members

members

5G時代の幕開け!気になる各社取組みと動画の活用法

Tweet

5G時代の幕開け!気になる各社取組みと動画の活用法

次世代通信規格である「第5世代移動通信システム(以下、5G)」が商用化され、ついに日本でも解禁されました。今回は、5Gを使用することでできることや、各通信キャリアの5Gに向けた取り組み、動画の活用方法を解説します。

5Gはここが違う!

1.超高速通信

通信速度が4Gの毎秒1ギガビットから、5Gでは毎秒10ギガビットに向上します。これにより、インターネットにつないで視聴していた動画が止まったり、音声が途切れることが大幅に解消されます。
活用例)ロボットやセンサーを活用したスマート工場

2.超低遅延

4Gでは、10ミリ秒(1/100秒)ほどの遅延から、5Gでは1ミリ秒(1/1000秒)と遅延が短縮されデータ通信におけるダウンロード待ちがなくなります。
活用例)手術などでのロボットの遠隔制御、ドローンからの映像伝送

3.多数同時接続

100万台/km2相当の高密度に展開された事から4Gと比較すると、およそ10倍のデバイス端末の多数同時接続、通信が実現。5Gであれば、スマホやPCだけでなくカメラや家電なさまざまなデバイスがインターネットに多数同時接続できます。
活用例)自宅部屋内の約100個の端末・センサーのネット接続

5Gでは、通信速度の高速化のみならず、家電、クルマなど、身の回りのあらゆる機器(モノ)がつなげるIoT ( Internet of Things )が充実する世界を実現してくれます。
出典:第5世代移動通信システムについて

各通信キャリアの5Gに向けた取り組み

5G通信の解禁にあわせ、スマートフォンの性能も各段にあがります。
10億色の画質、大容量バッテリー、2画面ディスプレイ、有機大画面ディスプレイと、多岐にわたる高性能な製品が展開されます。
また、5G通信に切り替わっていく事により、動画コンテンツのさまざまなサービスが充実します。

それでは、各キャリアの5Gプランを見ていきましょう。(コラム掲載時(2020年4月)のプラン内容となります)

docomo 5Gギガホ

docomoのコンテンツ内のライン画像です。

容量:国内データ量無制限(100GBを超えると速度制限あり)最大6ヶ月
出典:第5Gギガホプラン

au データMAX 5G ALL STARパック

auのコンテンツ内のライン画像です。

容量:使い放題(テザリング/データシェア/国際ローミング通信を利用する場合80GBまでの制限あり)セット内容に動画や音楽再生サービス、テザリングが含まれています。
au動画コンテンツ内の画像です。YouTubePremium,Netflix,Apple Music,TELASA
出典:データMAX 5G ALL STARパック

Softbank メリハリプラン

Softbankのコンテンツ内のライン画像です。

容量:50GB(各種指定の動画SNSはデータ容量に含まれない)
各種指定のSNS使い放題
Softbank動画コンテンツ内の画像です。 LINE,Twitter,Instagram,Facebook,TikTok,YouTube™,Amazon Prime Video,AbemaTV,TVer,GYAO!,kurashiru,Hulu,スタディサプリ/スタディサプリ English,AR SQUARE,VR SQUARE,FR SQUARE,バスケットLIVE
出典:メリハリプラン

動画活用方法

5Gによって、スマートフォンではより高解像度の動画視聴が可能になります。VR・AR・MR・SRを使用したライブ配信やスポーツ観戦など、臨場感あふれる体験ができ、誰もが場所や時間に縛られず、あらゆる体験が手(スマホ)の中でおこなえます。

各キャリアでは、5G体験イベントも行っています。たとえば、高速・低遅延通信で音声・映像の伝送による遠隔地間での違和感のない合奏体験、重機械の遠隔操作、360度専用のスキャナーを使って作成した自分そっくりの小さな3Dアバターを作成する、といった画期的なイベントです。

さらには、動画内で視聴者が選択肢を選んだり、タップやクリックをすることでアクションに変化が起こるインタラクティブ動画や、VR/ARなどの仮想現実の体験も身近なものになってくるでしょう。
このことは、ウェブ業界にとっても、よりクリエイティブなマーケティング活動が可能になることにもつながります。

5G時代の到来によって新たなデジタル時代が作られ、創造的、革新的な動画サービスで、もっと便利で楽しいものになるでしょう!

 

コラム執筆

安陪 明里(あべ あかり)

2016年4月入社。サービスユニット プロフェッショナルサービス第2ユニット所属/デザイナー/デザインについてのコラムにもチャレンジしようと思っています!