1. ホーム
  2. コラム
  3. 「LINE運用」企業担当者なら知っておきたい、LINEユーザーのホンネを聴いてみた 第3回:企業からのどんな情報が魅力的?

「LINE運用」企業担当者なら知っておきたい、LINEユーザーのホンネを聴いてみた 第3回:企業からのどんな情報が魅力的?

LINEユーザーのホンネを聴いてみた

LINEでは自社の公式アカウントと友だちになったユーザーに対し、様々な情報を届けることができます。一方でユーザーはどのような情報を企業の公式アカウントから受け取りたいと思っているのでしょうか? 第2回ではLINEは自社を好きでいてくれる人たちとつながり関係を深めていくメディアであり、友だちとの関係構築が重要だということを再確認しました。そこで今回とりあげるLINEユーザーのホンネは「企業が行うホーム投稿、どんな情報が魅力的?」。このホンネをみていきましょう。

  • 調査実施機関:株式会社ウィルゲート
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年1月27日~2月10日
  • 有効回答数:100サンプル

【質問】

LINEで友達になっている企業の公式アカウントからのホーム投稿、どんな内容だといいねやコメントしますか?

【結果】

アンケート結果

4割強のユーザーがお得な情報にいいね、コメント

質問の結果、4割強のユーザーが「お得な情報に対していいねやコメントをする」と回答しています。その主な理由は、

  • 企業アカウントをフォローするのはお得情報を取るためでもあるから、それで美味しい情報がきたら「いいね」します。
  • オトクな情報が投稿されていると、その企業のサービスを利用したくなるので「いいね」します。
  • どうしても気になっちゃうのはキャンペーンとかそういう情報ですね。あと新商品に好きそうなものがあればコメントします。

「お得な情報が投稿されているといいねする」や「キャンペーンや新商品の情報があればコメントする」といった声が目立ち、やはりお得な情報を手に入れるために友だちになっているユーザーが多いことが分かります。

「おもしろい投稿」、「驚いた投稿」もユーザーにとって魅力的

一方で、「おもしろい投稿」、「驚いた投稿」ともに約2割のユーザーが「いいね」やコメントをすると回答しており、これらもユーザーにとって魅力的な投稿だと言えるでしょう。このような投稿にいいねやコメントをする理由としては

(主な回答例)

  • 笑ったら「いいね」を押すというSNSの使い方をしているから、企業でも同じことをしている。
  • オトクな情報だけだとただのチラシと変わりませんが、面白い投稿で楽しませてくれると、親しみを感じて関わってみたくなるので。

「笑ったら「いいね」を押す」など共感を促すような投稿にも「いいね」やコメントをするユーザーは多くいるという結果となりました。

「友だち」との関係を深めるために

今回のアンケート結果から、LINEユーザーは割引などのお得な情報だけではなく、喜びや驚きといった共感につながる投稿も求めていることが分かりました。いいかえれば、お得な情報だけを求めているユーザーから、一歩進んだロイヤリティの高いユーザーこそ共感を求めていると考えられます。そんなロイヤリティの高い本当の意味での「友だち」との関係構築を実現するために、共感につながる良質なコンテンツ発信を意識していきましょう。

LINEユーザーのホンネを理解したLINE公式アカウント運用のお問い合わせは下記よりお願いします。

—————————————————————
◆LINE公式アカウント運用サービス
https://www.members.co.jp/services/smm/line_management_service.html

======

監修:エンゲージメント・ラボ(株式会社メンバーズ)

エンゲージメント・ラボとは、株式会社メンバーズのFacebookマーケティング推進における実績・ノウハウの蓄積とエンゲージメント向上に特化した事例を集約・研究し、顧客企業へのより一層の効果的な企業と生活者のエンゲージメント構築のノウハウや情報発信、新たなサービス開発を推進する研究機関。

カテゴリ: LINE, ソーシャルメディアマーケティング
2015年03月26日

RSS