1. ホーム
  2. コラム
  3. 2017年海外検索エンジンシェア最新情報!|中国・日本・台湾・タイ・ベトナム・アメリカ他:世界13カ国(2017年1月版)

2017年海外検索エンジンシェア最新情報!|中国・日本・台湾・タイ・ベトナム・アメリカ他:世界13カ国(2017年1月版)

今回は2017年1月における中国・日本・台湾・タイ・ベトナム・アメリカ他13カ国の検索エンジンシェア状況をまとめました。前回好評だった2016年海外検索エンジンシェア新常識!|日本・中国・台湾・香港・他7カ国(2016年1月版)につづいての記事です。

インバウンド市場でWebマーケティング及びプロモーション実施にあたり、検索エンジンマーケティングはとても重要です。今回は日本企業が最も進出している国・地域、及び進出予定のある国・地域(帝国データバンクよりデータ抜粋)を対象に、PC、モバイル、タブレットにおける検索エンジンシェアを調査致しました。

前回調査との変更点:調査対象国・地域の一部入れ替え

■セミナーのご案内
海外から見た日本企業の”間違いあるある”とグローバルWebのポイント(2017年7月25日(火)開催セミナー~リクルートなど企業サイトの事例から~)

調査要項

【趣旨】
日本、中国、台湾、アメリカ、メキシコ、インド・ASEAN主要国(タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナム、ミャンマー、フィリッピン)13カ国の主要検索エンジンシェア(PC、モバイル、タブレット)を調査。

【調査対象期間】
2017年1月1日から31日までの1ヶ月間。

【調査日】
2017年2月24日

【調査データ】
検索エンジンシェア:StatCounter

各国別検索エンジンシェア(中国・日本・台湾・アメリカ・インド・メキシコ・ASEA主要国)

Search_engine Share

※StatCounterよりグラフを作成

日本:Google:66.73%,Yahoo!:28.85%,その他全部:4.41%

中国:Baidu:75.55%,Haosou:8.25%,その他全部:16.86%

タイ:Google:98.58%,Yahoo!:1.17%,その他全部:0.24%

ベトナム:Google:93.25%,CocCoc:3.88%,その他全部:2.87%

インドネシア:Google:98.31%,Yahoo!:1.15%,その他全部:0.54%

台湾:Google:86.88%,Yahoo!:11.99%,その他全部:1.13%

シンガポール:Google:95.65%,Yahoo!:2.54%,その他全部:1.78%

マレーシア:Google:96.39%,Yahoo!:2.31%,その他全部:1.30%

フィリッピン:Google:95.48%,Yahoo!:3.54%,その他全部:0.99%

ミャンマー:Google:88.95%,Baidu:4.54%,その他全部:6.51%

インド:Google:95.78%,bing:2.53%,その他全部:1.69%

USA:Google:87.49%,bing:6.15%,その他全部:6.36%

メキシコ:Google:95.17%,bing:2.70%,その他全部:2.13%

(なお、検索エンジンシェアは、上位2位まで表示。小数点第2位以下は四捨五入。)

上記のデータから、Googleが検索エンジンシェア80%以上を占めている国は全13地域中11地域、90%以上が8地域に及ぶことが分かります。

また、その他、検索エンジンシェア2位がYahoo!の地域は計8地域に及びます。Yahoo!に続くシェアが多いのはbingです。
しかし、中国においてトップシェアは、いずれも中国本土の検索エンジンで百度(baidu)が主要となっています。
それ以外の国・地域においてはGoogleがメインにマーケットを占めています。

従い、現時点でインバウンド施策・海外進出施策を考えているのであれば、中国に対しては百度(baidu)、中国以外の国・地域に対してはGoogleにフォーカスした戦略をとるのが効率的だと考えられます。

検索エンジンとSNSを併用したWebプロモーション施策!

海外ユーザーに情報を届けることおいて、当分の間は中国には百度(baidu)、その他にはGoogleへのWebマーケティング戦略をとることが大切です。検索エンジンの他にもWebを使った様々なアプローチやプロモーションがあります。たとえば、Facebook、Twitter、WeChat、Weibo、WeChat、Instagram、LINEなどのようなSNSを活用した戦略を立てていくことも重要です。

メンバーズでは、以下のようなサービスにも取り組んでいます。インバウンドに関する興味関心や課題がございましたらお気軽にご連絡ください。


※インバウンド関連のコラムを多数発信中!

■航空関連のSNSの事例に関して詳しく知りたい方はこちら

■訪日外国人のSNS利用動向など初歩からインバウンドを学びたい方はこちら

■中国最大のSNS「WeChat」を知りたい方はこちら

第1弾 インバウンド担当なら絶対知りたい10の基本まとめ!

第3弾 WeChat広告基礎講座

第7弾 解禁!日本企業がWeChat/Weixinで広告を出稿する方法

メールでのお問い合わせ


■コラム執筆者
于 凱(ユウ カイ)
インバウンドラボ所属。
NBA観戦が好き。好きな選手はレブロン・ジェームス。

RSS