1. ホーム
  2. コラム
  3. アジア各国の最新Facebook利用者数【2016年2月版】 ~実は日本はFacebook後進国だった!?~

アジア各国の最新Facebook利用者数【2016年2月版】 ~実は日本はFacebook後進国だった!?~

メンバーズでは訪日外国人(インバウンド)向けのデジタルマーケティング施策を支援していますが、最近よくお問い合わせをいただくのが海外向けのSNS活用です。

その中でも世界No.1の利用者を持つFacebookについてご興味をお持ちの方が増えています。

 

そこで、訪日外国人が多いアジア各国におけるFacebookの利用者数についてまとめてみました。

ぜひ、施策を考える上での参考にしてみてください!


 Facebookの世界の地域別利用者数

まずはFacebookから発表されている地域別の月間アクティブユーザー数を見てみましょう。

全世界で16億人近くいるFacebookユーザーのうち、5.4億人はアジアの人々が占めています。

エリア別で見ると、ヨーロッパ地域や北米地域よりも多くの人がFacebookを使っていることがわかります。

 

では、アジア各国のFacebook利用者はどうなっているのでしょうか。

アジアの各国別のFacebook利用者数は?

訪日外国人が多いアジアの主要国のFacebook利用者数を抽出してみました。

※調査対象国・・・日本、韓国、台湾、香港、タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナム、カンボジア

最もFacebook利用者数が多いのはインドネシアで、7900万人です。

そのあと、フィリピン、タイ、ベトナムと続き、日本は5番目に出てきます。

 

インドネシアは人口が2.5億人で、今回の国の中では圧倒的に多いので納得ですね。

では、インターネット人口に対する利用率で見てみるとどうなるのでしょうか。


アジア各国のインターネット人口に対するFacebook利用率は?

こちらがインターネット人口に対するFacebook利用率です。

なんと、日本はダントツの最下位!

上位のフィリピン、インドネシア、タイではFacebook利用率が100%にまで達しています。

100%を超えてしまっているのはネット利用者とFacebook利用者の統計データの時期や出所が違っていることが原因だと思いますが、それでも、「インターネットを使える人のほとんどがFacebookをやっている」と言っていいと思います。

 

でも、そもそも日本はインターネット利用率が高いから、対ネット人口で見るとFacebook利用率が低いのでは?

それでは、各国の人口に対するFacebook利用者の割合を見てみましょう


アジア各国のFacebook利用率(対人口)は?

こちらがグラフです。

今度は、ネット普及率が高い台湾、シンガポール、香港あたりが上位にきましたが、またしても日本は最下位!

利用率で見ると、日本のFacebook普及は遅れているということになります・・・

 

このような数値が出てくる一番の要因は、年齢別人口比率によるものだと思われます。

特にアジア各国と比較した場合、日本は「高齢化社会先進国」なので、20代~30代の利用が中心であるFacebookの利用率は、対人口でみるとかなり低くなってしまいます。

アジア各国へのWEBマーケティングでは、Facebookが重要に!

逆に言うと、若年層の比率が高いアジア各国の人々に向けてアプローチする場合、Facebookをどのように活用するのかがとても重要になってきます。

これだけ高い利用率なので、使い方次第では、マスメディアの代替手段としてFacebookを使うこともできます。

(中国だけはWeChat、Weiboが普及するなど、状況が異なりますが。。)

メンバーズでは、国内向けはもちろんですが、海外向け、特にインバウンド対策のためのFacebookの活用を支援しています。ご興味がある方は、ぜひ、お問い合わせください!

 

※本記事中のデータの出典
人口:IMF – World Economic Outlook Databases (2015年10月版)
ネット利用者:internetworldstats.com(2015年11月)
FB利用者:FBの広告管理画面より(2016年2月)

 

RSS