1. ホーム
  2. コラム
  3. Twitter活用・Facebook活用:FacebookページやTwitter、複数SNSの運用を改善!! 投稿管理ツール選定にあたりおさえるべき3つの機能!!

Twitter活用・Facebook活用:FacebookページやTwitter、複数SNSの運用を改善!! 投稿管理ツール選定にあたりおさえるべき3つの機能!!

株式会社メンバーズ エンゲージメント・ラボ
小野寺翼

自社のFacebookページやTwitterアカウントを「もっと効率よく運用したい」。そうお考えの方も多いのではないでしょうか? 各社が提供している「投稿管理ツール」の導入が、そんなお悩み解決の一助につながるのではと考えています。今回は、「投稿管理ツール」の選定にあたり抑えてくべき3つの基本機能をご紹介します。

複数SNSの運用を効率よく! 「マルチアカウント」機能!

まず、自社がどのSNSを運用しているのか? Facebookページのみ? Twitterも? 昨今では、Google+ページも運用している等、各企業によってそれぞれだと思います。

複数のSNSを運用しているのであれば、各アカウント(マルチアカウント)に対応している必要があります。当たり前のことではありますが、選定の第一段階といえます。

管理者が投稿内容をチェック! 「承認フロー」!

各担当者が作成した内容を管理担当者が事前にチェックをしたい。そんな状況もあり得ることと思います。多くの「投稿管理ツール」の持つ機能「承認フロー」を導入することで、公開前に管理者が内容をチェックすることができます。

担当者が準備をすすめた投稿は、管理者が承認するまで公開されません。公開前に事前承認というステップをいれることで、オペレーション上のミスを削減、更には誤情報や公開不可情報の露出という最悪の自体へのリスクも削減できます。

準備をしたら自動で投稿! 「予約投稿」機能

毎回決まった時間に投稿対応を行うのは大変。そう考えている方も多いでしょう。多くの投稿管理ツールでは事前に公開時間を予約設定できる「予約投稿」機能を持っています。

この機能により、公開時間の人員配置を最低限にすることができます。時に、「営業時間外」での対応もふくめ、柔軟に検討できるでしょう。また、「予約投稿」機能のもう一つの大きなメリットは、公開前に事前設定というステップを入れることで事前確認を強化できる点です。「承認フロー」同様、オペレーションミスや誤投稿等のリスク削減にも効果を発揮します。

3つの機能を抑え、自社にあったツールを!

現在、各社で様々な投稿管理ツールが提供されています。上記のポイントを踏まえ、自社のSNS運営ならびにツール選定の参考にしてみてください。

「投稿管理ツール」を活用したSNS運用のご相談は以下よりお願いいたします。

—————————————————————
◆【エンゲージメント率を下げずにファンを獲得する】Facebook広告出稿サービス
http://www.members.co.jp/services/smm/facebookads/
◆Facebookアプリ開発やFacebookページ運用に関するお問い合わせはこちら
https://www.members.co.jp/contact/app/input.php?ct=service
◆メンバーズの公式Facebookページです。「いいね!」をお願いします
https://www.facebook.com/Memberscorp
◆メンバーズ関連書籍、好評発売中です
http://blog.members.co.jp/article/2903

======
小野寺翼 (おのでらつばさ)

制作会社数社を経て2006年1月株式会社メンバーズに入社。企業サイトの運用ディレクションおよび品質管理を担当。現在は、自社が注力をしている「ソーシャルメディア」を中心とした各種提案やディレクションを担当。2013年2月よりエンゲージメント・ラボ担当に。著書に「Facebookページ プロフェッショナルガイド 新規ウィンドウが開きます」「エンゲージメント・マーケティング ~Facebookが生み出す企業と生活者の絆~新規ウィンドウが開きます」、「Facebook プロフェッショナルガイド(マーケティング編新規ウィンドウが開きますデザイン編新規ウィンドウが開きます)」(いずれも共著、マイナビ)があります。趣味はトライアスロン。
Facebook:http://www.facebook.com/tsubasa.onodera新規ウィンドウが開きます

カテゴリ: Facebook, Twitter
2013年04月05日

RSS