2008年に来日した際に日本企業と対話する機会があり、日本でも同様の企業グループを2009年に設立したのが、JCLPです。

以前は英国でも気候変動対策に産業界が反対する中、先進企業群としてCLGが支持を表明し、産業界の姿勢変更を促したことで英国の気候変動法施行の後押しの役割も果たしたと聞いています。気候変動法とは、世界に先駆けて、2008年に制定された、温室効果ガスの排出を2050年に少なくとも80%削減するという、長期的な目標を設定をしています。企業の姿勢が変わることは、社会を変える上ではとても重要になりますので、JCLPでも英国の企業グループを、企業の立場からの脱炭素化を後押しし、政策に影響を与える役割においてモデルとしています。

 

●英国は以前より、環境対策に積極的に取組むイメージがありましたが、2000年前半はネガティブだったんですね。

CLGの活動が後押しとなり、産業界の姿勢が変化し、法制度の整備まで進んだと聞いています。

また、企業資産の考え方もパリ協定により変わりました。パリ協定の目標である、気温上昇を2℃未満 (1.5度)以内に抑えるためには、今後排出できるCO2の量も上限が設けられます。これを炭素予算、カーボンバジェットと呼んでいますが、目標を達成するためには、上限を超えるCO2は排出出来ないということです。つまり、CO2を大量に排出してしまう化石燃料を資産として持っていても、炭素予算を踏まえると実際には使うことが出来ない、座礁資産となってしまいます。

気候変動対策の観点から、化石燃料の価値が減少していく中、実際以上に価値がある様に評価されてしまうことは、金融の安定性に影響を及ぼすとして投資家も注目するようになりました。金融セクターとして、投資先における気候関連のリスクと機会を理解する必要があるとして、国連金融安定理事会(FSB)によりTCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures:気候関連財務情報開示タスクフォース)が設立され、気候変動に関する企業対応の情報開示がグローバルで進むことになります。

すなわち、投資家の視点からも、企業は気候変動への対策が求められています。CO2を排出しない社会への変わっていくうえで企業自身も自社の商品やサービスを変え、備える必要があるということです。早めに備え対応することは、リスク対応だけではなく、市場での競争優位性の確保につながります。JCLPは会員企業にいち早い気候変動関連の動向をお伝えすることで、企業として早めに備えるお手伝いしています。

 

●JCLPのWebサイトを見ると、企業グループというキーワードが強調されています。企業グループとして連携する重要性を教えて下さい。

企業が脱炭素化を進めていく中で個社では解決できない課題について、企業間で情報交換や連携することで対策を検討できる環境があります。脱炭素化の実践に本気で取り組んでいる企業が集まることで共通の課題へ対応するアイディアがうまれることがあります。その最近の例が、コーポレートPPA(Corporate Power Purchase Agreement:電力需要家が、発電事業者と直接、長期の電力購入契約を結ぶこと)プロジェクトのように新たな再エネ調達のあり方を検討する取り組みです。また、民間の活動だけでは解決しない課題については政策関与活動を行っています。

JCLPには、供給者側の事業者も参加していますが、特徴の一つは、需要家の結集、つまり、需要家が一つになって、供給者側にそのニーズや要望を伝えることが出来ることです。

日本は、再エネ調達が難しい国の一つとして挙げられています。企業が一体となって、政府に対して、政策提言をすることは重要です。RE100を宣言しても、再エネの価格が高かったり、規制等の影響で必要とする量の再エネの調達が出来ないのが現状の課題です。こうした事は、一社で取り組むよりも、グループで一緒に声を上げようということです。

RE100に参加することは、2050年までに再エネ100%を目指すこととなりますが、まずは、声を上げ、宣言すること、そして、社会を変える努力をするための政策提言はとても重要です。

テキスト

●政策提言によるこれまでの成果は如何ですか?

昨年の11月に、電力送電の際に、発電者に対して料金を一律課金するという法案の検討がされていました。需要家の立場から、一部の再エネ価格が上がってしまう懸念もあり、JCLPとして、需要家への影響に配慮した対応を求める意見書を公表し、経済産業省への提出を行いました。

経産省としても、これまでは、発電事業者側、つまり、供給者から意見をきく機会は多かったものの、企業グループとして需要家の立場からの意見を受ける機会がこれまであまりなかったとして、一定の反響があり、また、様々なアクターが声をあげたことから、需要家への影響にも配慮した検討を行う流れになっています。

また、国内のCO2排出削減目標の引上げを求める意見を各省庁の大臣に提出し、将来の再エネ比率を上げること、そして、CO2削減は、需要家の意思でもあることを発信しています。

 

●事業を通して、脱炭素化の具体的な成果を教えて頂けますか?

気候変動において、企業として一歩先に備えた対応を進めるうえで経営層や社内での理解浸透に繋がる重要動向をお伝えし、実際に自社による脱炭素化の宣言や実践を進めるうえで支援に繋がる仕組みを提供しています。

重要な動向については海外視察や専門家との直接の対話の機会を通じて、世界の動きを肌で感じ、脱炭素化が重視されている文脈をより深くご理解いただくことで企業として備えるうえでの重要なポイントを把握していただくお手伝いをしています。

実践のご支援としてはRE100を進める上で、再エネの調達等、悩んでいる企業様のサポートを行っています。最近では、脱炭素コンソーシアムという、オンラインのデジタル・プラットフォームを整備しています。プラットフォームでは、供給側と需要家とのマッチング機能により、必要となるソリューションを提供しようとしています。

また、これまで再エネの開発は、固定価格買取制度(FIT制度)に頼っていたのが現状です。しかし、需要家である企業からは、価格や直接的な調達のし易さの面から、不十分であると言えます。解決策はいくつかありますが、その中で、コーポレートPPAの取り組みがあります。コーポレートPPAも発電事業者、金融機関、需要家企業などのJCLP会員が連携して取り組むことで、その動きを促進させていきます。

 

●企業が取り組む再エネの調達方法やCO2の削減方法に関して、最近のトレンドがあれば教えて下さい。

まず企業が取り組むこととしては、多くの場合、使用する電力を削減する省エネが挙げられるでしょう。省エネにより使用量が効率化された電力を再エネに切り替えるうえで、大規模な土地や建物を保有する企業は、自社の敷地内に太陽光パネル等を設置し自家消費をしています。また、そういった土地や建物を持たない企業は、電力会社や小売り事業者から再エネメニューの電力を購入するケースが多いと思います。再エネではない電力を購入し、環境価値を付与する電力証書を購入するという方法もありますが、通常の電力料金に加え、追加コストが掛かります。

なお、電力証書を購入する際も、RE100では、調達電力が再エネ由来であることをきちんと証明する必要があります。しかし、電力源の明示がされていない電力証明書もありますのでこの点ご留意ください。

今後は、企業が求める電力量に応じた再エネの提供や、再エネ由来の電力であることを需要家が把握できる仕組み(トラッキング)が求められるでしょう。また、比較的小規模事業者である、再エネ100宣言 RE Action参加企業に対しては、環境省が提供する助成制度等を紹介しています。また、自社で使用する電力に加えて、、サプライチェーン(スコープ3)まで含めた再エネ化はまだそれほど進んでいませんが、Appleはサプライチェーンによるカーボンニュートラルを2030年までに達成する目標を発表しており、国内の需要家も今後求められていく取り組みとなっていくでしょう。

テキスト

●再エネ100%に取り組む上で、RE100、再エネ100宣言 RE Actonに参加する企業の課題はどの様な事が挙げられますか?

RE100や再エネ100宣言 RE Actionに参加はしたものの、具体的にどうしたら分からないという声を多く聞きます。目標は掲げたものの、その目標をどう達成すべきかということです。

課題の一つが、再エネ電源の価格が高いということが挙げられます。正確には、中小規模の電力需要家にとっては現行の電力と競争力のある価格に近づいてきていますが、使用量が多い大手企業等、大口顧客のニーズに合った価格帯にはまだ届いていない状況です。しかし、数年前と比較すると価格は下がってきており、最近では、送電線を経由しない自家消費の方法等、大手需要家の求める価格感に整合した調達方法も出てきています。

また、調達する再エネ電源の「追加性」も今後の課題として挙げられます。追加性とは、既にある再エネ電源を利用するのではなく、新たな電源の開発に繋がるかを考慮することです。特に外資系企業は、追加性の観点から、自社の取り組みが再エネの拡大にどう貢献できているのかを重視しています。海外のこうしたトレンドにより、今後日本企業も追加性が重視されることでしょう。

今国内で多く調達されている卒FIT電源(FIT制度を卒業した電源)は、現時点ですでに再エネとして発電している電源となりますが、脱炭素社会の実現には、卒FIT電源以外に、再エネ由来の電源を今後も増やしていくということです。

また、JCLPはRE100の地域パートナーを務めていることから、自社におけるRE100対応のご相談を受ける機会がありますが、RE100に対応していくうえでの社内の理解を課題として挙げる企業もいらっしゃいます。つまり、全社でRE100に取り組んでいるという環境を作ることの重要性が求められています。こうした、参加する企業の方々の課題を全体で共有し、悩み、解決する場、仲間を増やす場として活用して頂ければと思います。

 

●そうした役割を担うための企業連携であり、企業グループなんですね。

そういう事です。今は多くの企業がRE100等、脱炭素化に向けた宣言をし始めていますが、企業にとって、再エネ導入は課題はあるものの、環境が整いつつある過渡期であると考えています。数年前と比べると再エネ調達を取り巻く環境は大きく変化し、企業の皆さんが連携し声を挙げ続けることによって、さらに変化し、明るいゴールも見えてくるでしょう。

今、何が課題で、その課題をどう解決すればいいのか、JCLPとして、今後どの様な活動が求められるか、そうしたことを毎月開催する定例会や、勉強会等を通して、検討を進めています。

 

●定例会や勉強会の内容を教えて頂けますか?

国内外の有識者が講師となり、話を伺う機会等も積極的に設けています。例えば国内でTCFDの動きが広がる前に海外の機関投資家との対話やTCFD事務局による勉強会開催を実施しました。最近では海外のコーポレートPPAの事例を共有するための勉強会も、海外の企業グループの方をお招きして行っています。

また、正会員企業向けの定例会では、社内の取り組み等の公開情報からは入手できないお話もお聞かせ頂いています。参加企業の皆さんが、そうした機会を通して学び、切磋琢磨している状況です。

 

●企業自らの脱炭素化に向けた取り組みに関する情報発信は如何ですか?

国内でRE100を宣言している企業の約7割、また、SBT1.5度の認定を受けている企業の7割はJCLP会員です。このようにJCLPの会員企業は野心的な目標設定をされていることが特徴としてあげられます。さらに脱炭素化を実践する会員企業を増やすことを目指しましょうとの意見も出ています。

 

●最後に、2050年 脱炭素社会に向けた展望をお聞かせ下さい。

企業の立場から社会を変えることが、私たちの究極のゴールです。今後もより多くの企業がJCLPの会員となっていいただくことでJCLPの活動、発信力を大きなものとして、社会の変化を後押ししていきたいと思います。また、社会の変化を促すJCLPからの発信に説得力を持たせるうえで、脱炭素化を実践する企業を一社でも増やしたいと思います。そうした声や実践例を通して、今後も日本政府に社会を変えるための声を届け、2050年までにCO2排出ゼロを目指していきます。

また、JCLPが協議会メンバーを務める再エネ100宣言 RE Actionも国内の中小規模の事業者、教育機関、医療機関、自治体が参加する、RE100の国内版のような取り組みです。RE100の補完関係にあるかたちで国内の再エネ需要を広げていくことを目指していきます。こちらは、多くの自治体と協力し、電力の地産地消を進め、日本全体の中で再エネ調達ができる環境に繋げていければと思います。

 

 

Social Good な企業とその取り組み

Social Good な企業とその取り組み #44 :積水ハウス
Social Good な企業とその取り組み #43 :FINE
Social Good な企業とその取り組み #42 :自然電力
Social Good な企業とその取り組み #41 :みずほ銀行×アクセプト・インターナショナル
Social Good な企業とその取り組み #40 :IKEUCHI ORGANIC
Social Good な企業とその取り組み #39 :環境省
Social Good な企業とその取り組み #38 :東急ホテルズ
Social Good な企業とその取り組み #37 :横河電機
Social Good な企業とその取り組み #36 :デジタルグリッド
Social Good な企業とその取り組み #35 :大京
Social Good な企業とその取り組み #34 :LUSHジャパン
Social Good な企業とその取り組み #33 :東北大学 名誉教授
Social Good な企業とその取り組み #32 :楽天
Social Good な企業とその取り組み #31 :コモンズ投信
Social Good な企業とその取り組み #30:テーブルクロス
Social Good な企業とその取り組み #29:オリエンタルエアブリッジ
Social Good な企業とその取り組み  #28:スマートスキャン
Social Good な企業とその取り組み 自治体編 #27:壱岐市
Social Good な企業とその取り組み #25:イオンリテール × MSC(海洋管理協議会)
Social Good な企業とその取り組み #24:BIO HOTELS JAPAN
Social Good な企業とその取り組み #23:CAMPFIRE
Social Good な企業とその取り組み #22:オイシックス・ラ・大地
Social Good な企業とその取り組み #21:ボーダレス・ジャパン
Social Good な企業とその取り組み #20:日立製作所
Social Good な企業とその取り組み #19:ANA X
Social Good な企業とその取り組み #18:ファクトリエ
Social Good な企業とその取り組み #16:経済産業省
Social Good な企業とその取り組み #14:ネスレ日本
Social Good な企業とその取り組み #13:良品計画(ソーシャルグッド事業部)
Social Good な企業とその取り組み #11:セブン-イレブン・ジャパン
Social Good な企業とその取り組み #10:ギンザのサヱグサ
Social Good な企業とその取り組み #9:シチズン時計 × プラン・インターナショナル
Social Good な企業とその取り組み #8:クレディセゾン 神奈川支社
Social Good な企業とその取り組み #7(NGO編):WWFジャパン
Social Good な企業とその取り組み #6:キリンホールディングス
Social Good な企業とその取り組み #5:パタゴニア
Social Good な企業とその取り組み #4:大垣共立銀行
Social Good な企業とその取り組み #3:ヤマト運輸
Social Good な企業とその取り組み #2:アメリカン・エキスプレス
Social Good な企業とその取り組み #1:良品計画(「100の良いこと」「くらしの良品研究所」)

 

 

CSV企業戦略コンサルティングサービス

「意義あるよい事(Social Good)」を、企業・顧客・関係者との共創(エンゲージメント・マーケティング)により、マーケティング革新を起こし、社会課題の解決とビジネス目標の達成を実現します。

CSR企業戦略コンサルティング

関連情報

インタビュアー・テキスト

萩谷衞厚

萩谷衞厚

株式会社 メンバーズ
EF室 CSVデザイン
人間中心設計(HCD)スペシャリスト
日本マーケティング学会会員 サステナブル・マーケティング研究会 事務局
環境エンジニア2級

新卒入社の外資系コンピューター会社を経て、2000年より、コールセンター・CRMコンサルティング・ファーム 株式会社 テレフォニー(現 株式会社 TREE)に在籍。コールセンター構築や顧客戦略のコンサルティング業務に関わりながら、2007年以降は、環境映像Webメディア Green TV Japanの立上げ・運営に従事。メディア運営と併せて、経済産業省や環境省、文部科学省の環境に関連する政府広報や省庁プロジェクトに関わる。
前職の事業譲渡に伴い、2015年5月より、株式会社 メンバーズの100%子会社 株式会社 エンゲージメント・ファーストに在籍。Shared Value Agency®として、大手企業を中心に、様々なCSV推進プロジェクトに関わり、現在に至る。
茨城県日立市出身、人間中心設計(HCD)スペシャリスト、日本マーケティング学会会員、環境エンジニア2級
『UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン』(共著)

CSV担当者向け資料

CSV企業インタビュー冊子

CSV企業インタビュー冊子

【無料進呈】ファクトリエ/オイシックス・ラ・大地/ネスレ日本/セブン-イレブン・ジャパン/キリンホールディングス/良品計画/シチズン時計/クレディセゾン/ANA X/日立製作所ほか

資料ダウンロード