1. ホーム
  2. コラム
  3. 初めてWeb運用担当になった時に知っておきたい超基礎知識 URL・IPアドレス・DNSとは

初めてWeb運用担当になった時に知っておきたい超基礎知識 URL・IPアドレス・DNSとは

初めてWeb運用に携わった場合に知っておきたい超基礎知識。二回目はURL、IPアドレス、DNSについてまとめました。

URLの仕組み

ブラウザでWebを閲覧する際に必要なのが「ホームページ(Webページ)のアドレス(URL)」です。普段は何気なく見掛けているかと思いますが、この文字の羅列は複数の要素から成り立っています。

例)メンバーズ 会社概要

①プロトコル表示

「プロトコル」とは「情報をやりとりするときに必要な約束(通信手順)」を意味しています。

たとえば、仕事などで複数の国の方と情報交換する際に、事前にコミュニケーション言語を決めておかないと意思疎通を取ることができません。この言語のように、コンピューター同士も情報のやり取りをする際に約束事が必要となります。URLにおいて、この「http」が「ホームページの情報をやり取りする際の約束(通信手順)」となります。

「http」は、HyperText Transfer Protocol の略で「ハイパーテキストをやり取り(通信)するための約束事」を意味しています。ホームページの大多数はハイパーテキスト形式で作られているため、ホームページのURLの先頭には「http://」が付いています。

また、ホームページによっては「https」から始まるページもあります。これは盗聴や第三者によるなり済ましを防止するために、WebサーバーとWebブラウザ間の通信が暗号化されている状態を表しています。通常はIDやパスワード入力、問い合わせなどで個人情報を入力したりするページに使用されます。これらの情報を扱う際はURLが「https」になっているかを確認してから入力を行いましょう。

②ホスト名

ホームページを構成している文章や画像のファイルを管理(ホスト)しているコンピュータの名前です。多くの場合は「世界中に張り巡らされたクモの巣」という意味の「World Wide Web」の頭文字をとった略称で「www」としています。

③ドメイン名

ドメイン名はネットワーク上のコンピュータの住所を表しており、「組織名+組織種別+国・地域コード」の順で構成されます。構成の順番は英語の住所と同じで詳細から大カテゴリーの順で記載されます。

例で挙げているURLの場合は下記になります。

  • 組織名:members
  • 組織種別:co
  • 国・地域コード:jp

組織種別は会社組織の場合は「co」、大学などの組織では「ac」などの違いがあります。

<参考>属性型地域型JPドメイン名 組織種別リスト

国・地域コードも日本の場合は「jp」となりますが、その他の国・地域では別のものになります。

④ディレクトリ名

多くのコンピュータはファイルを「ディレクトリ」「フォルダ」単位で階層構造管理しており、閲覧するファイルが入っている場所を示しています。

⑤表示ファイル名

最終的に表示されるディレクトリ内にあるファイル名です。このファイルにアクセスした人が閲覧しているものになります。

IPアドレスとDNS

ネットワーク上でのやり取りは、実際は数字の羅列で構成されているIPアドレスで行われています。IPアドレスは、「194.11.*.**」のように0~255の数字4つの組み合わせでできており、インターネットに接続する際にプロバイダなどによってコンピュータに割り当てられます。世界的に割り当てるアドレスが管理されているため、IPアドレスが重複することはありません。

先ほどコンピュータの住所であるドメイン名は「組織名+組織種別+国・地域コード」の順で構成されていると記載しましたが、これはネットワーク上の情報を人間に分かりやすく表示したものです。

コンピュータが分かりやすいIPアドレスは、人間には識別するのが困難なため、DNSによって分かりやすいドメインに変換されています。

以上のように、普段の日常生活の中でよく見掛けているURLですが、実は色々な要素と意味が含まれているのです。

■コラム一覧


初めてWeb運用担当になった時に知っておきたい超基礎知識 Webサイト・ページの仕組み

メールでのお問い合わせ

■コラム執筆者

原直樹
流通、バックオフィス業務委託で経験を積み、新規業務委託の運用構築、業務品質管理・改善等を 経て2013年2月よりメンバーズへ入社。品質管理の経験を活かし大手金融機関にて運用に携わる。

カテゴリ: Webサイト運用運営
2016年04月20日

RSS