1. ホーム
  2. コラム
  3. 訪日中国人は買い物を真似る?【中国人お母さん、育児前の沖縄旅行】~訪日外国人インタビュー第2回~

訪日中国人は買い物を真似る?【中国人お母さん、育児前の沖縄旅行】~訪日外国人インタビュー第2回~

インバウンドビジネス研究所では、訪日外国人に定期的にインタビューを行っています。
「なぜその商品を購入したのか」「何で情報を得たのか」など、生の声を聞くことで新たな気付きを得ています。

今回は、まもなく1歳になる娘を持つ「中国人お母さんのハンさん」に、
ツアー旅行で沖縄に来訪したときの話を聞いてみました!

中国の大学

http://z.jgaoxiao.com/tjfsu.html


今までの日本との接点

Q:今までの日本との接点を教えてください。

  • 天津の大学で日本語を勉強していました。
  • 当時訪日して東京観光する予定だった友達に頼んでパナソニックのカメラ(2010年当時の金額で3,000元(約39,000円))を購入しました。

友達が訪日する前に商品写真と名前を友人に伝え、名前さえ分かれば他のシリーズがないのでお任せしました。Wifiは当時あまり普及しておらず、最近のように店舗で商品の確認をWeChat(※1)で行うといった事はあまりなかったので、事前にきちんと伝えました。。いとこのお姉さんはLaoxで子供用の哺乳便を消毒する機器を買い、おばあさんには炊飯器やウォシュレットが人気商品でした。

※1 参考:【WeChat(微信)とは何か?】インバウンド担当なら絶対知りたい10の基本まとめ!


~2014年9月沖縄旅行~

(1)行くきっかけは旅行サイトのトップ写真を見て

旅行サイト

http://www.mafengwo.cn/poi/65325.html

Q:どうして沖縄旅行をしようと思ったのですか?

旅行を考えているとき、蚂蜂窝:mafengwoのトップ写真を見て沖縄へ行きたいと思いました。
トップ写真はユーザーが撮った写真であることを知っていたので、より共感できました。
その後は「日本旅游 沖縄」とBaiduなどで検索をして、行きたい場所を決めました。


(2)旅行の予約は友達にお任せ

Qyner

http://z.qyer.com/deal/71970/

Q:どのように予約しましたか?

友達と一緒に行くことを決め、穷游网:qyerで3泊4日旅行を予約しました。
ホテルと航空券は予め決まっており、移動は団体ですが、各目的地についたら全部自由で行動できるプランを選択しました。
wifiは事前に淘宝网:taobaoにて、モバイルwifiをレンタルしました。1日20元(約320円)、4日で80元(約1,280円)、帰国した時に郵便で返却するものにしました。


(3)買い物リストはiPhoneメモに

Q:事前に買い物するものは決めましたか?

Baiduにて「日本 買い物」「日本 お買い得なもの」といった内容を中国語で検索したり、小红书:xiaohongshuアプリで良い日本製品を探したりしました。(小红书は世界中のいいものを発見しよう!をコンセプトに、ユーザーが写真と説明文を価格付きで投稿し合うアプリ)この時は小红书で日本カテゴリ⇒ファンデーションを検索⇒欲しい商品を決めました。
買い物リストはiPhoneのメモに書いておき、お店は特に調べませんでした。


(4)香港経由で北京から日本(沖縄)へ

Q:どうやって沖縄に行きましたか?

香港ドラゴン航空で、北京⇒香港⇒沖縄と乗り継いで行きました。
合計20名程が参加してました。


(5)透き通った海に感動

沖縄

Q:観光はどちらに行きましたか?

アメリカ軍基地、美ら海水族館、ガラス工場などを観光し、
きれいな海の写真をとってWeChatモーメンツ(※2)でシェアして友達や家族にも景色を共有しました。

※2 WeChatの友人らと写真や動画、リンク等で情報を共有できるタイムラインです。


(6)観光日程をずらしてでも確保したお土産の購入時間

アウトレットモール

http://ashibinaa.okinawa/index.html?lang=zh-CN

Q:買い物は十分にできましたか?

買い物は自由にできて良かったのですが、買い物1日目は時間が短く足りませんでした。
そこで皆で訴えたところ、当日行く観光地を次の日にずらしてもらうことができ、十分な買い物時間を確保できました。
お土産は、国際通りや沖縄アウトレットモールあしびなーで買い物をしました。
一緒に旅行した友人はあしびなーで、1万元(日本で約16万円)もするハンドバッグを購入し驚きました。
私自身は、中国にいる妹、昔のクラスメイト、大学の友人とWeChatで連絡をとりながら、商品を写真で送って確かめ、購入しました。
一緒に行ったツアーの方々は若い人が多かったのですが、年配のおじさんはSEIKOの腕時計を、40~50歳のおばさんは炊飯器を買っていました。


(7)ツアー参加者がハンさんの買い物を真似た?

Q:旅行中面白かったことを教えてください!

面白かったのは、一緒に行ったツアーの方々が、私が買うものを真似て、同じものを買っていたことでした。みんなが買うものを真似するのかもしれません。
(ハンさんは事前に日本のお土産を調べていて詳しかったこともあり、他の方々から信頼されていたそうです。)


(8)ご当地の記念品として、ガラスコップを追加購入

沖縄ガラスのコップ

https://dongxi.douban.com/show/100277954/

Q:ガラスコップを買ったそうですね。

もともと買うつもりはなかったのですが、、実際に沖縄に行ってみるとガラス製品が沢山あることに気付きました。Baiduで検索してみると、沖縄の名物品だとわかり、2個記念にガラスコップを追加購入しました。中国人はご当地の記念商品を買うことが好きで、例えば東京の浅草で小さな記念品を買って行く人が沢山います。


(9)空港セキュリティに引っかかり泣く泣く捨てた、大量のソーキそば

Q:トラブルはありましたか?

トラブルは特にありませんでしたが、自分とボーイフレンドのお土産に沖縄ソーキそばを大量に買いましたが、空港のセキュリティチェックで荷物が多すぎて引っかかり、捨てました・・・。


(10)旅行後のお土産配布。遠い友人へは配達。

Q:お土産は誰に何を配りましたか?

      • お母さんには、黒ウーロン茶(ダイエット中だったので)
      • お父さんにはDHCの健康食品
      • 妹には化粧品
      • おばあちゃんには、日本の医薬品は安全だと思ったので風邪薬を沢山買っていきました。
      • 大幸薬品の正露丸、Q10の化粧品、FXシリーズ、ロートリセ目薬などを買いました。コンタクトのまま使える目薬が人気あります。
      • ボーイフレンド(今の旦那さん)は、たばこをよく吸い、喉に不具合があったので、龍角散の粉末と飴を買いました。粉末は小さなスプーンで直接喉のところへ流し込み治療できるものです。

また30元のCitizen体温計 (約480円)をプレゼントしました。(今では娘の体温計になってます。。)中国製だとメモリが正確にわかるものがなかなかないので、この機会に日本製を買いました。

    • 北京から離れたところに住んでおり普段会うことができない大学時代の友達には(山本漢方製薬の)大麦若葉粉末を北京から配達で送り、WeChatでお金を受け取りました。プレゼントであればお金いらないのですが、頼まれたものだったのでお金をもらうことにしました。


(11)戦利品をWeChatで紹介

戦利品2

Q:訪日後は、何か旅行について発信しましたか?

旅行後には、購入した”戦利品”というメッセージと共にWeChatのモーメンツで共有しました。蚂蜂窝:mafengwoでコメントを書いた人もいましたが、私は時間がかかり面倒なのでやらなかったです。


(12)最後に沖縄旅行の感想は?

Q:訪日旅行はいかがでした?

”ソーキそば” ”黒いラーメン” はとても美味しかった!うらら水族館?がすごく良かった! (美ら海水族館)

以上、ハンさんへのインタビューでした。


まとめ

  •  訪日のきっかけは「蚂蜂窝」のトップ写真、ツアー予約は「穷游网」、購入品の決定には「小红书」、観光地の感動は「WeChat」モーメンツで共有
  •  お土産は家族や友人に頼まれた品々に加え、食べて美味しかった沖縄ソーキそばと現地で知った沖縄名物のガラスコップ
  •  行って楽しかったのは美ら海水族館!

前の記事「インバウンド(訪日外国人) 街頭インタビュー調査 ~あなたは何しにこの街へ?~第1回 丸の内、皇居編」


■関連リンク
メンバーズのインバウンド(訪日外国人)向けWEB施策のサービスです。
ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

■インバウンドコラム

■コラム執筆者

沼田周大(ぬまた しゅうだい)
2014年入社。インバウンドチーム 北京駐在

RSS