1. ホーム
  2. コラム
  3. 2016年海外検索エンジンシェア新常識!|中国・香港・台湾・韓国・日本・ASEAN主要国(2016年1月版)ランキング:google yahoo baidu他(Webサイト運用担当者向け)

2016年海外検索エンジンシェア新常識!|中国・香港・台湾・韓国・日本・ASEAN主要国(2016年1月版)ランキング:google yahoo baidu他(Webサイト運用担当者向け)

今回は2016年1月における日本・中国・台湾・香港・韓国およびASEAN諸国の検索エンジンシェア状況をまとめました。
皆さまの今後のインバウンド施策およびアウトバウンド施策など、検索エンジンを利用したプロモーション施策にお役立てください。

■最新記事もご覧ください。
海外の最新Facebookユーザー数【2017年7月版】~世界で20億人突破!アジア・アメリカ・ヨーロッパの利用者数は?~

■セミナーのご案内
海外から見た日本企業の”間違いあるある”とグローバルWebのポイント(2017年7月25日(火)開催セミナー~リクルートなど企業サイトの事例から~)

調査要項

【趣旨】
中国、台湾、香港、韓国、ASEAN主要国(タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナム)の主要検索エンジンシェア(PC、モバイル)を調査。

【調査対象期間】
2016年1月1日から31日までの1か月間。

【調査日】
2016年2月1日

【調査データ】
検索エンジンシェア:StatCounter

各国別検索エンジンシェア(中国・香港・台湾・韓国・日本・ASEAN主要国)

Search_engine Share

中国:百度(baidu):74.4%, 好捜(Haosou):9.1%

韓国:Google:49.1% , NAVER:45.2%

台湾:Google:83.4% , Yahoo! 奇摩:15.2%

香港:Google:79.5% , Yahoo! 雅虎香港:17.3%

タイ:Google:98.7% , Yahoo!:0.7%

フィリピン:Google:94.3% , Yahoo!:3.7%

マレーシア:Google:95.0% , Yahoo!:2.8%

シンガポール:Google:94.7% , Yahoo!:3.4%

インドネシア:Google:97.7% , Yahoo!:1.3%

ベトナム:Google:90.8% , coc coc:3.8%

日本:Google:62.9% , Yahoo!:33.5%

(なお、検索エンジンシェアは、上位2位まで表示。小数点第2位以下は四捨五入。)

上記のデータから、Googleが検索エンジンシェア80%以上を占めている国は全11地域中7地域、90%以上が6地域に及ぶことが分かります。また、中国を除く東アジア、東南アジア圏においてはGoogleが、中国では百度が主要検索エンジンシェアとなっています。

また香港・台湾の場合、百度ではなく、Googleが主要検索エンジンのため、注意が必要です。その他、検索エンジンシェア2位がYahoo!の地域は計8地域に及びますが、現時点では中国に対しては百度に、中国以外の国に対してはGoogleにフォーカスをしぼった戦略をとるのが効率的だと考えられます。

早わかり!各国別検索エンジンシェアマップ

今回調査によって分かった主要検索エンジンに対して、検索エンジンごとに地図に色分けし、視覚化しました。中国を取り囲むようにしてGoogleがアジアの検索エンジンの市場を席巻しています。

StatCounter-search_engine-as-monthly-201601-201601-map

今年2016年、検索エンジンはGoogle、百度(baidu)活用を!またSNSを併用した施策も欠かさずに!

先述したように、今後当面の間は検索エンジンでは、中国に対しては百度(baidu)、他アジア圏に対してはGoogleを意識したWebマーケティング戦略をとることが大切です。
また、この他にもFacebookや中国人ユーザー向けのWeChat、Weiboを代表とするSNSを活用した戦略を立てていくことが重要です。

メンバーズでは、以下のようなサービスにも取り組んでおりますので、インバウンドに関する興味関心や課題がございましたらお気軽にご連絡ください。

※2017年の検索エンジンシェアはこちら!


■航空関連のSNSの事例に関して詳しく知りたい方はこちら

■訪日外国人のSNS利用動向など初歩からインバウンドを学びたい方はこちら

メールでのお問い合わせ


西村佳祐

■コラム執筆者
西村佳祐(にしむらけいすけ)

経営企画室、インバウンドラボに所属。中国には1か月、東南アジアには1か月バックパッカ―をし、全身アジアに染まったのち、メンバーズに入社。現在は経営企画とインバウンド研究の両輪で奮闘中。(写真は西安 兵馬俑にて)

RSS