1. ホーム
  2. コラム
  3. 【Webサイトコンテンツ】WEBサイトの種類とコンテンツの種類について<後編>

【Webサイトコンテンツ】WEBサイトの種類とコンテンツの種類について<後編>

WEB

前回に続き、今回は後編を紹介していきます。【前編】を読んでいない方はコチラ

◆ コンテンツの種類
【後編】
8.商品紹介
9.用語解説
10.サポート
11ハウツー
12ヒストリー
13.動画
14.漫画
15.LP(ランディングページ)


8. 魅力的に伝えたい「商品紹介」

最重要とされるコンテンツ。サービス・商品は会社にとって生命線です。いかに魅力的なものにするかが勝負となります。

森永製菓株式会社
http://www.morinaga.co.jp/products/
スタンダードな形の商品情報。一覧で表示され、どのような商品を取り扱っているのか分かりやすいです。

森永製菓株式会社

UNIQLO
http://www.uniqlo.com/jp/
商品紹介ではしっかりと良さ、世界観を伝えつつもその場で購入できるECサイトとしても兼ねています。またフルラインナップの取り扱いしているため店舗による限定アイテムもしっかりと取り揃えた世界最大のユニクロ店舗を実現しています。

UNIQLO


9. サービスの理解をより深くする「用語解説」

専門用語はネット・金融系のサイトに比較的多く見られ、検索の幅も広がりリーチ数の増加にも期待できます。下記の日本取引所グループ、KDDIのようにテキストベースが一般的となっています。

日本取引所グループ
http://www.jpx.co.jp/glossary/

日本取引所グループ

KDDI
http://www.kddi.com/yogo/

KDDI


10. その場で解決「サポート」

Canon:動画Q&A
http://cweb.canon.jp/e-support/faq/animation/ij-mfp/ts9030-list.html
テキストだけでは伝わりにくい操作を動画で補完しています。

canon

任天堂:
https://www.nintendo.co.jp/support/index.html
一番情報が必要であると思われる現行の最新ハードを画像で1番上に大きく表示させることでスムーズに確認することが出来ます。肝心の各機器のサポートページも図解付きでわかりやすいものとなっています。

任天堂


11. 数が増えることでより面白くなる「ハウツー」

Vol.1や○○編といったように記事に一貫性を持って掲載することでサイトのリピータもつきやすいです。また、サイトに記事がどんどんストックされていくので、ファンの好みなど傾向を分析しやすく、検索の幅も広がりリーチ数の増加にも期待できます。

ハウス食品:レシピ
https://housefoods.jp/recipe/index.html
自社製品を使用したレシピを公開しています。また、「商品から探す」レシピ検索は自社ならではの検索で利用しやすいものとなっています。

ハウス食品

ダイキン工業株式会社:空気の困り事ラボ
http://www.daikin.co.jp/air/knowledge/labo/index.html
普段私たちが生活する上での困りごとを「原因」「解決方法」だけでなく「参考情報」も一緒に発信することで、ユーザーがより納得しやすいコンテンツとなっています。

ダイキン工業株式会社


12. 会社の魅力を伝える「ヒストリー」

当たり前ですが、沿革は企業によって見せ方が違います。そして、存在が薄くなりがちなコンテンツでもあります。しかし、このコンテンツを興味深いものにすることで、会社の情報を欲しい人からすると大きな判断材料になることでしょう。

サントリー
https://www.suntory.co.jp/company/history/
商品、活動、受賞歴など時系列で分かりやすくまとめられています。基本的にこのようなタイムラインのヒストリーが多く見られます。

suntory


13.サービスをダイレクトに伝える「動画」

無印良品:MUJI TO RELAX
http://www.muji.com/jp/beadssofa/
ページをスクロールすると動画が再生され、より製品が伝わりやすいページとなっています。

無印良品

沖縄美ら海水族館
https://churaumi.okinawa/
魚たちの泳ぐ動画をトップページの背景とすることで沖縄美ら海水族館がどのような施設なのか魅力的に伝えています。

沖縄美ら海水族館

 


14. より親しみやすい「マンガ」

企業サイトに徐々に広まってきている「マンガ」記事。
訴求力の高い「マンガ」で製品・サービスを紹介しています。インフォグラフィック同様にテーマに対しての興味関心だけでなく、マンガということで新しい層のリーチの導入が期待出来ます。

資生堂インテグレート:マスカラ塗ると変化する恋愛マンガ
http://comic.ie.shiseido.co.jp/story02/
ただ読み進めるだけでなく、マンガの中盤で各商品の選択肢があり、各商品の良さのマンガに切り替わることでユーザーも楽しみながら読み進められます。

資生堂インテグレート

LOTTE:米倉部長が行く!
http://www.lotte-oratect.jp/comic/
「歯ぐきのカンタン新習慣」を漫画でユーモアに表現。社会人ならば身近に感じるシチュエーションでより、共感しやすいものとなっています。

LOTTE


15.サービスの情報、販売など幅広く紹介するLP(ランディングページ)

大半のLPの目的は申し込みや問い合わせなど、売り上げにつなげるためのものです。そのため商品の魅力を伝えるためビジュアル、動画、テキストなど工夫を凝らしたページとなります。

えがお:青汁満菜
https://www.241241.jp/lp/am005/pc/
スクロールしなくてもファーストビューで伝えたい情報がほぼ網羅されています。そして一回目の購入リンクボタン。⇒商品説明⇒購入リンクボタン。といったように常に「購入」できる流れになっています。

えがお

以上になります。
【前編】【後編】に分けて書かせて頂きましたが、どれも基本的コンテンツです。しかし、この基本的なコンテンツに対してしっかりPDCAを回しより良いコンテンツに昇華させているサイトはそう多いわけではありません。新しくWEBサイトを作成する、リニューアルする際には参考にしてみてください。


■関連サービス
株式会社メンバーズ 及び 株式会社MOVAAA(メンバーズグループ)はコンテンツ制作支援、動画マーケティング支援を提供しています。
ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

株式会社メンバーズのサービス紹介
Web動画マーケティング
YouTube企業アカウント公式チャンネル運用サービス
株式会社MOVAAA
http://movaaa.com/


■コラム執筆者
MOVAAA
工藤 隆弘

RSS