1. ホーム
  2. コラム
  3. 【企業サイト運営】Webサイト運用でお困りですか?劇的に負荷を軽減する運用設計Before・After~運用を劇的に軽減させる設計方法とは~

【企業サイト運営】Webサイト運用でお困りですか?劇的に負荷を軽減する運用設計Before・After~運用を劇的に軽減させる設計方法とは~

企業のWeb担当者のみなさま、Webサイト運用でこんな困りごとはありませんか?

「何が正しいのかが明確になっていない」
運用への期待が明確でない。品質基準(ガイドライン)が明確でない。指示(原稿)の内容が明確でない・・・
「直前ギリギリまでスケジュールが曖昧」
コンテンツの更新頻度が分からない。公開日時がなかなか決められない。公開直前にイレギュラーが起こる・・・
「関係者の交通整理ができていない」
責任者、承認手順・方法が曖昧。「分かる人」が一人しかいない。複数ベンダーのまとめ役がいない・・・

Webサイトの運用は、指示から制作・承認・公開まで「早く、正確に、更新を実現する」ことであり、やっていることはとてもシンプルに見えます。

しかし、本当にシンプルであれば「瑕疵ゼロ。公開遅延ゼロ」が実行されなければいけませんが、多くのWebサイト運用現場では、日々同じようなミスや遅延が繰り返されています。

大切なのは「負荷を軽減する運用設計」を行うことです。

ガイドラインを用意することで「何が正しいのかを明確に」
作業予定を仮組みすることで「スケジュールを早めに確定」
オーナー側の体制図も明確にすることで「関係者の交通整理を行う」ことが必要です。

本資料では、運用設計の重要性を考え、担当者とWeb制作会社の作業を軽減させるための設計方法をご紹介しています。

資料サマリー

運用、お困りですか?
日々の更新でよく起きる問題
裏側で起きていること
やっていることはシンプル 早く、正確に、更新を実現する。
瑕疵ゼロ 公開遅延ゼロ が KPI
本当にシンプル? すぐ対策できる課題は3つ
課題タイプ(1) 「何が正しいのか」が明確になっていない
原因 運用への期待が明確でない
品質基準(ガイドライン)が明確でない
指示(原稿)の内容が明確でない
対策1 短納期が大事なら、案件の優先順位は決めておく
対策2 さらに、ガイドライン更新・周知の手続きも決めておく
対策3 認識齟齬が生じた部分を修正管理表に記録し改善・テンプレート化を図っていく
課題タイプ(2) 直前ギリギリまでスケジュールが曖昧
原因 コンテンツの更新頻度が分からない
公開日時がなかなか決められない
公開直前にイレギュラーが起こる
対策1 やりたいこと+実測値の両方を確認して作業予定を仮組みする
対策2 基本の更新タイミング、制作リードタイム
定常体制での作業キャパシティを明確化
対策3 検品ルールを作って合格したものへの修正回数を制限する
課題タイプ(3) 関係者の交通整理ができていない
原因 責任者、承認手順・方法が曖昧
「分かる人」が一人しかいない
複数ベンダーのまとめ役がいない
対策1 コンテンツオーナー側の体制図も作る 承認フロー、不在時の対応も明確に
対策2 運用事務局による公開一元管理
改善結果の例
運用設計とは?
運用設計は何のため?
ゴール指標と行動計画が必要 「やりたいこと」の ゴールとスケジュールも共有しよう!

Webサイト運用関連情報

リニューアルは運用見直しの大チャンス!
Webサイトリニューアルを失敗しないためのWebサイト運用診断

安定した定常運用に加え、アクセスログ解析による提案型PDCA運用で、改善策をご提案・実行し続け、貴社Webマーケティングを全面的にサポートします。
Webサイト運用

カテゴリ: Webサイト運用運営, Webリニューアル
2013年08月05日

RSS