members

members

人気急増中の「TikTok」
プロモーションツールとしての可能性に注目

Tweet

タイトル画像

若者を中心に人気急増中の「TikTok」というショートムービーSNSをご存知でしょうか。
TikTokは世界的に人気を集めており、現在凄まじい勢いでユーザー数を伸ばしています。
そして、TikTokを活用したプロモーション活動をする企業も次々に増えているのです。
そんなTikTokが一体どういったもので、どのようにマーケティング活用されているのか紹介しましょう。

■ TikTokとは

15秒動画を「撮影」・「編集」・「投稿」できるソーシャル動画プラットフォーム

TikTokを提供しているのは中国の「Bytednce」という企業で、日本では2017年からサービスが開始されました。
ユーザーは個性溢れる動画を撮影することにより人気を集めることや、それら投稿動画を視聴して楽しんでいます。
投稿される動画は、音楽に合わせたダンス動画や口パク動画が多くみられます。
ここまでだと世界最大の利用者を持つ動画共有サービス「YouTube」と大して変わらないようにも感じられます。
なぜTikTokが若者から人気なのかというと、投稿に対するハードルの低さにあります。
YouTubeで人気動画を投稿しようと考えた場合、撮影から編集、投稿まで専用のツールを使用するなどの手間がそれなりにかかります。
しかし、TikTokでは音楽やエフェクトなどの加工ツールが実装されているため、スマートフォンのみで簡単に完結することができるのです。
また、自分をきれいに魅せるための加工も施されることや、新規動画は人の目に留まりやすい仕様で人気を集めやすいという点も若者に受け入れられている理由なのでしょう。

■ TikTokの成長幅

中国だけで5億人のアクティブユーザー
tiktok-monthly
https://sensortower.com/blog/tiktok-downloads-december-2018

モバイルアプリのデータ分析を行う企業「SensorTowar」によると、2018年12月にApp StoreとGoogle Playで世界中の新規ユーザーが7500万人に達したとしています。これは2017年12月の2000万人と見てみると、前年比275%という脅威的な伸びになります。
TikTokはこの一年間で全世界で利用者数を大幅に拡大してきましたが、特に大きな成長の手助けとなった地域がインドになります。インドでは、2017年から2018年の一年間でのインストール率を27%も占めており、アプリのダウンロード数が130万から3230万と約25倍に増えています。日本でも同様に利用者数はこの一年間で急増し、浸透しているのです。

2018-top-apps-by-downloads
https://sensortower.com/blog/tiktok-downloads-december-2018

ユーザー数の多さに加え、2018年のすべての配信サービスにおけるダウンロード数で上位にランクインしていることからも、TikTokを活用したマーケティングは大きな結果を得られるのではないかと考えられます。

■ TikTokを用いたプロモーション活動

アプリ内広告掲載 / ハッシュタグキャンペーン

現在、TikTokでは正式に運用広告は発売していませんが、アプリ内広告のテストを開始しています。テストを行った結果、多くの企業か注目を集めることとなったため、正式に発表される日も近いのではないでしょうか。また、TikTokはNFLをテーマにしたARアニメーションステッカーを紹介するため、正式に認可されたNFL Players Associationパートナーとコラボをしていました。これはテストの一環で行われたことのようなのですが、多くのブランドから注目を集めました。
広告掲載以外にも、「Twitter」などでも行われているハッシュタグを活用したキャンペーンをしている企業が多く存在します。実際の活用事例はまた別の記事で紹介させていただきます。
今後、正式に広告取引を行われるようになった際には活用されてみてはいかがでしょうか。

参考:TikTok Continues Its Climb With 75 Million New Users in December, Up 275% From 2017
https://sensortower.com/blog/tiktok-downloads-december-2018

参考:It’s time to pay serious attention to TikTok
https://techcrunch.com/2019/01/29/its-time-to-pay-serious-attention-to-tiktok/

コラム執筆

中村 祐(なかむら たすく)

中村 祐(なかむら たすく)

  • 18新卒
  • 趣味:「温泉巡り」 「旅行」 「ドライブ」
  • 特技:「利きコーヒー」 「ヘアカット」