1. ホーム
  2. コラム
  3. 商品購入その前に!仕様の確認していますか?~Web業界の標準規格をご紹介~

商品購入その前に!仕様の確認していますか?~Web業界の標準規格をご紹介~

 私が「標準化」について書こうとした経緯について少し書かせていただきます。半年ほど前、叔父が単身赴任でイギリスに行った際に買ってきてくれたかわいい照明器具がありました。とても気に入っていたのですが、電球が切れてしまったため、近くのコンビニで電球を購入したところ、照明器具に合いません。私のもらった照明器具は、日本のものと電球と照明器具の規格が違ったのです。こんなことは生まれて初めてだったため、調べてみたところ、「標準化」という規格を統一する作業について知りました。つまり、日本の照明器具とイギリスの照明器具は、異なる「標準」に従って作られていたのです。このことから、商品購入のまえに悔やまぬために標準について調べてみました。

電球

 

標準化とは?

「関係する人々の間で利益又は利便が公正に得られるように、統一し、単純化を図る目的で、もの(生産活動の産出物)及びもの以外(組織、責任権限、システム、方法など)について定めた取決め。 」(JIS)

先の電球の例にあった通り、標準化とは様々なものや人が、利便性や利益を公平に得られるように、仕様を統一する作業のことをさします。

標準化団体

代表的な標準化団体を紹介いたします。

 

 

 

 

標準規格

各団体はどのようなものを標準化しているのでしょうか。私自身がWebの業界に勤めているため、この業界の標準化規格について少し紹介します。

 

JISは日本の標準化団体であるため、国際的な標準化団体であるISOの規格をそのまま日本の標準にすることもあるそうです。

 

 

 

デファクトスタンダード

標準化団体が標準化したわけではなく、特定の企業などが採用した仕様がいつの間にか広く利用されるようになり、事実上の標準化となったものもあります。これを「デファクトスタンダード」といいます。例としては、日本ビクターが開発した、ビデオテープの規格であるVHSがあります。

 

 

バーコード

企業が作り出した標準化の大きな例としてバーコードがあります。1976年にアメリカの大手の大型小売店チェーンのクローガーが最初に実用化しました。手打ちで商品の値段を入れるやり方に手間取り、レジに長蛇の列がならぶ問題を解決すべく、商品にバーコードを付けてコンピューターに入力する方法を開発したのです。この会社と同じ悩みを持っていた欧米諸国がヨーロッパ共通コード『EAN』を制定し標準化したことがバーコードの始まりです。現在では、他にも以下のようなバーコードがあります

 

バーコードの種類

 

 

 

終わりに

国内では標準化されているものでも、各国、各業界によって異なる標準化団体が存在していることが分かりました。
物を買うときは、その商品の仕様が標準化されているものなのかどうか調べてから購入することが重要です。

 

メンバーズ 第2ビジネスユニットアカウントサービス第3ユニット  比良 幸

 

カテゴリ: 未分類
2016年06月17日

RSS