members

members

DX視点で読み解く:新経済連盟の政策意見「デジタル市場競争に係る中期展望レポート」

Tweet

2020年7月27日、「デジタル市場競争に係る中期展望レポート」がWeb公開されました。これは、内閣官房デジタル市場競争本部が意見募集を行ったことを受け、一般社団法人新経済連盟(代表理事:三木谷 浩史)がまとめた意見書です。本コラムでは、このレポートをDX視点で解決していきます。

 

本レポートは、全46頁に及ぶ結構な力作です。

デジタル市場でなにが起きているのか、なにがリスクなのかが体系的に整理されています。また、政令法令によりなにが整い、なにが不足しているのかも明らかにしています。デジタルに関する知見に自信がない方でも読める内容となっているので、やや冗長な部分はありますが、政策意見として読み応えがあります。

注目は、後半の『4.今後目指すべき方向性』です。
特に、「Trusted Web」は抑えるべきキーワードでしょうね。
それでは簡単に解説していきます。

現行のインターネットを「Web2.0」と捉え、その構造が抱える課題(P27)をあげています。
・プラットフォームが、 中央管理者として重要な存在に。
パーソナル・データを収集し、ユーザーの自らへのロックイン効果を高め、「一人勝ち」するメガプラットフォームとなった。
・メガプラットフォームによるプライバシー利活用に関する懸念・人々が触れる情報自体が偏っていく結果 (エコーチェンバー効果)、民主主義の基盤を揺るがすのではないかという懸念・社会全体からみて公益的な価値を持ち、知る権利に資する情報としてのビッグデータが囲い込まれてしまうという懸念が出てくる。

以上は課題のほんの一部。それでも納得できますね。

今後、インターネット構造が目指すべき方向性としては、中央集権型のデータのガバナンス構造ではなく、「データへのアクセスのコントロールを、それが本来帰属すべき個人・法人等が行い、データの活用から生じる価値をマネージできる仕組み」の構築(「データ・ガバナンス」のレイヤーの構築)を図っていくこと。そして、これにより「データ社会における「信頼」を再構築する」ことです。
これを「Trusted Web」と表現しています。

 

画像1

引用:デジタル市場競争に係る中期展望レポート

 

「Trusted Web」で想定される世界においては、「情報銀行」構想をさらに発展したコンセプトのようです。
・データへのアクセス等をプラットフォーム側がコントロールせず、個人が管理。そこから派生する分散型IDによって、コントロールすることができるような状態。
・データの活用を望む企業は、個人や法人にデータの活用を求め、データをコントロールする個人や法人は、当該企業を信頼できるものと考えれば、データへのアクセスを認める。
・データを活用しようとする企業は、データへのアクセスを認めるに足る信頼とそれをベースにした付加価値の提供を競っていく。

さらに、個人等がデータをコントロールすることに限界がある中で(認知限界) 、個人等の利益の最大化を図る上では、自律的な人工知能によるパーソナルAIエージェントの他、トレサビリティ、分散ストレージ、P2P取引、エッジ化、(デジタル)ガバナンスをもカバーするコンセプトとしてまとめられています。

 

画像2

引用:デジタル市場競争に係る中期展望レポート

 

IBMが初期メインフレーム時代を築き、次のパソコン時代でマイクロソフトが席巻し、GAFA、BATHに代表される現在のデジタル市場・・・次のまだ見ぬ新たな世界において、覇者も栄枯盛衰は免れないかもしれません。

Society5.0に紐づけてますが、「Trusted Web」はさらなる先を見ています。これからの注目キーワードです。

 

 

デジタル領域でお悩みあれば一度ブレスト(無料)してみませんか?
担当:数藤雅紀/ご連絡はこちらから

以下の対象領域に関する情報収集やコンセプト作り、事業設計などご相談いただけます。ぜひご連絡ください。

メンバーズのDX推進支援推進支援

関連記事

企業が陥りやすい!「なんちゃってデジタルトランスフォーメーション(DX)4選11種」

地球温暖化対策:全世界の電力をサハラ砂漠で一括発電できないのか?

【視聴無料】渋沢栄一翁の名言から学ぶアフターコロナ戦略

 

 

コラム執筆

デジタルトレンドラボロゴマーク

デジタルトレンドラボ

社内の有志が集まり、デジタル業界のトレンド調査を行い、社内外に情報発信しています。
【視聴無料】デジタルトレンドラボがまとめた動画で学ぶ/デジタルトレンドセミナー2020

数藤 雅紀

数藤 雅紀(すとうまさのり)

シニアプロデューサー兼戦略プランナー、デジタルトレンドラボ所長

大手證券、世界大手調査会社を経てメンバーズ入社。戦略プランナーとして、上場企業・グローバル外資企業などの大手企業のデジタル戦略・施策を支援。ネット選挙や新規事業系支援などの先鋭的案件も得意。阿波踊りとフルマラソンを愛する左利きB型。