members

members

企業ロゴのデザイン手法を3つのプロセスで解説(言語化・象形化・構造化):②象形化編

Tweet

UX ONEロゴ 手描きラフ

前回の企業ロゴのデザイン手法を3つのプロセスで解説「①言語化」で整理したスローガンとキーワードを、実際に形にする作業を行なっていきます。

プロセス② 象形化

目次
1.手描きラフを描く
2.デジタルで描く

1. 手描きラフを描く

ここからは手描きで、ロゴの核となる「シンボル(図形)」を描いていきます。
白い紙とペンを用意し、スローガンとキーワードから浮かんだカタチを思いつくまま描き出します。
ポイントは、手描きで素早くたくさん描く事。ここではまだ形の綺麗さや細かい描き込みは必要ありません。質より量です。
描いたものをベースに、この形はもっとこうしたら「スピード感」を表現できるな、など考えながら、微妙に形を変えたバリエーションもどんどん増やしていきます。
「これは無しかも」と頭で思ったものも描き出します。描いた上で「遠いイメージ」として取っておく事が大事です。
ただダラダラと時間をかければ沢山出せる訳でもないので、1時間とか時間を区切って集中して取り組むのがオススメです。

描き出したラフ案

描き出したラフ案(一部)

描き出したイメージから、キーワードのイメージに近いものをいくつか絞り、おおよその形を整えていきます。
ここではある程度、ロゴの表現をイメージできるように細かい描き込みをしますが、あくまで方向性を絞る上での仮の形です。
ロゴタイプ(ロゴの文字部分)も一旦仮で入れておきます。

ラフイメージから何案かを絞ったところで、再度社長と方向性を擦り合わせました。

絞り込んだラフ案

絞り込んだラフ案


A:「開いた●」ONEを示す円形、0→1が生み出される=●が開くイメージ。UXのUをかたどっている。
B:「生まれる価値」物体が弾けるイメージ、一つ一つはUX=心(ハート)で、クリエイター集団を示す集合体が集まり、中心で”1”である★が生み出される
C:「ユーザーの幸せ」UserのUと、幸せ(笑顔)を示す口の形、1を示す柱がモチーフ
D:「新しい1を生む」社名のUとOをかたどった卵(もしくはゼロ)。中央を力強いアウトプット(雷)が走り、卵が開く(ゼロが消される)ことで新しい1が生み出される
E:「1と稲妻」ONE(1)のシルエットと、力強いアウトプットや、思考(脳波)を象徴する稲妻をモチーフを掛け合わせた

今回は「生み出される印象が一番ある」という理由で、Bの放射状の形で進めることに決まりました。
次はここで決まった形を一旦崩し、もう一度イメージを膨らませながら再構築していきます。

ちなみに、ロゴタイプ(文字のみのロゴ)も検討しましたが
「UX」という社名がサービスなどで業界でよく使われているワードであり、
文字だけの表現ではユニークさに欠けるという理由で方向性から外しています。

2. デジタルで描く

1で絞った案を元に、IllustratorやPhotoshopでよりロゴに近い、具体的な表現に落とし込んでいきます。
前回までに手描きでイメージした表現をPCで描画していく訳ですが、手描きでは上手くいくと思っていた表現が、
デジタル化するとしっくり来なかったり、イメージと違ったりする事が出てきます。
そんな時は迷わず次のようなアクションに移り、新しい形を探します。

A. 部分的に形を変える
B. パターンを捨てる
C. 新しいパターンを導入する

1と同じ様に数を出し、アイデアを膨らませ→集約する、という作業をここでも行います。
複数出したイメージから最終化できそうな案に絞り、再度社長と方向性を擦り合わせます。
ここではまだロゴタイプは作っていないので、確認時イメージしやすいようにクセのないニュートラルなフォントを仮で入れておきます。

UX ONEロゴ ラフ案(デジタル)


クリエイターが集まった集合体で、あるいは創造を感じさせる放射線で、
「新しい価値を創る」や「社会への貢献」を表現しています。
AB:UXのU
C:中央のO
D:1とX
EF:X
と、それぞれかたどっています。

手描きラフ同様、ここでも「生み出される印象が一番ある」Aで決定しました。

ちなみに、プロセス②までアシスタントデザイナーの子が全て案出し等手伝ってくれましたが、③からは自分一人のワークでした。
複数人でこれから先の作業を進めることも可能ですが、A案を作った本人(今回は自分)が進めるのが経験上無理がないと思います。詳しくは次回で。

次のプロセスでは、ここで固めたイメージをロゴとして機能させるための構造化を行なっていきます。

第3回:プロセス③ 構造化

第1回:プロセス① 言語化

コラム執筆

及川 努(おいかわ つとむ)

及川 努(おいかわ つとむ)

デザイナー / HCD-Net 人間中心設計スペシャリスト

2006年メンバーズ新卒入社。
第5ビジネスユニット アカウントサービス第1ユニット所属
コーポレートサイト構築からWebプロモーション・SNS広告・アプリ構築・ECサイト運用案件などでデザイン・アートディレクションを担当。