members

members

WEBサイト運用に「セカンド・オピニオン」を。

Tweet

「セカンド・オピニオン」をご存じでしょうか? 日本では、医療の世界で使われていますが、その正確な意味は、以下の通り。

セカンド・オピニオン(英: Second opinion)とは、よりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める「意見」、または「意見を求める行為」のことである(出典:ウィキペディア)。

つまり、よりよい結果を導くためには、専門家の第三者的意見が重要であるということなのです。

セカンド・オピニオンの有効性

日々、企業のWebサイト担当者の方々にご相談を受けることが多いのですが、
■「いまの運用ベンダは依頼から公開まで時間がかかりすぎる」
■「ページあたりのコストが高くて予算に合わない」
■「こちらが期待しているクオリティのデザインが出てこない」

といった課題認識をお持ちの方は多いようです。

ところが、よく運用業務を分析してみると、その背景には、制作依頼があいまいで、意図や狙いが不明確だったり、必要素材が揃っていなかったり、承認フローが確立できていなかったりといった、運営面に問題が隠れているケースも少なくありません。
また、制作作業が属人化していて、あるスタッフのキャパシティが、サイト運用全体のキャパシティとなってしまうケースもあります。これは制作ポリシーやガイドラインが未整備(ドキュメント化されていない)で、ある担当者のアタマの中にだけルールが存在する状態のため、他のスタッフでは対応できないといったことが起こってしまうのです。
これはとても危険な状態で、もしそのスタッフが病気や怪我で出社できないと、運用自体がストップしてしまうことになります。

そんなリスクを洗い出し改善するためには、先ほどのセカンド・オピニオンが有効です。

当事者(貴部署及び既存パートナー)以外の第三者、それもWEB運用経験が豊かで、ベストプラクティスを理解している運用ディレクターでもある第三者が俯瞰的に網羅的に貴社の運用を見つめ直すことができる・・・これがセカンド・オピニオンの強みです。

メンバーズによるセカンド・オピニオン

セカンド・オピニオンをメンバーズに求められた場合、大まかに以下の3ステップでアプローチしています。

STEP1 Webサイト簡易運用診断

Webサイトの管理責任者様、運用の現場責任者様に2時間程度のヒアリングを実施し、レポートします。6つの分析視点*1から現状をスコアリングし、5段階で評価*2。わかりやすいレーダーチャートで運用レベルや弱点がひと目でわかります。

*1 メンバーズ独自メソッドでは、お客さまの運用業務の課題を6つの視点で分析します。

  1.  品質管理
  2. 体制整備
  3. 業務フロー整備
  4. 運用ツール整備
  5. 計画性の定着
  6. 成果志向の定着
Web簡易診断レポート

*2 Webサイト簡易運用診断の成果物イメージ

STEP2 Webサイト詳細運用診断

簡易診断で浮き彫りとなった課題箇所に対して、お客さまの運用現場の実地調査を行い、課題の本質と改善施策、改善へのアクションプランをご提示するのがWebサイト詳細運用診断。ここはサイト規模や運用規模、弱点の領域により深みや期間が変わってきます。

STEP3 改善施策・運用設計ご提案

ここまでの診断結果を踏まえて、根拠のある改善施策を提示します。

※Webサイト運用診断の詳細はこちら

 

セカンド・オピニオンの要諦

重要なところは、経験豊富なWeb運用のエキスパートがしっかりと分析すること、そして、第三者視点で客観的に見ていくこと。ここでは、ネガティヴ要素が社内事情に起因するものだとしても、悪いものは悪いと明確化したうえで、どうすれば解決できるのかを検討していくことが大切です。

運用の最適化を図ることで、無駄なコストや時間を削減することができます。そして、そうしたコストや時間を、Webサイトやビジネスのパフォーマンス向上に役立てていきたいものです。

 

コラム執筆

中 村  大 輔 (シニアプロデューサー/戦略プランナー)
広告会社にてコピーライター、コピーディレクター、プランナーを経て、1999年メンバーズ入社。大手企業のデジタルマーケティング支援、大規模サイト構築 / 運用プロジェクトをプロデューサー/プランナーとして推進。

Web担当者向け資料

初めてWeb運用担当になった時に知っておきたい超基礎知識

初めてWeb運用担当になった時に知っておきたい超基礎知識

初めて企業のWeb運用担当者になった方がディレクションをする際に知っておきたい基礎的な知識「URL、IPアドレス・DNS、Webサイト・ページの仕組み」をご紹介します。

資料ダウンロード

RFP(提案依頼書)の書き方(デジタルマーケティング担当者向け)

RFP(提案依頼書)の書き方(デジタルマーケティング担当者向け)

Webリニューアル、プロモーション、ソーシャルメディア運用などデジタル施策も多様化・高度化・多層化しています。これだ!という提案書を入手するために必要な考え方や、好まれるRFPの構成、プラス・アルファの提案をしたくなるRFPとは何かをご紹介します。

資料ダウンロード

UXデザイン基礎入門

UXデザイン基礎入門

UXデザインとは何か?なぜ、これだけ使われるようになったのか?デジタルマーケティングでのUXデザインの基礎と実践方法をご説明した資料です。

資料ダウンロード