1. ホーム
  2. コラム
  3. Facebook運用:「母の日」をきっかけに自社らしさや商品をコンテンツに

Facebook運用:「母の日」をきっかけに自社らしさや商品をコンテンツに

株式会社メンバーズ エンゲージメント・ラボ
小野寺翼

メインバナー

5月の第2日曜日は「母の日」ですね。昨年も同タイミングで2012年の事例およびポイントを紹介しましたが、今回は2013年の事例をご紹介します。

2012年と比較して、2013年の事例では、自社らしさや商品を上手に盛り込んだ事例が多くありました。

1.自社商品を使ったプレゼントを提案

「母の日」といえばお母さんに日ごろの感謝を伝える日。感謝の想いやカーネーションとあわせて自社らしいプレゼントを提案してみるのもよいでしょう。そんな提案につなげている事例をご紹介します。

ページ名:キリンラガービール

カーネーションとあわせて自社商品(ビール)のプレゼントを提案しています。

投稿日:2013年5月10日(金)
いいね!:2,638
コメント:6
シェア:23
当時のファン数:115,590人
エンゲージメント率:1.75%
平均エンゲージメント率(直近25件):1.92%

ラガービール_0510

2.自社商品で「家族」を表現

「母の日」をきっかけに家族、そして家族で過ごす時間の大切さを再確認。そして「母の日」というタイミングで仲の良い家族を自社商品で表現した秀逸な事例をご紹介します。

ページ名:コカ・コーラ (Coca-Cola)

仲の良い、家族の風景を紹介しつつ、ペットボトルで表現。ペットボトルに生まれ年を表記している点も秀逸。

投稿日:2014年5月8日(水)
いいね!:10,198
コメント:87
シェア:97
投稿時のファン数:909,802人
エンゲージメント率:1.14%
平均エンゲージメント率(直近25件):0.44%

3.過去のコンテンツを再利用

昨年の記事でも取り上げたテーマですが、「感謝」というワードにフォーカスするのも一手です。2012年同様、「伊藤ハム」のFacebookページでは「母の日」のタイミングでファンへの感謝の気持ちを伝えていました。また、同画像を再利用している点も1つ投稿テクニックといえます。

ページ名:伊藤ハム

2013年の「母の日」をテーマにした投稿。2012年投稿時と同様の画像を再利用。

投稿日:2013年5月10日(金)
いいね!:1,261
コメント:20
シェア:26
投稿時のファン数:51,893人
エンゲージメント率:2.52%
平均エンゲージメント率(直近25件):0.44%

(参考)2012年の母の日投稿

2013年の「母の日」をテーマにした投稿。2012年投稿時と同様の画像を再利用。

投稿日:2012年5月8日(火)
いいね!:394
コメント:18
シェア:11
投稿時のファン数:22,597人
エンゲージメント率:1.97%
平均エンゲージメント率(直近25件):0.44%

季節とあわせたプロモーション

今回、1年前の記事と比較がみられましたが、2012年は「カーネーション」や「母」というイベント自体にフォーカスしていた事例が多かったのに対し、2013年は更に自社商品や自社らしさを上手く盛り込むという視点を加えた投稿が増えていました。各企業としても経験値が増え、Facebookページを上手にプロモーション活用をしていくという視点が加わってきたのかと感じます。また、ナレッジと同様にコンテンツ自体のストックも増え、過去画像の再利用といったテクニックも使われています。1年という時間を経てFacebookページ運用のノウハウも高まっているのでしょう。その視点でも2014年はどのような投稿がでてくるのか、とても楽しみですね。さらに経験値が増え、良質なコンテンツの登場を楽しみにしています!

季節の定番を抑えたFacebookページ運用のご相談は以下よりお願いいたします。

—————————————————————
◆【エンゲージメント率を下げずにファンを獲得する】Facebook広告出稿サービス
http://blog.members.co.jpservices/smm/facebookads/
◆Facebookアプリ開発やFacebookページ運用に関するお問い合わせはこちら
https://www.members.co.jp/contact/app/input.php?ct=service
◆メンバーズの公式Facebookページです。「いいね!」をお願いします
https://www.facebook.com/Memberscorp
◆メンバーズ関連書籍、好評発売中です
/article/2903

======

小野寺翼 (おのでらつばさ)

制作会社数社を経て2006年1月株式会社メンバーズに入社。企業サイトの運用ディレクションおよび品質管理を担当。現在は、自社が注力をしている「ソーシャルメディア」を中心とした各種提案やディレクションを担当。2013年2月よりエンゲージメント・ラボ担当に。著書に「Facebookページ プロフェッショナルガイド」「エンゲージメント・マーケティング ~Facebookが生み出す企業と生活者の絆~」、「Facebook プロフェッショナルガイド(マーケティング編デザイン編)」(いずれも共著、マイナビ)があります。趣味はトライアスロン。
Facebook:http://www.facebook.com/tsubasa.onodera

Google+:Google


カテゴリ: Facebook
2014年04月30日

RSS