1. ホーム
  2. コラム
  3. 【WeChat(微信)とは何か?】インバウンド担当なら絶対知りたい10の基本まとめ!

【WeChat(微信)とは何か?】インバウンド担当なら絶対知りたい10の基本まとめ!

中国現地向けだけでなく、訪日インバウンド客向けPRにも利用されるようになったWeChat(微信)とは?。LINE、Weiboとの違いは何か?まずは抑えておきたい10個の基本情報をご紹介します。

wechat introduction

画像:http://mt.sohu.com/20160503/n447475809.shtml



①WeChat(微信)とは?

wechat introduction

画像:http://www.tencent.com/en-us/ps/weixin.shtml

WeChat(微信:読み方weixin)は、Tencent(騰訊)が2011年にリリースしたメッセージアプリで、Weiboなどと並び中国最大SNSの1つです。
ユーザー数は国内約7億、世界で12億以上、月間アクティブユーザーは6.9億以上と、世界でも最大規模のアプリとなっています。中国人の日常メッセージはほとんどWeChatで行われており、スマホ・PCともに利用可能です。登録ユーザーは男女比が1.8:1、年齢層は18~25歳が約45%、26~35歳が約40%と2つの層で8割以上を占めています。
WeChat公式サイト:http://www.WeChat.com/ja/download.html


②運営会社は?

tencent webpage

画像:http://www.tencent.com/zh-cn/index.shtml

Tencent(騰訊)は1998年11月に設立され、今では時価総額はおよそ18兆円と、Baidu(百度)、Alibaba(阿里巴巴)と並び、中国IT業界を牽引する企業です。創業後、WeChatの前身となったメッセージアプリQQをリリースしユーザー数を伸ばすと、QQをベースとしたWeChatによって確固たる地位を確立し、現在ではSNSのQZONE、オンラインゲーム、EC、更に検索エンジンsogouへに投資するなど事業を広げています。
テンセント企業サイト:http://www.tencent.com/zh-cn/index.shtml


③個人アカウントは?

wechat message moments

基本的なメッセージのやり取りに加えて、モーメンツと呼ばれるタイムラインが良く使われます。モーメンツはFacebookやLINEのタイムラインと似ていますが、各投稿では自分の友人のアクション(Likeやコメント)しか見られないことや、フォローした企業公式アカウントの発信情報は広告を除いてタイムラインに流れてくることはないといった特徴があります。個人アカウントは日本でも取得可能です。※一部機能は限定されます


④Weiboとの違いは?

wechat weibo

画像:http://overseas.weibo.com/

Weibo(微博)が中国版ツイッターとするならば、WeChatは中国版LINEという理解が一番わかりやすいと思います。Weiboが拡散型メディアなのに対し、WeChatはOne to Oneメディアです。多くの企業はWeibo、WeChatのそれぞれの特徴を活かし、中国ユーザーにPRを行っています。


⑤LINEとの違いは?

wechat line

画像:http://www.chinadaily.com.cn/hqcj/xfly/2014-04-03/content_11528818.html

メッセージ、通話、ビデオ通話、ボイスメッセージといった基本機能に大きな違いはありませんが、メッセージに既読は付きません。その他にはWeChatにはシェイク、紅包(お年玉)といったオリジナル機能があります。お年玉機能は、親がお祝いに子供に送るといったお祝い事や、チャットグループにてゲーム感覚で送り合うなど、浸透しています。

⑥中国人はどんな使い方をする?

中国の方々はボイスメッセージを良く使い、携帯の声を認識する箇所に口を近づけて話す姿は良く見かけます。LINE程スタンプの種類は豊富でない代わりに、絵文字を良く使うようです。また名刺交換と一緒にWeChat IDを交換するなど、ビジネスの場面でも良く使われます。個人WeChatのQRコードを名刺に乗せている方も沢山いらっしゃいます。
決済サービスが進んでいる事から、コンビニ、タクシー、公共料金、映画チケットなど様々な場面で使われ、LINEより生活インフラとして進んでいます。


⑦どのくらいの頻度で使われる?

wechat use

画像:http://www.tencent.com/zh-cn/index.shtml

インフラとして使われるWeChatは、1日に9割以上のユーザーが1度は開き、10回以上開くユーザーが過半数を超えています。1日中使われるため、企業は多くのタッチポイントを狙い広告を実施しています。

⑧企業アカウントは何がある?

wechat public accounts

画像:https://mp.weixin.qq.com/

企業アカウントは日系企業含めたくさん存在し、ユーザー向けに自社情報を発信しています。アカウント作成自体は現地企業であれば容易にコストなくできるため、テンセントは対策として300元/年でのオフィシャル認証制度を設け、偽アカウントと区別できるようにしています。最近では中国に法人がない日系企業がインバウンド向けに作成するケースが増えています。
企業アカウントは3種類あり、購読アカウント/サービスアカウントは社外PR向けで、企業アカウントは社内のコミュニケーション専用のアカウントです。購読アカウント、サービスアカウントの違いは、記事の発信回数が購読アカウント1日1回に対し、サービスアカウントは1ヶ月4回です。ただ一方でサービスアカウントのほうがユーザーメッセージと同じ階層で通知が来るので見られやすいといったメリットがあります。その他に拡張機能の違いもありますが、詳しい内容は第2回にて説明します。

⑨中国大陸版と国際版 がある?

wechat introduction

画像:https://www.facebook.com/wechatapp/

WeChatには大陸版(中国国内)と国際版があります。
個人アカウントも、企業アカウントにも双方分かれており、テンセントは中国大陸版を微信(Weixin)と呼び、国際版をWeChatと呼ぶように分けています。

2つの違いは以下です。

【個人アカウント】

  • 国際版は大陸版と比較すると、ダウンロード直後は機能が限定的になっています。 例:クーポン機能、ウォレット機能など
    ※ただ最初にない機能も、例えば1度お金を受け取ったり、言語設定を中国語にすると、ウォレット機能が新しく使えるようになるなど、徐々に追加されていきます。
    私も日本でダウンロードした際はウォレット機能がありませんでしたが、お金を送ってもらうと機能が追加されました。
  • ダウンロード時に国際版か大陸版かは、基本は「登録の電話番号」で決まりますが、「アプリの設定言語」などの他要素で変わることもあるようです。
  • 大陸版は、国際版の企業公式アカウントを閲覧できません。一方国際版は、大陸版と国際版の企業公式アカウントの双方を閲覧できます。

【企業アカウント】

  • 国際版アカウントを中国ユーザーが見ることができないため、中国向けプロモーションは大陸版アカウントで実施となります。
  • 国際版では認証を受けたサービスアカウントでも、WeChat payment、wifi、クーポン、シェイクなど一部機能が拡張されません。
  • 大陸版は中国法人経由の申込(代理店を通すなど)が必要で、国際版は直接申込が可能です。国際版は直接申込が可能な代わりに企画書が求められます。
  • 社内コミュニケーション向けの企業版アカウントは大陸版のみです。

参考:http://www.WeChat-oa.com/oa1.html

※中国向けプロモーションには大陸版が必要で、かつ大陸版は中国法人経由の申し込みが必要と記載していましたが、一部条件つきで日本国内企業の中国向けWeChat広告出稿が可能となりました。(2017年2月更新)

⑩インバウンドにおいてなぜ重要か?

wechat customer journey

  1. 中国では利用ユーザーが伸び、今後ますますインフラとして使われていきます。
  2. 訪日前:企業が発信する情報や、旅行アカウントをフォローして情報収集をします。また友人の旅行投稿を参考にしたり、インフルエンサーの口コミの情報も確認します。
  3. 訪日中:友人に買いたい商品が正しいか家族に確認したり、今見つけた面白い商品を共有したりと旅行中も欠かせないアプリになっています。スマホ片手に買い物をする中国の方を見てみると、WeChatを開いている方は多いです。
  4. 訪日後:旅先の思い出だけでなく、戦利品をシェアすることもあります。更に興味を持った企業のアカウントをフォローし、欲しい物が見つかればECサイトで購入するといった方々が沢山いらっしゃいます。

インバウンド向けPRに今後WeChat活用はますます重要になってきます。活用を検討されてみてはいかがでしょうか?


RSS