1. ホーム
  2. コラム
  3. 初めてWeb運用担当になった時に知っておきたい超基礎知識 Webサイト・ページの仕組み

初めてWeb運用担当になった時に知っておきたい超基礎知識 Webサイト・ページの仕組み

春は異動の季節。この時期に初めてWeb運用の担当者になる方も多くいるのではないでしょうか。担当になる前にあらかじめ知っておくと役に立つWebサイトとページの仕組みの超基礎知識をまとめてみました。


Webサイト・ページの仕組み

普段はPCやスマホで何気なく見ているWebページは、実は様々なプログラミング言語から構成されています。プログラミング言語が組み合わさることで、普段私たちが見ているWebサイト・ページは作られているのです。

Webページは主に「HTML」「CSS」「スクリプト言語」の3つで構成されています。

テキスト

「HTML」がWebページの「構造」を、「CSS」が「デザイン」を、「スクリプト言語」がページの「動き」を作っています。それでは、各要素を見ていきましょう。


HTML

HTMLとは「Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)」の略称で、Webページを作るために使用される最も基本的な文書構造の言語です。一般的にはマークアップ言語と言われています。普段、私たちがブラウザで見ているWebページのほとんどがHTMLで作られています。

Internet Explorer、Firefox、ChromeなどでWebページを見た際に画面上で右クリックをして「ソースの表示」を押してみると、文字などが羅列したものが出てきます。これがソースコードです。
※ブラウザによってソース表示させる機能の名称が異なる場合があります

テキスト

上記のHTMLソースコード内に記載することで、どこが見出しなのか、どこが本文なのか、どこがリスト部分なのかといった文書構造を設定します。


CSS

CSSとは「Cascarding Style Sheets」の略称でHTMLと組み合わせてWebページを作成するために使う言語です。HTMLが文書構造を設定するものに対して、CSSは文字の色や大きさ、ページレイアウトなどのデザインを制御するために使用されます。


スクリプト言語

スクリプト言語とはWebページやアプリケーション内で動きを指示するためのプログラミング言語です。様々な種類のスクリプト言語が使用されていますが、ここでは代表的な「JavaScript」について紹介します。

JavaScript

HTML内にプログラムを埋め込むことでWebページに様々な機能を付けることができます。そのため、ユーザのマウスの動きにあわせてデザインが変化する複雑なページなどを作ることができます。


まとめ

Webページと聞くと難解なコードや記述などで作られていて難しいものと最初は思えるかもしれませんが、ページを構成している要素を知ると理解しやすくなります。理解度が高まると同僚や制作会社との会話もスムーズに進めるようになりますので、どんどん身につけていきましょう。

メールでのお問い合わせ

■コラム執筆者

原直樹

流通、バックオフィス業務委託で経験を積み、新規業務委託の運用構築、業務品質管理・改善等を 経て2013年2月よりメンバーズへ入社。品質管理の経験を活かし大手金融機関にて運用に携わる。

カテゴリ: Webサイト運用運営
2016年03月15日

RSS