1. ホーム
  2. コラム
  3. SEOの深い知識がなくてもOK!コンテンツを追加しSEO効果を高める方法~ユーザーの役に立つコンテンツを評価する~

SEOの深い知識がなくてもOK!コンテンツを追加しSEO効果を高める方法~ユーザーの役に立つコンテンツを評価する~

こんにちわ。株式会社マイナースタジオで「SARAS(サラス)」という女性向けメディアを運営している池田です。

SARASは2015年9月に立ち上げて以来、順調に規模を拡大し、2017年3月現在、ページビュー250万、ユニークユーザー180万を突破しています。

今回はSEOでサイトのPVを伸ばしたいと考えているウェブサイト担当者に向けて、SARASで実施しているSEO施策の一部をご紹介します。


SEO対策って難しい?

みなさんはSEO対策にどのようなイメージを持たれているでしょうか。

タイトルタグ・ディスクリプション・h2などのタグにキーワードを入れるetc…

その対策は間違っていませんが、キーワードを豊富に入れたからといって、ユーザーにメリットがあるかといえば、直接的なメリットはありません。

お金をかけてSEO施策を行うなら、表面的な対策を施すだけでなく、ユーザーにとって有益な改善を行いましょう。


記事にコンテンツを追加する

Googleはウェブマスターガイドラインのなかで「(多くの)人の役に立つコンテンツを評価する」と言っています。

人の役に立つコンテンツを、自分なりに分解してみると以下のようになります。

・新鮮な情報である

・内容が専門的である(オーソリティーが高い)

・網羅性がある

注目していただきたいのが3つ目の「網羅性」です。

網羅性とは、情報が余すことなく盛り込まれているということです。


たとえば「渋谷 カフェ」で検索してきたユーザーに対して、5つのカフェを紹介するより、10店舗を紹介したほうが、ユーザーにとっては選択肢が増え利便性が高まります。

また闇雲に数を増やすだけでなく、「渋谷 道玄坂 カフェ」「渋谷 深夜営業 カフェ」など、ユーザーニーズを細かく拾っていくことで、コンテンツに幅も出ますし、サイトのオーソリティーも高まりやすくなります。

このようにコンテンツを増やすことによって、ユーザーの利便性に寄与することができます。


追記することで検索順位が上昇することも!

自分のチームではコンテンツを追加することを「追記」と読んでいます。

例えば「渋谷のおすすめカフェ5選」というリスティクルな記事があった場合、そこに新しくオープンしたカフェの情報を追記し「10選」にするなど、定期的にコンテンツを追加しています。


※SARASのあるキーワードにおける順位の推移。
1月に追記を行ったことで、2月上旬に順位が一気に上昇している。GRCで計測。



またGoogleは、古い情報が掲載されているコンテンツを低く評価する傾向があります。

つまり更新性を高めるという意味でも「追記」は有効です。

公開したコンテンツは放置せずに、定期的にメンテナンスすることが重要と言えます。


コンテンツを追加する時の注意点

コンテンツを追加する時の注意点ですが、もちろん新しい情報やキーワードを大量に追加すればいいわけではありません。

その記事はどんな人に何を伝えたいのか、ユーザーはどんな目的でそのキーワードを検索したのか(検索意図)を考えた上でコンテンツを設計する必要があります。

重要なのはユーザーの「検索意図」を理解した上で、コンテンツを開発することです。

検索意図を理解しないまま、闇雲に情報を追加してもユーザーにとって有益ではありませんし、Googleからも評価されにくいでしょう。


まとめ

もしコンテンツの検索順位が上がらなくてお悩みの方は、ぜひ追記を行ってみてください。

もちろんコンテンツを追加したからといって、必ず順位が上昇するわけではありませんが、検索意図をしっかりとコンテンツに反映することで、順位が上昇する例はあるようです。


※2017年時点の情報に基づいて書かれています。順位が上昇することを保証する記事ではありませんので、予めご了承ください。

■コラム執筆者

池田 紳
2011年株式会社メンバーズに入社。グローバル家電メーカーのサイト開発や、鉄道会社への大規模プラットフォーム導入のプロジェクトマネジメントを担当。2015年よりマイナースタジオに出向。女性向けメディア「SARAS」の企画・運営。

■ご案内
Webサイト、ソーシャル、モバイル、アプリなど、広範囲にわたって企業のデジタルマーケティング運営支援を総合的に行い、ビジネス成果向上を目的に専任チームでWebサイトを運用いたします。
Webサイト運用サービス

カテゴリ: コンテンツマーケティング
2017年03月31日

RSS