1. ホーム
  2. コラム
  3. Googleアナリティクスを使ったA/Bテスト(ウェブテスト機能)導入時の注意点

Googleアナリティクスを使ったA/Bテスト(ウェブテスト機能)導入時の注意点

Googleアナリティクスウェブテスト機能によるA/Bテスト

Webサイト改善の手法のひとつにA/Bテストがあります。

もしすでにGoogleアナリティクスを導入しているWebサイト環境であれば、追加予算なしで使うことができるA/Bテスト機能(Googleアナリティクス内での名称は「ウェブテスト」機能)があることをご存知でしょうか。

今回のコラムはこのウェブテスト機能導入時の注意点をまとめました。
※導入の手順などは最後に参考URLを掲載していますのでそちらを参照ください。

ページ単位の検証であること

ウェブテスト機能は下記図のようにページごとにアクセスを振り分ける仕組みとなっています。
ページ内の部分的な違いの場合でも別ページとして用意する必要があります。

ウェブテスト機能のイメージ図

通常、下記のように別htmlを用意します。

・オリジナル
http://example.com/landing.html
・パターン
http://example.com/pattern.html

以下のように動的パラメータを使った振り分けでも設定可能です。

・オリジナル
http://example.com/landing.html
・パターン
http://example.com/landing.html?pattern=1

またはフラグメント(#)でも可能です。

・オリジナル
http://example.com/landing.html
・パターン
http://example.com/landing.html#pattern=1

※Googleアナリティクス上では「オリジナル」ページと「パターン1」(さらに追加の場合は「パターン2」…)ページと称されているように、元となる「オリジナル」ページありきで、そこに別パターンを追加し検証するという考え方になっています。

▼参考URL
パターンのページの相対
オリジナルまたはパターンのページのパラメータの伝達

SEOランキング低下を防ぐ対策

検索エンジンなどのクローラーに同一ページであることを認識させるため、オリジナルページに対するcanonical指定をしておきましょう。

<link rel=”canonical” href=”http://example.com/landing.html”>

▼参考URL
ウェブテストとSEO ランキング

実はページ内振り分けもできる?

最初に「ページ単位の検証」と書きましたが、JavaScriptを使ってページ内のパーツごとに出し分けする仕組みを作成することも可能なようです。
ただし、こちらの手法はGoogleアナリティクス標準機能のみではなく、オリジナルのプログラムを組み込むことになりますので、エンジニアに確認をとってから採用を検討するようにしましょう。

▼参考URL
Googleアナリティクス応用:ページ内A/Bテストをする方法
Google Analyticsのウェブテスト(A/Bテスト)を手軽に効率よく実行する方法

「テスト対象のトラフィックの割合」の意味

設定時の項目に「テスト対象のトラフィックの割合」があり、「100・75・50・25・10・5・1」から選ぶことができます。

これは例えば50%とした場合、アクセスした総数の50%をテスト対象とするという意味で、その中からさらに半分の25%に対してパターンページを振り分けるという意味になります。

設定画面内でのテスト対象のトラフィックの割合

振り分け割合グラフ

設定が50%ならそのまま50%をテストパターンに振り分けるのかと思いがちですが、そうではなくアクセス全体からテスト対象そのものの割合を決めることができます。
前述した「オリジナル」ページありきの考え方というのがここでもわかります。

「多腕バンディッド」による自動振り分け(数値のみ取りたい場合は詳細オプションの変更が必要)

初期設定のままテストを実行すると振り分けだけではなく、その結果を反映した振り分け率の変更まで行うようになっています。
これは「多腕バンディッド」という算出方法で行われており、テスト中にどちらが高い成果を出しているか結果の計測まで行って割り振りに反映していってくれます。

しかし、もし単に最後まで対象内50%+50%の振り分けのみで数値を取りたい場合は、詳細オプションで設定を変更(「すべてのパターンにトラフィックを均等に分配」を「オン」に変更)する必要があります。

設定画面内の詳細オプション

▼参考URL
多腕バンディット テスト

おわりに

Googleアナリティクスウェブサイト機能の導入前に知っておきたい、気づきにくい・わかりにくいところをいくつかあげてみました。なんらかのA/Bテスト導入を考えられている場合は是非ご参考ください。

▼参考URL
アナリティクス ヘルプ ウェブテスト
↓ウェブテスト機能導入の具体的な手順
1分で分かる!Google AnalyticsでABテストを行う方法
Googleアナリティクス ウェブテストで手軽にグロースハック


■コラム執筆者
メンバーズ 第2ビジネスユニットアカウントサービス第8ユニット 木原慶仁

■コラム一覧
その推奨ブラウザ、見直してみませんか?HTML5・CSS3のススメ。
マルチデバイス対応時の画面設計におけるシンプルな考え方

お問い合わせはこちら

カテゴリ: Webサイト運用運営
2016年06月08日

RSS