1. ホーム
  2. コラム
  3. 【Facebook運用】「傾聴」のために企業が取るべきFacebookページの活用方法とは! ~2012年版Facebookページ運用の10カ条-「ファンに聴いてみる」~

【Facebook運用】「傾聴」のために企業が取るべきFacebookページの活用方法とは! ~2012年版Facebookページ運用の10カ条-「ファンに聴いてみる」~

株式会社メンバーズ アカウントサービス第1ディビジョン
小野寺翼

[Facebookインテグレーションエクスプレス]
2012年6月に「Facebook pages運用の10箇条」(以下・運用の10箇条)についてご紹介をしました。

Facebook pages運用10箇条(2012年版)新規ウィンドウが開きます
関連記事:新タイムライン対応! 2012年版Facebookページ運用の10カ条
今回は、運用の10箇条の一つ「ファンに聴いてみる」について解説をしてみたいと思います。

キーワードは「傾聴」!!

マスメディアをはじめとした従来のメディアにおける情報発信は企業から生活者への一方向に限定されるものでした。一方、ソーシャルメディアは生活者も情報発信者になる、コミュニケーションが実現しうる双方向発信の場です。企業としては生活者同士のつながりにお邪魔する、時として同じ目線にたち会話を行うこともあるでしょう。その中で自社のファンの本音に耳を傾ける、「傾聴」という姿勢を持つことがマーケティング活動においても重要となります。

運用に活用するには!?

では実際にどのようにFacebookページの運用に取り入れていくべきか? 今回はクエスチョンを運用に活用している事例をご紹介したいと思います。クエスチョンというのはタイムライン上で簡易的なアンケートを実施することができる機能です。
HONDAのFacebookページ、Honda 本田技研工業(株)新規ウィンドウが開きますではGWというタイミングにあわせ「運転して楽しいイチ押し車種」についての問いかけを行っていました。ファンの行楽に向いている気持ちに訴求し、楽しい気持ちで自身の好きな車種を回答。一方企業視点ではさりげなくリサーチにつながる。ファンの心理をとらえた上手な活用法といえます。

他にも、投稿の文体を質問形式とする、投稿クイズ形式にしてみる等、ファンからのコメントを募る。また、「Survey Monkey新規ウィンドウが開きます」等のアプリケーションを活用しFacebookページ上でアンケートを実施するという方法も一手です。

商品リサーチや開発に生活者の声を!

生活者の声をリサーチや新商品の開発につなげるという事例もあります。
海外の事例になりますが、Vitamin Walter新規ウィンドウが開きますのFacebookページ上でファンに好みの味についての投票を募るキャンペーンを実施していました。実際に1位になった製品を選んだファンへは、抽選でその味の商品をプレゼントをするというインセンティブも提供しています。

また、日本国内でもFamilyMart (ファミリーマート)新規ウィンドウが開きますのFacebookページでは、2011年の11月に新しいおにぎりの味を募集するコンテストキャンペーンを実施をしていました。ファンからのアイデアを企業が選定し、入賞したアイデアは実際に製品化もされました。

今回のようなキャンペーン、実際にインセンティブ提供とあわせて検討するのもよいでしょう。一方、ファン視点で考えたときに自身が声を発することで、好きな企業の活動に参加・貢献できること。そのこと自体も強いインセンティブであるのかと考えています。

先に述べた通り、ソーシャルメディアという場は企業と生活者が同じ目線で声を発し会話をすることが出来る場所です。
今回ご紹介の事例のように、企業としてのリサーチ、商品の開発につなげるためにも「生活者の声」に耳を傾けるという意識を持って、Facebookページの運用、マーケティング活動にのぞんでみてください。

関連書籍およびセミナーのご紹介

7月14日発売予定の書籍2冊に弊社から2名が参加をしています。amazonでも予約受付中です!

Facebookマーケティング プロフェッショナルガイド

・『Facebookマーケティング プロフェッショナルガイド新規ウィンドウが開きます
【メンバーズ執筆担当】原裕、小野寺翼
【定価 】2,709円(税込)
【出版社】株式会社マイナビ

※「Facebook pages運用の10箇条」の詳細についてもご紹介しています!

Facebookデザイン プロフェッショナルガイド

Facebookデザイン プロフェッショナルガイド新規ウィンドウが開きます
【メンバーズ執筆担当】小野寺翼
【定価 】2,709円(税込)
【出版社】株式会社マイナビ

また、上記2冊の書籍の刊行を記念したセミナー「Facebook Powaer Session 2012新規ウィンドウが開きます」(主催:マイナビ)が7月7日(土)に開催となります。弊社・小野寺も登壇をいたします。テーマは「効果を生むFacebook運用10箇条」。あわせてよろしくお願いいたします。

Facebook pages運用の10箇条ならびに効果的なFacebookページ運用についてのお問い合わせは以下よりご相談ください。—————————————————————

◆Facebookアプリ開発やFacebookページ運用に関するお問い合わせはこちら。
https://www.members.co.jp/contact/app/input.php?ct=service

◆メンバーズの公式Facebookページです。「いいね!」をお願いします。
https://www.facebook.com/Memberscorp

◆スマートフォン/タブレットサイト構築、html5の最新情報はこちら。
http://sddmem.jp/

◆メンバーズ関連書籍、好評発売中です。
/article/2903

======
小野寺翼 (おのでらつばさ)


制作会社数社を経て2006年1月株式会社メンバーズに入社。企業サイトの運用ディレクションおよび品質管理を担当。現在は、自社が注力をしている「ソーシャルメディア」を中心とした各種提案やディレクションに日々走りまわっています。著書に「Facebookページ プロフェッショナルガイド 新規ウィンドウが開きます」「エンゲージメント・マーケティング ~Facebookが生み出す企業と生活者の絆~新規ウィンドウが開きます」(いずれも共著、マイナビ)があります。趣味はトライアスロン。
Facebook:http://www.facebook.com/tsubasa.onodera新規ウィンドウが開きます


カテゴリ: Creating Shared Value(CSV), Facebook, 未分類
2012年07月02日

RSS