1. ホーム
  2. コラム
  3. 【2015年8月度】最新訪日外国人数&インバウンドトピックス

【2015年8月度】最新訪日外国人数&インバウンドトピックス

2015年8月の最新月別訪日外国人数とインバウンド消費トピックス、日本企業のマーケティング施策事例を紹介します。

2015年8月の訪日外国人数は前年同月比63.8%増

日本政府観光局(JNTO)によると、2015年8月訪日外国人数(推計値)は、前年同月比63.8%増の181万7,000人となり、これまで8月として過去最高だった2014年(111万人)を70万8千人上回りました。

2015年8月訪日外国人数(推計値)

国別訪日外国人数ランキング(2015年8月)

中国が、前年同月比133.1%増の59万人と、2ヶ月連続で50万人台を記録し、全市場を通じての単月過去最高も更新。韓国、イタリア、スペインも単月として過去最高を記録しました。

中国・韓国は、夏休みの家族旅行需要のほか、航空路線の新規就航が大幅増に繋がりました。さらに、中国は50隻を超えるクルーズ船の寄港などが集客に貢献しているようです。

イタリア・スペインは、円安基調が追い風となり訪日旅行の割高感を払拭。ピークを迎えたバカンス需要の取り込みに成功しました。加えて、日本政府観光局(JNTO)は、見本市や国際博覧会などのイベントへの出展やFacebookでのプロモーションを多岐にわたり展開したことが旅行先としての日本の認知度向上に寄与したとしています。

2015年8月訪日外客数(JNTO推計値)

小売(百貨店・ドラッグストア)のインバウンド需要が好調

三越伊勢丹ホールディングスは9月1日、8月の三越銀座店の売上高は17.6%増だったと発表。現在10月14日のグランドオープンに向けて売り場面積が現象しているにも関わらず、インバウンドで押し上げ効果があったといいます。三越銀座店店長は、「8月は想定以上の売上で、インバウンドの売上高が250%増となった。日本人の売上高は10%減に留まったことで前年をクリアした。インバウンド需要では、化粧品、時計、宝飾、ハンドバッグの4つのカテゴリーが好調で、インバウンド売上の構成比で60%前後がこのカテゴリーとなっている」と語っています。

ドラッグストアも活況。中国人に人気の高い北海道では、道内基盤のドラッグストア2社が伸びています。ツルハホールディングスは対前年同月比11.5%増、サッポロドラッグストアーは24.1%増と大幅に売上を伸ばしました。

日本企業のインバウンドマーケティング事例:三菱地所株式会社

三菱地所株式会社は、7月31日に中国最大級のメッセンジャーアプリ「微信(ウィーチャット)」シェイク機能を活用した中国語での丸の内情報提供を開始しました。丸の内エリア内6か所に設置されたビーコンの付近でシェイクを行うと、丸の内の中国語情報(エリアマップ、写真スポット、休憩所、クーポン)が取得できる仕組み。同機能を活用したサービスの提供は日本初の取り組みです。

日本政府観光局(JNTO)ツーリスト・インフォメーション・センター(TIC)のアンケート調査によると、丸の内を訪れた外国人旅行者の約90%が丸の内仲通りなど街並みの美観を楽しみ、約60%が街歩きを楽しんだと回答したといいます。こうした背景を受け、三菱地所株式会社は無料Wi−Fiの整備や海外のシティガイドとのタイアップによるエリアガイドマップ発行、Instagram等のSNS活用による丸の内の魅力発信を行ってきました。これに加え、エリア内の回遊性やさらなる利便性の向上を狙い、新たな施策としてウィーチャットのシェイク機能を活用した情報取得サービス「サイバーシェイクサービス」の活用が検討されたといいます。

「サイバーシェイクサービス」は、中国企業サイバーマートグループにより提供されているiBeaconと「微信(ウィーチャット)」シェイク機能を活用したサービス。ウィーチャットのシェイク機能は中国国内で広く利用されており、プッシュ通知のように一方的なコミュニケーションではなく、ユーザーが「シェイク」行動をした回数に応じてさまざまな情報が発信されるのが特徴。実際にサービスを利用したユーザーは、「スマートフォンをシェイクすることでクーポンを入手できるチャンスが得られるのは素晴らしい。」と話しており、ユーザーに新たな体験を提供できるのが魅力のようです。

■情報取得フローおよび画面イメージ
エリア内に設置されたビーコン付近(ユーザーへはサイン掲出により知らせる)にて

  1. スマートフォンのBluetoothをオンにする
  2. ウィーチャットを起動する
  3. シェイク機能を使う
  4. 「周辺」で「丸之内(丸の内)」を選択すると、インターネット経由で下記の情報を取得

画面(イメージ)

【記事参照元】

【サービス】

カテゴリ: インバウンドマーケティング
2015年09月17日

RSS