members

members

YouTubeマスターへの道(プロフェッショナル編):アップロードによる細かい機能

Tweet

前回のYouTubeマスターへの道(アップロード編)もどうぞ
前回はアップロードについて説明しましたが、今回はアップロードに関するサブ機能について説明していきます。

(1)再生リストを作成しよう

再生リストを使うことで動画のカテゴリ分けをすることができます。
例えば、テレビCMや商品群によってカテゴリ分けをして、それぞれにまとめることができます。
再生リストを作成することで視聴したい動画へのスムーズな導線ができ、再生数アップにつながる可能性があります。

再生リストの作成方法

まず、YouTube Studioの動画タブを開きます。
※再生リストタブでも再生リストの作成は可能ですが、別タブでクリエイターツールページに遷移してしまうため、今回はYouTube Studioのみで完結する方法をご紹介します。
作成リストに入れたい動画をホバーし、ペンマークをクリック。

動画の編集画面になるので右下の再生リストをクリック。

すでに作成済みの再生リストがあった場合はリストで表示されます。
作成済みの再生リストがなかったり、新規に作成する場合は「再生リストを作成」をクリック。
再生リストの名前を入力し、作成をクリック。
※ここでの公開設定は再生リストの設定になるので非公開にしても動画は公開されたままになります。

設定したい再生リストに✔がついていれば「完了」をクリック。
※複数の再生リストに設定したい場合は設定したい再生リストの数だけ✔を入れる形です。
右上の「保存」をクリックすれば完了です。

(2)タグを追加しよう

タグを追加することで視聴者がタグと同じキーワードをYouTubeで検索したときに、検索結果に表示されやすくなります。
タグをつける際は、順番を考えましょう。最初につければつけるほど検索されやすくなるためです。ただし、そのキーワードが検索されることが大事なため、動画に適したもので、さらに視聴者が検索しそうなキーワードを意識してタグを追加することをおすすめします。
※タグをいくつ入れるのが最適かというページを良く見かけますが、現状YouTubeが正式に公表しているわけではなく、様々な意見があるため、たしかな情報はありません。
タグの数は気にせず、動画に関連性の高いタグを入れる形が良いと思います。

タグの追加方法

まず、YouTube Studioの動画タブを開きます。
タグを追加したい動画をホバーし、ペンマークをクリック。
画面下部にタグを入力する箇所があるので、そこにテキストを入力すると追加できます。
※動画のアップロード時にタグを追加するには「その他のオプション」をクリックすることでタグを入力する箇所が表示されます。
※タグを追加する際はあらかじめ、タグ用のテキストを作成しておくとスムーズに作業ができます。タグごとにカンマで区切ることで1つのタグとなります。
例:YouTube,ユーチューブ,動画,
といったテキストをコピー&ペーストすると「YouTube」「ユーチューブ」「動画」と3つのタグが入力されます。

(3)プレミア公開とは

プレミア公開機能は公開予約と似ていて公開日時を設定できますが、公開予約と違う点は公開の30分前から視聴者が動画ページに入り、チャットで交流できるということです。
ライブやトークイベントに近い感じですね。30分前に会場入りして始まったらファン同士で交流を楽しむ、その動画版といったほうがわかりやすいと思います。
外出自粛中の今にふさわしい機能ですね。
ライブ配信とも近いです。違いは、リアルタイムでの配信か否かとなります。
プレミア公開では、期待の高い商品やサービスを発表するなど、視聴者がその時間に見たいと思うような工夫が必要となります。
例:「新型iPhone発表 5G時代の到来」
などiPhoneのコアユーザーを中心に多くの視聴者を呼び込むことが予想できます。

プレミア公開方法

公開設定で「スケジュールを設定」を選びます。

「プレミア公開として設定する」に✔を入れるのみです。

(4)終了画面の設定方法

終了画面に関しては前回のYouTubeマスターへの道(アップロード編)でも少し触れましたが、動画のラスト20秒に設定することができる機能です。
最初に6つのテンプレートが用意してあるので、ここから選ぶと作りやすいかもしれません。
終了画面は下記の3種類のパターンから選択できます。

  • 1件の動画または再生リスト, 1件のチャンネル登録
  • 2件の動画または再生リスト
  • 2件の動画または再生リスト, 1件のチャンネル登録

また、それからさらに動画または再生リストやウェブサイトを入れることも可能です。
1度レイアウトを決めてさえいれば「動画からインポート」を使って同じレイアウトの終了画面を作成することができます。
設定できるもの
チャンネル登録・・・自身のアイコンを置き、チャンネル登録を促す。
動画・・・任意で動画を設定できる。
ウェブサイト・・・自社サイトへの流入を促す。

(5)その他オプション

「その他オプション」ではさらに動画の詳細な設定が可能です。
「言語、字幕」「撮影日と場所」「ライセンスと配信」「カテゴリ」「コメントと評価」をそれぞれ設定することができます。
これを設定することでより明確にターゲットに動画を届けることができます。

今回は動画の視聴率を上げられる可能性がある機能について説明しましたが、1番はやはり動画の内容なので、動画の質を上げていくことが大事と言えるでしょう。
次回は、事例を通して動画の質についてご紹介予定です。
YouTubeの機能に関する話は一旦ここまでですが、まだまだマスターへの道は続いていきます!


■コラム執筆者

  • 木下丈史 (きのしたたけふみ)
  • 2012年入社。サービス推進室 SNS/マーケティング推進グループに所属し、SNS運用を支援。趣味はYouTube運用、ポケモンを愛しています。

==================================
▼ラボ活動について 最後に、我々「エンゲージメントラボ」について気になった方もいらっしゃるかと思うので簡単に説明します。 メンバーズにはラボという社員の自主的な学び・研究をするコミュニティがあります。 その1つであるエンゲージメントラボでは、SNSのトレンドやニュース等、 情報収集⇒分析をし、SNSの投稿で高エンゲージメントを獲得した事例や最新の機能を上手く活用した事例等を紹介しています。
==================================

企業のプロモーション担当者向け資料

「企画一発モノ」で終わらせない企業の動画活用 オウンドメディア・SNS編~YouTubeのアセスメントチェック項目つき~

「企画一発モノ」で終わらせない企業の動画活用 オウンドメディア・SNS編~YouTubeのアセスメントチェック項目つき~

動画の運用現場では何をしているのか?オウンドメディア・SNS上で、どのように動画を運用していけばいいのか?増え続けるデジタル動画という資産を活用するための動画マーケティング/動画プロモーションのポイントを全48ページでご紹介しています。

資料ダウンロード