1. ホーム
  2. コラム
  3. Web動画:ブランディングか?プロモーションか?YouTubeを活用した動画マーケティングの可能性

Web動画:ブランディングか?プロモーションか?YouTubeを活用した動画マーケティングの可能性

企業のWeb担当者のみなさまは、動画広告を「コストがかかる割に効果がいまひとつわからない広告手法」だと感じていませんでしたか?

昨今のアドテクノロジーの進化により、訴求力の高い動画広告をターゲットに配信することが可能になり、2013年は動画広告元年と呼ばれ、動画を活用したマーケティング事例が数多く見られるようになってきました。

  • 獲得系広告のパフォーマンスが伸び悩んでいる
  • 認知系の広告を実施したがいつもやったきりになっている
  • 動画を使って自社の商品の認知を獲得したい
  • 獲得した認知を効率的に販促につなげたい

などのお悩みに、予算に応じた少額からの出稿ができ、トラッキングツールとの連携による効果測定が可能になった動画広告が注目されています。

本資料では、企業は動画コンテンツをどのように活用していくべきか?
Youtube×Google Adwrodsを用いた広告配信を例に、動画広告におけるKPIの見方や、販促に繋がる広告の作成方法などをご紹介していきます。

資料サマリー

ネット広告における課題と動画広告の位置づけ 動画広告=ブランディング+販促を実現するメディア
これまでの動画広告 コストがかかる割に効果がいまひとつわからない広告手法
これからの動画広告 予算に応じた少額からの出稿
トラッキングツールとの連携による効果測定
年齢・性別・地域など様々なターゲティング
動画広告を活用するタイミング
  • 獲得系広告のパフォーマンスが伸び悩んでいる
  • 認知系の広告を実施したがいつもやったきりになっている
  • 動画を使って自社の商品の認知を獲得したい
  • 獲得した認知を効率的に販促につなげたい
動画の活用方法
  • 動画共有サイトへ登録する
  • 動画広告を配信する
動画共有サイトへ登録する:YouTubeチャンネルの例 YouTubeチャンネル=YouTubeアカウント発行と同時に開設される
ブランドチャンネル=YouTubeチャンネル+カスタムタブ(ガジェット機能)を利用できる
※利用には一定額以上の広告出稿費用が必要
動画広告の種類(YouTube) インストリーム配信
インサーチ配信
インディスプレイ配信
動画広告の種類(Tubemogul) Omnibus TubemogulではDSPを利用して様々なAdnetworkへ配信可能
実践編
GoogleAdwords×YouTubeで実現する最新動画マーケティング YouTubeで認知獲得。Googleディスプレイネットワークで見込客ストック。自社サイトで販促。
動画からの導線づくり 動画を閲覧中のユーザを他のYouTube動画や自社サイトへ誘導する

  • 動画アノテーション
  • Call to action オーバーレイ
動画リマーケティング 動画を見たりチャンネル登録したユーザを見込み客としてストック
事例
効果検証
効果検証ポイント
さらなる効果検証 動画の視聴によってユーザはどのように態度変容したのか?
→ディスプレイ広告だけを対象とした効果測定からWeb広告全体の妥当性を検証する「より進んだ分析・改善が可能に!」
まとめ 動画広告を活用するメリット
→ブランド認知の獲得+

  • コストパフォーマンス
  • 見込客のストック
  • 効果検証

Web動画関連情報

口コミを生む動画キャンペーンとは?~成功事例とそのポイント~
http://blog.members.co.jp/article/9331

動画の効果を最大化するためのKPI設計とは?
http://blog.members.co.jp/article/9337

動画の使い道は企業毎に異なります。最適なWeb動画マーケティング戦略を、いち早く「Web動画の可能性」に取り組んできたメンバーズがバックアップいたします。
Web動画マーケティング

カテゴリ: Web動画マーケティング, Youtube
2013年09月17日

RSS