1. ホーム
  2. コラム
  3. 【Facebook活用】欧米で流行、ポップアップファンストアでファンのロイヤリティーを高め、新商品の販売を促進する

【Facebook活用】欧米で流行、ポップアップファンストアでファンのロイヤリティーを高め、新商品の販売を促進する

欧米で流行、ポップアップファンストアでファンのロイヤリティーを高め、新商品の販売を促進する

Anatomy of Bussの著者は、ファンの支援活動を活性化するためには、新商品を発表する際に一番初めにファンの元へ届ける必要があると結論づけています。これを実践する為に、海外では、ソーシャルマーケティングに欧米で流行しているポップアップストア戦略を取り入れて成功を収めている事例が見受けられます。ポップアップストアとは、非常に短期間だけオープンする簡易な作りのショップのことで、ソーシャルメディアを活用してファンのためだけに開かれるこういった店舗は、ポップアップファンストアと呼ばれています。今回は、主にAdidasの事例をとりあげながらご紹介します。

新商品を発表するにあたって、Adidasは数日間から長くて1カ月程度ポップアップファンストアを展開する戦略を採っています。ポップアップファンスト アを開く場所については一般公開せず、ファンとインフルエンサーと呼ばれる影響力の強いソーシャルネットワークユーザーに告知されます。直近だと、以下のような展開がありました。

① RansomコレクションとBlueコレクションを一番初めにファンに手に取ってもらうことを目的として、ドイツ、オーストリア、スイスのある地域6か所にストアを展開。
② 2012年度オリンピックグッズの販売に向けてロンドンのWestfiledという大手ショッピングモールに4週間ポップアップファンストアを出店。
③ スケート用具を発表するにあたって、バスやトラックを使ってポップアップファンストアを展開しました。

 

ポップアップファンストアを展開する戦略の特徴は以下4つです。
・主流の一般客ではなく、ファンとインフルエンサーをターゲットとしたものである
・新商品の展開やイベントのサポート・促進を目的とした一時的な店舗である
・置いてある商品は限られた品目である。
・店舗の設置や撤退は簡単で素早くでき、しかもコストがあまりかからない。

以下にAdidas以外のポップアップファンストアのご紹介を致します。

記事の詳細はこちらをご覧ください
http://socialcommercetoday.com/adidas-pop-up-retail-strategy-what-social-commerce-can-learn/

カテゴリ: Facebookマーケティング, 未分類
2011年09月27日

RSS