members

members

UXリサーチ手法:ユーザーテスト(ユーザビリティテスト)-準備編-録画、分析など

Tweet

初めまして!

株式会社メンバーズ サービス推進室 IoT/アプリ活用推進グループの闐闐 藍です。

現在、所属チームのメンバーで自主開発の「アプリ」を制作しています。

このコラムでは「準備編」「実践編」と分けて、「アプリ」制作で実施したユーザーテストについてご紹介いたします。

 

1.ユーザーテストって?
2.ユーザーテストを行った経緯
3.ユーザーテストの準備
4.準備編のまとめ

 

1.ユーザーテストって?

ユーザーテストという言葉を知っていますか?

ユーザーテストとは、「ソフトウェア製品やWebサイトなどの使いやすさを、実際のユーザーに試してもらうことで、製品やサービスの問題点や改善点を発見する仕組み」のことです。

 

2.ユーザーテストを行った経緯

「アプリ」を制作している中で、毎日同じデザインを見ていると、これが「良いデザイン」なのか「ユーザーにとって使えるデザイン」なのかわからない、と言った疑問を持ったのがきっかけでした。

そこで、開発を進める前に、制作している「アプリ」をユーザーテストして意見を聞こう!となりました。

 

3.ユーザーテストの準備

今回は、「ユーザビリティエンジニアリング」の本を参考にユーザーテストを行いました。

実際に準備した内容は下記になります。

アプリデザイン

・XDのプロトタイプ

デザインしていた物では、実際にユーザーが触った時に導線が繋がらない箇所があったため、ユーザーテストの実施前に、導線の変更や追加ページを制作しました。

撮影機材

・画面の操作を見るための撮影機材

・手元の操作を撮るための撮影機材

・ユーザーテスト全体を録画する撮影機材

ユーザーテストを実施した後に、内容を見返して分析できるように、3台のカメラで録画します。

 

その他

・シナリオ

・原稿

・満足度評価表

・ユーザーテストの被験者

ユーザーテスト全体の流れをまとめたシナリオや、ユーザーインタビューのための原稿、ユーザーに満足度を尋ねるための評価表を用意しました。

また、ユーザーテストの被験者であるユーザーとして、5名の方にテストを依頼しました。

 

事前に準備したシナリオを元に、スムーズに進行できるかシミュレーションを重ねました。

 

4.準備編のまとめ

ユーザーテストの実施において、事前準備は非常に重要なポイントです。

ここでの準備次第で、ユーザーテスト のクオリティは大きく変わってきます。

シナリオの内容は、ユーザーテストの最中には変更することができないからです。

そのためには、事前準備をしっかり行い、シミュレーションを重ねて、このユーザーテストの目的は何なのかしっかり定め、適切なシナリオを作る必要があります。

 

さぁ、次回はいよいよ「やってみてわかった!ユーザーテスト-実践編-」です!

ユーザーテストは上手くいくのでしょうか…?次回をご期待ください!

参考書籍

ユーザビリティエンジニアリング―ユーザ調査とユーザビリティ評価実践テクニック

樽本 徹也 (著)

出版社 オーム社

こちらの本では、ユーザビリティについての基本から、ユーザーテストの方法や種類、実際にユーザーテストを行う流れなどが具体的に紹介されています。

 

コラム執筆

闐闐 藍(どんど あい)

株式会社メンバーズ サービス推進室 IoT/アプリ活用推進グループに所属し、デザイナーを担当。

趣味はアニメとイラストとぐるフレ。

猫の脇の匂いが好き。

 

 

渡邊 愛(わたなべ あい)

株式会社メンバーズ サービス推進室 IoT/アプリ活用推進グループに所属し、デザイナーを担当。

趣味はショッピング。

最近、寒天ゼリーにはまっている。

ユーザーテストを検討中の担当者向け資料

ユーザテスト入門。すぐに開始できます!(動画教材付き)

ユーザテスト入門。すぐに開始できます!(動画教材付き)

500回以上のユーザテスト経験を踏まえて、現場で実際にできる「簡易ユーザテスト」について、準備の方法、当日の進行のコツ、レポート作成のパターンなどを余すところなくご紹介しています。Webサイトの課題点の調査、デザインやデザインプロセスの調査、UX改善、設計、ユーザーの行動調査、リサーチ、改善施策など、様々な調査を実施出来ます。実際のテストの様子の動画教材つきです。

資料ダウンロード