\a
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 【Facebook活用】Yahoo!JapanとGoogleを協業に向かわせたFacebookの脅威

【Facebook活用】Yahoo!JapanとGoogleを協業に向かわせたFacebookの脅威

TechWave 湯川鶴章氏(@tsuruaki

日本のヤフー株式会社が7月27日に、検索エンジンを自社開発のものからGoogleの検索エンジンに切り替えたと発表した。これまで究極のライバル関係にあると思われていた両社なのに、なぜYahoo!JapanはGoogleの検索エンジンを使用することに決めたのか。

一般マスコミやネットメディア、ブログを含め大騒ぎになっているが、ほとんどの解説記事は、今回のYahoo!Japanの決定を理解できないでいるようだ。だが、ウェブの大きな潮流を読めば今回の出来事は非常に簡単な話。だれにでも納得できるシンプルな話なのである。

あるブロガーは「ヤフーは検索サービスにこだわっているが検索エンジンにはこだわっていない。どこの技術であろうと最高のサービスを顧客に提供しようと考えているだけ」と、もっともらしい解説をしていた。しかしそんなことは当たり前の話。他社開発の検索エンジンを採用するほうが、自社開発よりもコストパフォーマンスがよければ採用するというのは、Yahoo!Japanの一貫した姿勢である。だからYahoo!Japanはいろいろとそのときどきで最もコストパフォーマンスのいい、優れた検索エンジンを採用してきた。Googleの検索エンジンを採用していた時期もある。

ところがある時期に自社開発の検索エンジンに切り替えた。自社で開発するほうがコストがかかろうとも、自社開発を選んだ。

なぜか。

それは検索が最初考えていたよりも重要な技術であることに気づいたからだ。検索連動型広告というマネタイズの手法が確立したからだ。検索エンジンこそが、Yahoo!Japanのコアコンピタンスであるべきだと考えるに至ったからだ。だからコストを度外視しても自社技術の確立を目指したのだ。

それはYahoo!Japanだけではなく、多くのネット業界関係者の共有認識となった。今でも、検索こそが最重要技術だと考えている業界関係者は多い。

ところがコスト度外視しても検索技術を自社で持つ戦略から、コストパフォーマンスを考える戦略に再び戻った。

となれば、その理由は1つしかありえない。Yahoo!Japan幹部は検索エンジンを最重要技術と認識しなくなったということだ。それ以外にありえない。ほかに何があるというのだろう。

これを理解できないという人は「検索こそが最重要技術である」という、ここ数年の固定観念を払拭できないのだろう。

Yahoo!Japan幹部はこの固定観念に縛られなかった。時代の変化をとらえて、柔軟に行動したわけだ。

では彼らは検索の次にどのような技術がウェブの中核技術になると考えているのだろうか。Googleではなく、だれが次のライバルになると考えているのだろうか。

これも簡単である。検索の次の中核技術はソーシャル技術であり、業界の次の覇者の座に一番近いのはFacebookである。

「冗談でしょ。Facebookって日本で全然普及していないのに」と反論する人がいるが、日本に普及し始めた時点で動けば既に手遅れ。今でさえぎりぎり最終局面かもしれない。

Facebookが米国のウェブサービスを大きく変え始め、しかも日本進出に本腰を入れようとしているという2つの事実だけで十分である。この2つの事実をもってしても動こうとしないような人は、ビジネスに向いていない。

Facebookはどのようにウェブサービスを進化させているのか。米国ではAmazon.comとFacebookが協業した。Facebookにログインした状態でAmazonにアクセスすれば、1つ1つの商品の下にその商品の「いいね!」ボタンを押した友人の顔写真が表示されるようになっている。新しい形のソーシャルレコメンデーション、ソーシャルショッピングが確立されているわけだ。
※詳しくは、「ソーシャルレコメンデーションでFacebookがAmazonと協業【ループス斉藤】」http://techwave.jp/archives/51484020.htmlを参照

数年前にEpic2014というショートムービーがネット上で話題になったことがある。2014年にはGoogleがネットを支配するという全体主義的な未来を予測したショートムービーなのだが、その予測の1つにGoogleとAmazonが合併してGooglezonというウェブサービスを形成するという話がある。Googleが持つユーザー一人一人の嗜好データを基に、Amazonで商品をレコメンデーションするようになるという予測だ。この予測通りのサービスをFacebookとAmazonが実現したのだ。GooglezonではなくFacebookzon的なサービスが実現したわけだ。

Facebookがこのほど始めたQ&Aサービスは、いわば「教えてgoo」や「ヤフー知恵袋」のようなもの。違いは、特定の領域にに詳しそうなユーザーの画面に、その領域に関する質問が表示され、詳しい人からの答えを引き出すような仕組みになっている。ユーザーの属性情報を考慮することで、サービスの精度がさらに進化するわけだ。

まだFacebookが提供するウェブ解析ツールは、Googleのウェブ解析ツールであるGoogle Analyticsと同様に無料で使えるのだが、Google Analyticsと異なりアクセス数などの通常のデータに加えて、性別、年齢、居住地域、趣味趣向などの属性情報データまでを解析できるようになっている。

つまり、米国ではこれまでのウェブサービスがFacebookのソーシャルな属性データを加えることで、一足飛びの進化を達成し始めているわけだ。

そしてこの「ソーシャル化」の動きは、そう遠くない将来に日本のウェブにもやってくる。必ずやってくる。Yahoo!Japanにとって、「検索」という1つ前のパラダイムの中でGoogleと競い合っている場合ではないのだ。

カテゴリ: Facebook
2010年07月30日

RSS