1. ホーム
  2. コラム
  3. 初めてWeb運用担当になった時に知っておきたい超基礎知識 Webページの目的

初めてWeb運用担当になった時に知っておきたい超基礎知識 Webページの目的

初めてWeb運用に携わった場合に知っておきたい超基礎知識。今回はWebサイトの目的についてまとめてみました。


そのWebサイトは本当に必要ですか?

そもそも、なぜWebサイトを作るのでしょうか?

「今の時代はどの会社もサイトを作っているから」、「競合他社がサイトを持っているから」といった回答が多いかと予想されます。他が作っているから自分たちも同じようにしようと考えるのはよくありません。

その様な考えでは、コンテンツを作る際も思いつきで作成してしまうため、Webサイト全体で何を伝えたいのかが分かりにくくなってしまいます。その様なサイトでは、訪れた閲覧者はページを見ることなく離脱することでしょう。

そんな状態のWebサイトでは、ユーザーへ情報が伝わらないものとなってしまい、会社の利益向上のツールにはなりません。そのため、社内では影響力が大きくないメディアと認知されてしまい、予算も削られてしまうかもしれません。

Webサイトの目的

Webサイトを作成する際に一番大切なことは目的を明確にすることです。
アクセスしてきた閲覧者へ「何を発信したいのか」、「何を知ってもらいたいのか」、「どんな行動してもらいたいのか」を考えて作ることが重要です。

企業によって異なりますが、一般的には売上向上、ブランドイメージのアップ、コスト削減などの会社の利益を高めることを目的としてWebサイトは作られます。そして、その目的に応じたアクセス数、PV数、コンバージョン数などの目標を設定して運用されています。

Webサイトの目的と種類

Webサイトにはどのような目的とそれに応じた種類があるかを見ていきましょう。

特定の商品やサービスに特化

特定の商品やサービスに特化したWebサイトはプロモーションサイトと呼ばれています。これは新商品、新サービスのユーザー認知度を向上させるために作られます。ユーザーに魅力的に伝わるように写真が多く使用される傾向が高いサイトです。

広告、検索結果からアクセスした人が訪問するページ

インターネット広告や、検索エンジンの検索結果などからアクセスしてきた人が最初に訪問するページをランディングページといいます。このページ内で問い合わせ・申し込み・資料請求などを促す目的として作成されます。

ブランドイメージ向上

ブランドイメージを向上させるために作られるサイトはブランディングサイトと呼ばれています。ビジュアルでの訴求や、閲覧者に刺さるようなキャッチコピーが多く用いられます。

商品やサービスの販売

商品やサービスの売上向上を目的として、モノ・サービスを販売するサイトをECサイトと呼びます。代表的なサイトとして、楽天市場・Amazonマーケットプレイスなどへ出店するモール型と、自社でサイト構築する自社サイト型の二種類があります。

来店客数増加

来店客数を増やすことを目的としてお店を紹介しているページを店舗サイトと呼びます。写真を多く使用することで閲覧者に店内の雰囲気を伝えたり、店舗への誘導のために連絡先、予約・アクセス方法を伝達しているページとなっています。

会社情報の公開

顧客、株主などの様々なステークホルダーへの会社情報公開を目的としているサイトをコーポレートサイトと呼びます。主に企業情報を掲載しています。

問い合わせ減少

お問い合わせページは利用者からの電話などによる問い合わせを減らす目的で作られます。多いと予測される質問は事前にQ&Aやマニュアルを掲載することで問い合わせ数を減らします。最近では動画を掲載することで視覚的に説明しているものもあります。

世の中に沢山あるWebサイトは何かしらの目的を基にして作成され、運用されています。その目的を理解することが効果的なサイトになる第一歩ですので、是非一度携わっているサイトを確認してみてください。

■コラム執筆者

第2ビジネスユニット アカウントサービス第1ユニット 原直樹
流通、バックオフィス業務委託で経験を積み、新規業務委託の運用構築、業務品質管理・改善等を 経て2013年2月よりメンバーズへ入社。品質管理の経験を活かし大手金融機関にて運用に携わる。

カテゴリ: Webサイト運用運営
2017年08月31日

RSS