members

members

日本のデジタルイノベーションの起爆剤となり得るか? 今話題の「スーパーシティ」構想とは?

Tweet

「スーパーシティ」構想とは?「スマートシティ」との違いは?

「スーパーシティ」とは、AI(人工知能)やビックデータを活用し、自動運転やキャッシュレス、遠隔医療や遠隔教育など、生活全般をスマート化した
まるごと未来都市”を構築する構想です。国家戦略特区法の改正案が2020年5月27日に可決されたことにより、今後進展が加速すると見られています。

「スーパーシティ」とは、内閣府の発表によれば以下の3要素を満たす都市と定義されています。

  1. 「移動、物流、支払い、行政、医療・介護、教育、エネルギー・水、環境・ゴミ、防犯、防災・安全の10領域のうち少なくとも5領域以上をカバーし、生活全般にまたがること

  2. 2030年頃に実現される未来社会での生活を加速実現すること

  3. 住民が参画し、住民目線でより良い未来社会の実現がなされるようネットワークを最大限に利用すること

 

「スーパーシティ」の具体像:

出典:内閣府地方創生事務局 令和2年7月「スーパーシティ」構想について
出典:「スーパーシティ」構想について

 

近年よく耳にした「スマートシティ」との違いはなんでしょうか?「スマートシティ」は静岡県裾野市のトヨタ ウーブン・シティ、福島県会津若松市のスマートシティ会津若松などが代表的な例として取り上げられることがありますが、国土交通省によれば「都市の抱える諸課題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区」であると定義されています。

内閣府の「スーパーシティ」構想の実現に向けた最終報告書の中でスマートシティは、「エネルギー・交通などの個別分野での取組、個別の最先端技術の実証などにとどまっていた。」とされ、「スーパーシティ」はこれらとは次元が異なり、「まるごと未来都市を作る 」ことを目指すというコンセプトが示されています。
出典:「スーパーシティ」構想の実現に向けた有識者懇談会 「スーパーシティ」構想の実現に向けた有識者懇談会

両者の定義として共通する部分も一部あると思いますが、一番大きく異なるのは、「スーパーシティ」は住民が参画し、住民目線でより良い社会を創っていくという思想が含まれている点です。これは、第5期科学技術基本計画の中で示されるSociety5.0で目指す「人間中心の社会」の考えに基づいています。

参考:内閣府 Society 5.0

 

海外のスマートシティ事例

AIやビックデータ等の先進技術を活用し、社会の在り方を根本からかえる動きは国際的にも急速に進展していますが、「スーパーシティ」構想で掲げるような”まるごと未来都市”は中々実現していないのが実情です。以下は世界各国におけるスマートシティ事例です。

スペイン・バルセロナではWi-Fiを都市のICT共通基盤とすることで、駐車場の空き状況をセンサーで検知、Wi-Fi経由で提供することで渋滞緩和・市の駐車場収入増加を実現するスマートパーキングを実現。ミ収集箱の満杯/空き状況をセンサーで検知しWi-Fiにより提供することでタイムリーなゴミ収集を実現しています。

出典:内閣府地方創生事務局 令和2年7月「スーパーシティ」構想について

 

「スーパーシティ」を推進する上での重要な3つの視点

「スーパーシティ」構想についてはその構想自体が大きなものであることから、どのような都市を設計していくか、どのような社会に変わるかという内容が語られていることが多い印象を持ちますが、それをどのように継続的に運用していくか?という観点から語られているものはあまり多くありません。

メンバーズでは、デジタルトランスフォーメーション(DX)全般に運用サービスのニーズが広がりつつあることを鑑み、企業のDX関連の運用業務を中心としてサービスを提供しております。DX運用全般を支援する集団であるメンバーズが「スーパーシティ」を今後より強く推進していくにあたり、「運用」という軸に基づいた以下の3つの観点が特に重要だと考えています。

①UXデザイン

サービス提供者側(自治体・企業)の目線ではなく、「スーパーシティ」構想の定義にもあるように住民目線・人間中心社会に基づいた都市設計・サービス設計が肝要だと考えます。UXリサーチから設計、実装、ユーザー評価までのプロセスを一気通貫で行い、サービス・プロダクトを改善しながらアップデートしていく取り組みが重要です。

参考:メンバーズ UX デザイン

 

②効果検証・改善を目的としたデータ活用の設計

「スーパーシティ」構想における大きなテーマの1つとして、”ビックデータの活用”があげられますが、どのようなデータを収集し、収集したデータをどのように効果検証し、サービスの品質向上につなげていくかを十分に考慮したうえで、推進していくことが重要と考えます。そして、それを推進していくには、データエンジニアやデータサイエンティストといったデータ活用人材が不可欠となります。

参考:データ活用人材の提供

 

③TCO(Total Cost of Ownership)

Total Cost of Ownershipを意味するTCOとは、コンピューターシステム全体の総所有コストのことを指します。このコストには目に見えるコスト・目に見えないコストがありますが、最初の全体構想の段階では、初期費用に目がいくことが多く、システムリリース後の運用費については十分に検討されていないケースもあります。そのシステムを運営していくための設備費用だけではなく人件費についても最適化した上で、考慮していくことが重要です。メンバーズは、デジタル業務の運用コストを見直し、最適化した上でコスト削減を進めることも得意としています。

参考:運用高度化・業務改善プロジェクトの事例

 

「スーパーシティ」構想を実現するまで多くの課題が山積みと言われていますが、個人的にはどのような未来社会が実現していくのが非常に楽しみではあります。デジタル化の推進および地方創生にもつながる取り組みによって日本が良い社会に向かっていくのを期待すると共に、「スーパーシティ」の推進を行う企業の皆様のご支援も可能ですので、メンバーズまでご連絡をお待ちしています!

 

 

コラム執筆

デジタルトレンドラボロゴマーク

デジタルトレンドラボ

社内の有志が集まり、デジタル業界のトレンド調査を行い、社内外に情報発信しています。
【視聴無料】デジタルトレンドラボがまとめた動画で学ぶ/デジタルトレンドセミナー2020

瀬崎 正太郎(せざき しょうたろう)

2014年4月メンバーズに入社。メンバーズのEMC事業にて大手カード会社・大手金融機関のプロデューサーを担当し、現在はEMC推進室事業企画グループ所属。企業のデジタルマーケティングの運営支援を総合的に行い、ビジネス成果向上を目的とした専任チーム提供するエンゲージメント・マーケティングセンター(EMC)の事業企画を推進しています。