1. ホーム
  2. コラム
  3. リピートの回数や間隔について:GoogleAnalyticsを使ってアナリストの道へ踏み出そう(2)

リピートの回数や間隔について:GoogleAnalyticsを使ってアナリストの道へ踏み出そう(2)

こんにちは。メンバーズの小笠原です。

ここでは、GoogleAnalytics初心者であった私が、実際にGoogleAnalyticsに触れて悩んだ部分、学んできたことを紹介しています。
第2回となる今回のテーマは、『リピートの回数や間隔』レポートについてです。

 

前回の記事はこちら


『リピート回数や間隔』レポートとは?

 

GoogleAnalytics初心者にとって、レポート画面の操作や数値の意味がわからないということは、日常茶飯事でしょう。
私もその例に漏れず、毎日のように困惑顔でGoogleAnalyticsを操作しています。

そこで今回は、特に理解が難しいレポート項目である『リピートの回数や間隔』レポートについて紹介します。

 

『リピート回数や間隔』レポートの中身

 

ユーザー>行動 で閲覧可能なこのレポートは、以下のように2つのレポートがあります。

 

GoogleAnalyticsアカウントより

タブ名 タブの詳細
① セッション数【赤枠】 セッションの回数ごとのセッション数とページビュー数のレポート
② セッションの間隔(日数)【緑枠】 セッションの間隔ごとのセッション数とページビュー数のレポート

 

しかしここまでの説明だけだと、このレポートで表示されている数値の意味を理解できる人は少ないでしょう。
なのでこれから、『セッション数』『セッションの間隔』の各タブを説明していきます。

 

①『セッション数』タブについて

 

『セッション数』タブでは、セッションの回数に応じたセッションやページビュー数を確認することができます。
このレポートは『リピート回数』と呼ばれることもあり、言葉としてはこちらの方がわかりやすいかもしれません。

 

『セッション数』タブの数値の意味

 

上記で基本的な説明をした『セッション数』タブですが、
図の各数値を見ていただくと、その中で疑問に感じる箇所があったと思います。
例えば、セッション数で201+と書かれている部分について、おかしいと思いませんか?
指定した期間内に、201回以上のセッションをしたユーザーがこれだけいるということなのですから。

私も初めてこのレポートを見たとき、

1ヶ月という期間指定で、201回以上のセッションがこんなに出てくるはずがない。

と考えました。

そこで”このレポートにおける数値の意味は何なのか”をより深く調べてみたところ、

”トラッキングコードの実装を行ってから、累計で何回目の訪問なのか”

であることがわかりました。
もう少しわかりやすく説明すると、下図や表のようになります。
また、セッション数で1という数値があると思いますが、
この数値の意味は初回セッションとなるので、これはぜひ覚えておきましょう。

 

GoogleAnalyticsアカウントより

項目名 意味
セッション数【赤枠】 トラッキングコードの実装を行ってから今までの、ユーザーあたりの合計セッション
セッション【緑枠】 指定した期間内で、各ユーザーがセッション回数毎に起こした合計セッション数
ページビュー数【青枠】 指定した期間内で、各ユーザーがセッション回数毎に起こした合計ページビュー数

 

②『セッションの間隔』タブについて

 

『セッションの間隔』タブでは、前回のセッションから何日経った後に再度訪問しているのかを、経過日数別で見ることができます。
ここでセッションの間隔(日数)の0という数値があると思いますが、
この数値には初回訪問のセッションと同日再訪問したセッションという、2つの意味があります。
ぜひこの意味についても覚えておきましょう。

 

GoogleAnalyticsアカウントより

項目名 意味
セッションの間隔(日数)【赤枠】 前回セッションからの経過日数
セッション【緑枠】 指定した期間内で、各ユーザーがセッション間隔毎に起こした合計セッション数
ページビュー数【青枠】 指定した期間内で、各ユーザーがセッション間隔毎に起こした合計ページビュー数

 

 

 

いかがでしたか?
今回は『リピート回数や間隔』というレポート項目について説明させていただきました。
GoogleAnalyticsでは、今回紹介した『リピート回数や間隔』レポートの様に、各項目の意味を知らないと数値を読み間違えてしまうレポートがあります。
レポートは、数値の意味をよく理解してから数値を確認しましょう!

今後も、実務で得たGoogleAnalyticsの知識をお伝えしていければと思います。
少しでも皆様の手助けになれば幸いです。

 

記事一覧

GoogleAnalyticsを使ってアナリストの道へ踏み出そう!~第一回:複数セグメント選択時の落とし穴~


■コラム執筆者

  • 氏名 : 小笠原佳祐 (おがさわらけいすけ)
  • 年次 : 2017年度 株式会社メンバーズ 入社
  • 部署 : パフォーマンスマーケティング室 第2パフォーマンスマーケティング

 

■関連情報

リサーチ/コンサルティングサービス


カテゴリ: Googleアナリティクス, Webサイト運用運営
2018年06月22日

RSS