1. ホーム
  2. コラム
  3. 『資生堂“ワタシプラス”に学ぶオウンドメディア運営事例 セミナーレポート』

『資生堂“ワタシプラス”に学ぶオウンドメディア運営事例 セミナーレポート』

みなさんこんにちは!2016年新卒入社の古川です。今回は2017年2月17日(金)に開催されました「資生堂“ワタシプラス”に学ぶオウンドメディア運用事例」のセミナーの様子をお届けいたします。

第1部は資生堂ジャパン株式会社で EC事業を推進されている徳丸様をゲスト講師としてお迎えし、ワタシプラスの立ち上げから現在のお取り組みなどについてお話ししていただきました。第2部では弊社ユニットプロデューサーの安永から「PDCAをチームに定着させるカイゼン型運用メソッド」について、実際の事例をもとに説明をさせていただきました。

 
当日は金融業からメーカーまで様々な業種の60名以上の方にご参加いただきまして、会場が満席になる大盛況のセミナーとなりました。

それでは最後までぜひお読みください!

第1部 “ワタシプラス”が目指す最適ブランド体験と実現に向けた運営体制



資生堂ジャパン株式会社 EC事業推進部長 徳丸 健太郎様
 
1992年に資生堂入社。国内営業担当、セルフ化粧品ブランドのマーケティング担当を経験後、
  国内事業戦略部門にて、ワタシプラスを企画。2012年4月にサービスをローンチし、現在に至る。

 

第1部は「“ワタシプラス”が目指す最適ブランド体験と実現に向けた運営体制」をテーマとして、資生堂ジャパン株式会社の徳丸様にご登壇いただきました。

内容は、2012年にワタシプラスの立ち上げに至った経緯から、現在の取り組み、今後目指している姿、運用体制などについてご講演いただきました。どのような問題意識からサービスを企画したのか、顧客を起点にしてどのようにブランド体験を設計してきたかなど、実体験を交えた貴重なお話が盛りだくさんでした!

中でも印象的だったのが、「ワタシプラス」はデジタル上で完結するWEBサービスに留まらず、デジタル・リアル(店頭)も含めて顧客と資生堂グループを結び付けるデジタルプラットフォームであるといったお話と、顧客ロイヤルティを高めるためにプライベートDMPやMAなどのツールを導入し、データの収集・分析をすることで「モーメント」を捉え適切なコミュニケーションを顧客と図るといったお話で、来場者の多くが興味深く耳を傾けていました。

講演後、聴講者の方から「売上を求める成果重視からプロセス重視に変わっていったきっかけは?」「コンテンツとコマースの関係性は?」など、多くの質問が飛び、徳丸様との白熱したやりとりが展開され、質疑応答時間も盛り上がり終了しました。

第2部 企業のWebチームがPDCAを回せない5つの理由と解決する運営メソッド
~資生堂様をはじめとするご支援事例を通じて~



株式会社メンバーズ ユニットプロデューサー 安永 麻里絵
大手総合通販会社で8年間ECサイトの運営を担当。EC企画/制作や運用改善、チームのマネジメントを歴任。
2014年メンバーズに入社後は、大手通信会社様へ2年間常駐し、制作ディレクション・KPIレポート作成・PDCA運用促進などを担当。
現在は複数案件でプロデューサーを兼務。

第1部の最終パートで徳丸様が「ワタシプラスの業務領域が拡大したことで、社員が注力すべき業務・外部のプロに頼む業務の切り分けが重要になった」とのお話しがあり、第2部では 弊社安永がそのバトンを受け取る形で、お話をいたしました。

第2部ではWeb運営において、運用チームがPDCAを定着させることができない5つの理由として、「忙しい」「行き当たりばったり」「成果が上がるか自信がない」「分析・レポートが目的に」「あの人がいないと出来ない」を解説。
どこのWeb運営組織にもあるそれらの課題を解決するためのPDCAメソッドを紹介。

メンバーズでは資生堂様をはじめとする様々なご支援の実績で培った、再現性のあるPDCA運用を実現するためのメソッドがあります。そして、大幅なページビュー増加やCVRの増加を実現してきたメソッドを詳しく説明いたしました。
事後アンケートに「明日からでも安永さんのメソッドは採用したい」といった声も寄せられており、Web運営者が直面する課題や悩みの解決にマッチする講演だったようです。

セミナーを終えて

講演終了後、徳丸様にお話を伺う時間を頂きました。
「ワタシプラスを見て、どうやって社内を説得したか?予算を取ったか?という質問を頂くことは多いのですが、もちろん事業を行う上で予算を取ることが大切です。しかし、デジタルやオウンドメディアの活用がどのように事業そのものの成果に繋がるのか?その目的と目標を明確にすることが何よりも大事です。そこを持って進むことで、このような施策の存在感や価値が高まっていくと思います」と実感のこもった説得力のあるコメントを頂きました。
オウンドメディアの活用を今後ご検討されている方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

最後に参加された方の声をご紹介します。

金融業 A様:「オウンドメディアの成功事例を知ることで、社内稟議の説得材料の参考にしようと思い参加しました。
オウンドメディア運営にあたって、縦割り組織の取組みやデータ収集の方法などをお聞きすることができ大変参考になりました。」

こちらの声に代表されるように、セミナー内容に参考になったとアンケートに回答した人は8割を超え、大変満足度が高かったようです。

メンバーズでは引き続きWEBのご担当者さまのお役に立つような様々なセミナーを開催していきますので、奮ってご参加くださいませ!


■関連リンク
メンバーズのWebサイト運用/デジタルマーケティング支援についてはこちら!

ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

カテゴリ: Webサイト運用運営, セミナーレポート
2017年03月27日

RSS