members

members

【Twitter・Instagram】ベストプラクティス事例紹介(2019年9月)

Tweet

季節の変わり目、秋風で朝晩冷え込む気候になりましたね。みなさま体調は崩されていませんでしょうか?

今回は最新仕様をつかった投稿事例や、ユーザーコミュニケーションをとるために工夫された事例をご紹介します。
「最近投稿がマンネリ化しているかも…」「新しい手法にチャンレンジしたい!」というご担当者さまはぜひご覧ください!

【Twitter編】

・インスタントウィンを更に活用したい!

インスタントウィンとは、応募したその場で当落が分かる懸賞の事を指し、現在Twitterではインスタントウィンキャンペーンを実施する企業が増えてきています。
今回はインスタントウィンを活用した企業アカウントPepsiの投稿事例をご紹介します。

参加方法
①対象のアカウントをフォロー ②対象のツイートをRT のみでユーザーはキャンペーンに参加でき、当落が自動リプライで届くインスタントウィンキャンペーンとなっております。
「#透明本田ガチャ」という訴求商品に合わせたハッシュタグを使用していることや、ガチャ抽選結果動画に訴求商品が掲載されているため、ブランド認知向上および商品認知向上に繋げることができます。
また、前回紹介したフォロー&ツイートキャンペーンよりもユーザーの参加要件となるハードルが低いため拡散力が高く、ユーザーの参加を促進させることができます。
※前回のフォロー&ツイートキャンペーン事例について、詳しくはこちら

Pepsi(ペプシ)

投稿日時:9月6日 11:00
いいね:14,439
リツイート:58,550
リプライ:167
投稿時のファン数:855,327
エンゲージメント率:8.55%

【Instagram編】

・Storiesのスワイプ機能を活用したい!

Instagramから自社キャンペーンを告知したいけど、ユーザーがよりサイトにアクセスしてくれる方法を知りたい…!という担当者様もいらっしゃるのでは?
そんなときはStoriesのリンク(URL)追加機能を活用しましょう!
画面の上半分が動画、下半分にキャンペーン情報を掲載しており、「Swipe up!」の部分からスワイプするとキャンペーンページに遷移します。
動画で自社商品を分かりやすく紹介しており、スワイプ機能でウェブサイトの遷移を促すことで、ブランド認知向上と参加ユーザーを高められる可能性があります!
※こちらの機能は認証バッジがついているアカウントのみ使用できる機能となります。認証バッジについて詳しくはこちら

Galaxy

投稿日時:2019/8/1
フォロワー数:118,390
投稿数:773

 

※事例はメンバーズのご支援事例以外もご紹介しております。

■関連サービス

ソーシャルメディア活用支援


■コラム執筆者

  • 佐藤菜緒 (さとうなお)
  • 2018年入社。第2ビジネスユニット アカウントサービス第3ユニットに所属し、SNS運用や広告を支援。

SNS担当者向け資料

SNSの基礎知識と運用戦略

SNSの基礎知識と運用戦略

SNSの基礎知識を理解し、今後の運用戦略について考え実行できるレベルを身につけるための資料です。

資料ダウンロード

BtoCのSNS活用とリスク対策入門

BtoCのSNS活用とリスク対策入門

BtoC企業がソーシャルメディアを理解し、運用する上で必要となるリスク対策を学ぶための資料です。

資料ダウンロード