members

members

エンジニア、ディレクター必見!メモ書きの効率化必須Markdown記法

Tweet

Markdownの紹介

皆さんは普段どの様にメモを書いていますか?

PCであれば標準搭載のメモやOfficeのWord、直接紙に書いている人など様々だと思います。

しかし、些細なメモを書くだけであれば上記であるようなツールを使用しても問題ありませんが、例えば顧客との打ち合わせや、議事録など自分以外にもそのメモを見る可能性がある時に二度三度作り直すのって正直面倒ではありませんか?

そこで今回ご紹介させて頂くMarkdownという軽量マークアップ言語をご紹介致します。

メモ書き
(出典)使って楽しい、見て楽しい PAKUTASO

 

Markdownとは

MarkDown Logo
(出典)Wikimedia Commons

今回のメインであるツールのMarkdownとは、日本語Markdownユーザー会の説明によると、

Markdown(マークダウン)は、文章の書き方です。デジタル文書を活用する方法として考案されました。特徴は、

  • 手軽に文章構造を明示できること
  • 簡単で、覚えやすいこと
  • 読み書きに特別なアプリを必要としないこと
  • それでいて、対応アプリを使えば快適に読み書きできること
    などです。Markdownはジョン・グルーバー(John Gruber)によって2004年に開発され、最初は Daring Fireball: Markdown で公開されました。その後、多くの開発者の手を経ながら発展してきました。
    (引用)MarkdownとはMarkdownの概要、記法、HTMLとの関係

もっと詳しく知りたい方は日本語Markdownユーザー会Markdownとはを御覧ください。

上記でも述べられている様に、簡単に記入できプラットフォームに依存しない事が最大のメリットです。

簡単にテキストを書くことも出来ますし、”型”だけ覚えてしまえば早く書かないといけない状況でも、その場で情報が整理出来るメモを作成する事が出来るのです。

Markdownのメリット

Markdownの概念は理解しても、実際に業務内で使用した時のメリットが判り辛いと思うので、具体的なメリットをご紹介致します。

ミーティングの理解度を高める

ミーティング
(出典)使って楽しい、見て楽しい PAKUTASO

メモを書く際に、構造を意識して書けるような余裕があれば良いですが、そうは言ってられない状態ってあると思います。
そんな時はMarkdownを使用することで、後から書き加えたりそもそも構造を変えたりといった事が出来ます。
ミーティングの際に議事録を書いている時に、自分自身も理解が深まり相手にも伝えやすい文章を瞬時に書くことが出来ます。

ミーティングの回数を減らす

何度も何度も同じようなミーティングを行っても時間の無駄だと思います。
そこで、文書構造を理解しやすいメモを作成出来れば、理解度が向上し、何度も同じような事を繰り返すフローを減らす事が出来ると思います。
それにより、結果的にミーティングを減らし顧客へコミットする機会が増えると思います。

HTMLに変換出来る

仮にMarkdownを見れる様な環境が無い方にもHTMLとしてお渡しする事で、ブラウザさえあれば簡単に共有する事が可能です。

Markdownのデメリット

上記ではメリットを述べましたが、メリットばかりでは無いのでデメリットもご紹介致します。

イメージ画像のサイズを調整出来ない

画像を貼り付けてサイズを変更したくても、現段階ではそのままのサイズで画像が表示されてしまいます。

書き方を覚えるのに少しだけ時間が掛かる

下記に記載していますが、Markdownを記述する際に、少しだけ書き方を覚えないといけません。
その覚える時間が少しだけ時間を掛けてしまうかもしれません。

以上がデメリットでした。
他にもHTMLの細かな設定が出来なかったりと、デメリットはありますが、メリットの方が高いので、是非活用して頂きたいです。

Markdownの書き方

(出展)福野泰介の一日一創 - create every day
(出典)福野泰介の一日一創 – create every day

”型”は”記法”と同じで、MarkdownにはMarkdown記法が存在します。

ここで紹介するとかなり多くなってしまうので、普段私が実際に使用している主な記法を例としてご紹介致します。
※Markdown記法は種類が豊富なので、実際に使用する時にはMarkdown記法-Qiitaを御覧ください。

記法の主な種類ですが

  • 見出し:初めに#をつけその後にスペースを入れてからタイトルを付ける。
    • 例:# 見出し
  • 強調:強調したい文字の両端に*を付ける。
    • 例:強調したい文章
  • 引用:いんようしたい文章の前に>を付ける。
    • 例:> 引用したい文章
  • リスト、番号リスト:通常のリストはーを付け、スペースを入れてから文字を記述。番号リストは1.の後に文章を記述、その後2.から3.と同じ要領で追加していく。
    • 例:- 文章1 – 文章2
    • 例:1. 文章1 2.文章2
  • リンク:[]の後に()を付ける。[]にはリンクの名前、()にはURLを記載。
  • 画像の挿入:!を記入し、[]を付け、()を付ける。[]には画像が表示されない場合の代替文字、()にはその画像のURLを記載。
    • 例:株式会社Membersロゴ

主に使用する記法は上記に記述した通りです。

Markdownを使用するタイミング

ここまで紹介してきたMarkdownですが、実際にどんなタイミングで使うかを私が使用してきた例でご紹介致します。

主に使用するタイミングは

  • GitHubでのReadMeの作成
  • 議事録の作成
  • 記事の作成(この記事を記述しているのもMarkdownで記述しております。)

が主に私が使用している場面です。

直近では研修中に習っていた内容もMarkdownでメモ書きしていました。

Markdownを使用する為の事前準備

先程からプラットフォームに依存しないと述べましたが、Markdownを実際に使用する為には事前に使用する為のツール又はサービスを活用しないと100%の力を発揮出来ません。

事前に必要なアプリですが、WindowsはTyporaというアプリを、MacはMacDownというアプリをダウンロードしご利用下さい。

もしダウンロードしたくない又は出来ない場合は、HackMDというサービスを活用して下さい。

TyporaやMacDownはインストール必須ですが、HackMDはブラウザでそのまま直接書き込めるので、非常に便利です。

しかし、ブラウザなのでデータとして保存したい場合は別途HackMDからダウンロードが必要です。

最後に

Markdownの魅力は実際に使用してみないと理解しにくいので、この記事を読んでいる方は今すぐにでもご利用して頂ければ幸いです。

上記で述べた様に利用用途は様々で、ご自身で更にご活用できる所は目一杯ご活用下さい。

参考記事・関連記事

コラム執筆

2019年4月入社
第5ビジネスユニット アカウントサービス第6ユニット所属
大沼 匡祐 Facebook